2019年

4月

22日

三ノ輪

今日は羽織るものも使わないくらいの暑い陽気。
気持ちの良い一日でした。

浅草から三ノ輪まで
下町人間の会の事務所にご挨拶に行きました。

それから
三ノ輪の浄閑寺の裏の路地のお煎餅やさんで、
お客様のお見舞いにお煎餅を買いました。
おまけで欠けた塩煎餅を一つ付けてくれました。
手焼きの美味しいお煎餅やさんでした。

三ノ輪は昨日の会の帰りに車で師匠と通りかかりましたが、
師匠浦太郎の師匠、楽浦師匠の家が昔あり、
師匠も12、3歳の時から楽浦師匠の家に住み込みで弟子生活を送っていたそうです。

昨日は行きに楽浦師匠の生まれた日本橋小伝馬町も通りかかりました。
ご実家が食堂をやっていたと何かで読んだことがあります。
師匠に楽浦師匠のご実家はどの辺りにあったかご存知ですかと聞きましたが、
「うん、聞いてない」とのお応え。
何かにつけて、書いておいた方が後々良いと思い、このエピソードも書きました( ^ω^ )

話が日本橋に飛びましたが
三ノ輪の金太郎飴のお店も昔からあったそうです。
ちなみにこの前待乳山聖天の浪曲法要の時にお寺から頂いた
「令和」の文字が書かれた飴は
金太郎飴で作っているようです。

浄閑寺は通称投げ込み寺。
吉原の遊女で不幸な亡くなり方をした方々が葬られています。
「小夜衣草紙」という吉原の遊女のお化けの怪談浪曲をさせて頂いているので
浄閑寺門前の小夜衣地蔵様に手を合わせて来ました。

人間の想いや生きて来た証はずっと続いて繋がって行くものだと感じました。
0 コメント

2019年

4月

21日

浦太郎一門姉弟会御礼

4月21日日曜日 お江戸日本橋亭での
東家浦太郎一門 姉弟浪曲会
出演させて頂きました。

ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました‼️

恭太郎、孝太郎、一太郎、瑞姫
師匠浦太郎
の出演でございました。

想像以上に沢山のお客様にいらして頂きまして、
出演者一同びっくり、喜んでおりました。

浦太郎一門は見逃せないと仰って下さるお客様方のお言葉に大変有難く思っております。
師匠の芸に、人柄に惚れている弟子ばかりです。
皆んな好い人です^_^

一太郎は美の三味線で
「小田原情相撲」を務めさせて頂きました。
「銚子五郎蔵」をと、稽古していたのですが、弟弟子二人とも侠客物でしたので相撲ネタに致しました。
5/17(金)19時からの築地ふげん社の会で「銚子五郎蔵」を準備万端で務めます。

師匠浦太郎には雲月師匠の代演で出て頂きました。
「銭形平次 女難」
師匠の浪曲はやはり楽しいです。人物の描き方が違います。
サービス精神旺盛で、アドリブあり、自由で
そして何と言っても声と節が良い❗️
何を節にしても、浪曲になり、酔わせてしまう。
嫌味のない、綺麗で華がある舞台は
全て師匠のお人柄から出て来ています。
師匠の全てを学んで、少しでも近づけるように
美と夫婦二人三脚で新しい形を土台の上に作って行けるように研究して参ります。

8月10日土曜日午後には
同じくお江戸日本橋亭で
姉弟会。
今度は瑞姫姉さんと一太郎の二人。
瑞姫姉さんは河内音頭もご披露されます。
チラシが出来次第、ホームページにアップ致します。

浦太郎一門会は毎年全員揃って続けて行きたいと話し合っております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

0 コメント

2019年

4月

20日

明日21日12:30〜 浦太郎一門 姉弟会です

明日4月21日日曜日

12時30分開演

東家浦太郎一門 姉弟浪曲会がございます。


特別ゲストとして天中軒雲月師匠の出演予定でございましたが

急病のため、代演として

東家浦太郎の出演となります。

ご了承下さいませ。


出演は

東家恭太郎、東家孝太郎、東家一太郎、瑞姫(出演順)

ゲスト 東家浦太郎


曲師 紅坂為右衛門、東家美、水乃金魚、沢村豊子


でございます。


お席まだございます。

ご予約承っております(o^^o)


浦太郎一門

師匠浦太郎の教えを継承する弟子が揃いまして

はじめての姉弟会となりました。

(福井在住の浪花亭友歌姉さんは今回はお休みです)

今まで無かった会ですので

不思議な感覚です。

雲月師匠代演の為

師匠浦太郎が出て下さいます。


師匠の元で育った(育ち中の(^.^))ファミリーの会です。

ご来場頂けましたら幸いでございます。


【開演】12時半(12時 開場)

【会場】お江戸日本橋亭/東京都中央区日本橋本町3-1-6 日本橋永谷ビル1F

【入場料】前売・予約:2,500円(当日 3,000円)


ご予約・お問合せは

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

  までお気軽にどうぞ!!一太郎が丁寧に対応させていただきます。

Facebook、Twitterなどでもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

0 コメント

2019年

4月

19日

4/19 雷門会 御礼

4月19日金曜日 19時〜

東家一太郎雷門会 シーズン7 

平成30年度文化庁芸術祭新人賞受賞記念!一太郎&美のお礼行脚興行🎶

務めさせて頂きました。


ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました‼️

雷門会のお客様に

芸術祭新人賞お祝い頂きまして

最高の夜でございました。


スペシャルゲスト 猪馬ぽん太さんの漫談で

盛り上げて頂き、浪曲にも三味線にも更に熱が入りました。


茶話会も大変盛り上がり、

お客様皆様と一体になって

お話させて頂きました。

「浪曲の明日」に向かって

これから私自身、美と共にどうすればよいのか

指針を教えて頂いた気が致します。


雷門会は一太郎の原点の会です。

これからもずっと続けさせて頂き、

お客様とのご縁から学ばせて頂きながら

浪曲に夢中になって精進致します。


第3金曜日に公演して来ました雷門会でございますが

次回6月28日から第4金曜日夜7時開演 に変更させて頂きます。

次回以降の日程は

 8月23日(金)

 10月25日(金)

 12月27日(金)

です。

お間違えございませんよう、宜しくお願い申し上げます。      


4月19日雷門会の番組は

一、一休の婿入り 一太郎 曲師 馬越ノリ子、東家美 二丁三味線

一、漫談 猪馬ぽん太

〜仲入り〜

一、恩讐藤戸渡り 一太郎 曲師 東家美


次回6月28日金曜日19時〜の

雷門会また宜しくお願い申し上げます‼️



◆東家一太郎雷門会 シーズン7 ※第38回目◆ 

〔日程〕令和元年6月28日(金)

〔開場/開演〕18:30/19:00 (終演予定20:30)

 終演後に茶話会もございます。

 

〔場所/住所〕

 日本浪曲協会広間/台東区雷門1-10-4

 東京メトロ銀座線田原町駅より徒歩5分。

 田原小学校前の細い路地、駐車場の隣りです。

 玄関に赤いのぼりを出しています。

 

〔木戸銭〕1000円 (お茶菓子付き)

 

〔ご予約・お問合せ〕

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

  (a1の1は数字の1です)

までお気軽にどうぞ!!一太郎が丁寧に対応させていただきます。


花の浅草、雷門会!お客様の温かい御心に支えて続けさせて頂いております一太郎の心の故郷、初心を忘れぬ大切な会です。

お客様に楽しんで頂けます様、浪曲二席心を込めて懸命に務めます!  三味線は馬越ノリ子、東家美 二人の曲師。

 終演後はホッと和やかな雰囲気の茶話会もございます。

 いつもいらして下さるお客様も、はじめてのお客様も、

どうぞお気軽に、ご来場を、心よりお待ち申し上げております!


0 コメント

2019年

4月

18日

明日4/19金 19時〜東家一太郎雷門会がございます

明日4月19日(金)

〔開場/開演〕18:30/19:00 

東家一太郎雷門会 シーズン7 

平成30年度文化庁芸術祭新人賞受賞記念!一太郎&美のお礼行脚興行🎶

がございます。


お礼興行の行脚

七年目を迎える雷門会で務めさせて頂きます。

芸術祭新人賞のトロフィーと賞状を飾らせて頂きます。

雷門会のお客様に是非ご覧になって頂けましたら幸いでございます。


いつもおいで下さるお客様も

はじめてのお客様も

何卒ご来場宜しくお願い申し上げます。


東家一太郎 浪曲2席

曲師 馬越ノリ子、東家美


スペシャルゲスト 猪馬ぽん太


一席は馬越ノリ子さんと美の二丁三味線で務めます。


スペシャルゲストに受賞公演「浪曲の明日」で司会をして頂きました

 一太郎と同い年、浅草午歳五人男でも、木馬亭でもいつもお世話になっている

 猪馬ぽん太さんをお迎えして、ぽん太さんの漫談をたっぷり!お楽しみ頂きます。

   

   終演後は楽しい茶話会がございます。是非お楽しみ下さいませ!!


◆東家一太郎雷門会 シーズン7 ※第37回目

 平成30年度文化庁芸術祭新人賞受賞記念!一太郎&美のお礼行脚興行🎶◆ 

 

〔日程〕平成31年4月19日(金)

〔開場/開演〕18:30/19:00 (終演予定20:30)

 終演後に茶話会もございます。

 

〔場所/住所〕

 日本浪曲協会広間/台東区雷門1-10-4

 東京メトロ銀座線田原町駅より徒歩5分。

 田原小学校前の細い路地、駐車場の隣りです。

 玄関に赤いのぼりを出しています。

 

〔木戸銭〕1,000円(お茶菓子付き)

 

〔ご予約・お問合せ〕

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

  までお気軽にどうぞ!!一太郎が丁寧に対応させていただきます。


0 コメント

2019年

4月

14日

太閤記第1回御礼

4月14日日曜日
◆赤坂で浪曲  東家一太郎の太閤記 連続読み 第1回◆
を務めさせて頂きました。

お忙しい中ご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。
心より御礼申し上げます。

番組は


一、一太郎の赤坂案内

一、赤坂で浪曲 席亭西岡さんとトーク、写真撮影

一、太閤記 ① 日吉の生い立ち

  〜仲入り〜

一、太閤記 ② 日吉と小六


浪曲 東家一太郎   曲師 東家美

でございました。


太閤秀吉の少年時代、日吉丸と云われたまだ侍にならない内の二席でした。

父親弥右衛門は元 織田家の足軽。日吉が八つの時に亡くなります。

母おなかの愛情深く育ちますが、後添いの父親竹阿弥とそりが合わず、光明寺の和尚の元へ預けられます。

生来利口な日吉は寺を飛び出し、転々とします。

矢作橋で野武士の頭領 蜂須賀小六と出会います。

小六の家来となりますが、その働きぶりは周りを驚かせます。

やがて新たな主人を求め、浜松で今川義元の軍師松下嘉兵衛之綱と出会います。

いよいよ日吉丸は実父と同じ侍の道に進むことになる。

ここからがさらにワクワクする面白いところです。


次回は

6月9日(日)〔開場/開演〕13:30/14:00

木下藤吉郎となった日吉丸の初陣。

矢作橋で出会った占い師に、後の出世を予言されるという場面。

師匠浦太郎の若き日の十八番に挑戦致します。

 

今回の太閤記連続読みで

一太郎、自分の浪曲の弱点欠点を克服し、

浪曲師として殻を破っていく決意です。


美の三味線とのコンビネーションを大事に

お客様に楽しんで頂ける浪曲を目指します。


新作浪曲は

赤坂にゆかりの歴史上の人物の意外伝。

面白い楽しい浪曲を現代風に書き下ろしネタ下ろしします。


次回第2回、見逃せない内容に致します。

ご来場心よりお待ち申し上げております‼️

ご予約も承っております。

何卒宜しくお願い申し上げます。


◆赤坂で浪曲  東家一太郎の太閤記 連続読み 第2回◆

〔日程〕平成31年 6月9日(日

 

〔開場/開演〕13:30/14:00

 

〔出演〕

 東家一太郎    曲師 東家美

 

 太閤記より「初陣」「矢作橋」他 新作浪曲一席

 

〔ご予約・お問合せ〕

 次のアドレス又は電話にご予約下さい。

 🔶akskderkk2019@yahoo.co.jp

 🔶090-2402-5242(ショートメールが助かります)

 🔶Twitterなさっている方はダイレクトメールでも結構です

 

 必ず日程・会名・人数・姓名・電話番号をご明記下さいませ。お手数ですがよろしくお願い申し上げます。

 

 ※赤坂で浪曲のご予約メールアドレスにトラブルが発生し以下のメールアドレスは届かなくなっています。

 🔶akskderkk@yahoo.ne.jp 

 🔶akskderkk@yahoo.co.jp

  neもcoもどちらもメールが届かなくなっています。

  ご了承下さいませ。

 

  客席数 50人程度

 

 または

 一太郎までお問い合わせ下さいませ。

 丁寧に対応させていただきます

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

 お気軽にどうぞ!! 

 

〔場所/住所] 赤坂カルチャースペース嶋/東京都港区赤坂2-21-2 村嶋ビル1F

 アクセス

 http://www.a-shima.net/access.html

 千代田線赤坂駅5番b出口・銀座線南北線溜池山王駅12番出口それぞれの出口から5~7分ほどです。

 会場への順路の説明は

 http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12157687795.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=d7e54b25de304e09921b1b3755825456

 です。

 

連続読み日程は以下です。

 

第3回   8月11日(日)「織田家召し抱え」「藤吉郎嫁取り」

 

第4回10月14日(月・祝)「佐屋川合戦」「三日普請」

 

第5回12月8日(日) 「清洲城の大激論」「桶狭間」

0 コメント

2019年

4月

13日

太閤記連続読み務めさせて頂きます

4月14日日曜日

13時30分開場、14時開演

赤坂で浪曲 東家一太郎太閤記連続読みが始まります。


第一回目は

秀吉の少年時代

「日吉丸の生い立ち」

「日吉丸と蜂須賀小六」


新作は

「赤坂案内」を申し上げます。


ご来場お待ち申し上げております。


◆赤坂で浪曲  東家一太郎の太閤記 連続読み 第1回◆

 

〔日程〕平成31年4月14日(日)

 

〔開場/開演〕13:30/14:00

 

〔出演〕

 東家一太郎    曲師 東家美

 

 太閤記より「生い立ち」「日吉と小六」 他 新作浪曲一席

 

〔ご予約・お問合せ〕

 次のアドレス又は電話にご予約下さい。

 🔶akskderkk2019@yahoo.co.jp

 🔶090-2402-5242(ショートメールが助かります)

 🔶Twitterなさっている方はダイレクトメールでも結構です

 

 必ず日程・会名・人数・姓名・電話番号をご明記下さいませ。お手数ですがよろしくお願い申し上げます。

 

 ※赤坂で浪曲のご予約メールアドレスにトラブルが発生し以下のメールアドレスは届かなくなっています。

 🔶akskderkk@yahoo.ne.jp 

 🔶akskderkk@yahoo.co.jp

  neもcoもどちらもメールが届かなくなっています。

  ご了承下さいませ。

 

  客席数 50人程度

 

 または

 一太郎までお問い合わせ下さいませ。

 丁寧に対応させていただきます

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

 お気軽にどうぞ!! 

 

〔場所/住所] 赤坂カルチャースペース嶋/東京都港区赤坂2-21-2 村嶋ビル1F

 アクセス

 http://www.a-shima.net/access.html

 千代田線赤坂駅5番b出口・銀座線南北線溜池山王駅12番出口それぞれの出口から5~7分ほどです。

 会場への順路の説明は

 http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12157687795.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=d7e54b25de304e09921b1b3755825456

 です。

 

連続読み日程は以下です。

 

第2回   6月9日(日) 「初陣」「矢作橋」

 

第3回   8月11日(日)「織田家召し抱え」「藤吉郎嫁取り」

 

第4回10月14日(月・祝)「佐屋川合戦」「三日普請」

 

第5回12月8日(日) 「清洲城の大激論」「桶狭間」

0 コメント

2019年

4月

12日

待乳山聖天 浪曲相輪塔 浪曲協会物故者供養

浅草の待乳山聖天という
お寺をご存知でしょうか?
昔から浅草の名所として知られたお寺です。

浪曲 三門博先生の「唄入り観音経」に

遠くちらちら灯りが揺れる
あれは言問 こちらを見れば
誰を 待乳の もやい舟

とある待乳山。
写真を見て頂いてわかるように山です。
小さいケーブルカーもあります。
山の下は昔は隅田川で、もやい舟が繋いであった浮世絵を見たことがあります。

その待乳山聖天の駐車場になっているところに
日本浪曲協会の浪曲相輪塔という立派な塔と石碑があります。
ここで四年に一回
亡くなった浪曲協会の浪曲師の供養して頂く
物故者供養があります。

美、馬越ノリ子さんと連れ立って参加して来ました。

今回は
国本武春師匠、港家小柳師匠、藤田元春師匠、
玉川桃太郎師匠、米川宏師匠の
ご供養でした。

四年に一回なので私もまだ3回しか参加したことはありませんが、
浪曲という文化芸能を大切にして行かなければと気が引き締まりました。
法要を絶やさず
皆んなで浪曲を継いで行く
浪曲協会の先輩方後輩方との絆も
大事にして行きたいと思います。

帰りに向島の長命寺の桜餅を食べました。
塩見のきいた桜の葉と、甘さが上品なこしあん、濃いお茶を満喫し
短い時間にも贅沢な記憶です。

0 コメント

2019年

4月

10日

秀吉 太閤記 連続読み

今週の日曜日

4/14(日)から偶数月に全5回

赤坂で浪曲 東家一太郎太閤記連続読みが始まります。

天下人 豊臣秀吉の少年時代青年時代の全10席を一年かけてネタ下ろしで務めさせて頂きます。

師匠東家浦太郎が前名 太田英夫時代に十八番にしていた太閤記

若き侍大将の物語です。


師匠に入門した時と同じような新たな気持ちで臨ませて頂きます。

日吉丸から木下藤吉郎となり、

織田信長に召し抱えられ、桶狭間の合戦までの十席。

侍大将を夢見る藤吉郎の姿は希望に満ち溢れています。

連続浪曲、是非沢山のお客様にご来場頂けましたら幸いでございます。

曲師は東家美です。


◆赤坂で浪曲  東家一太郎の太閤記 連続読み 第1回◆

 

〔日程〕平成31年4月14日(日)

 

〔開場/開演〕13:30/14:00

 

〔出演〕

 東家一太郎    曲師 東家美

 

 太閤記より「生い立ち」「日吉と小六」 他 新作浪曲一席

 

〔ご予約・お問合せ〕

 次のアドレス又は電話にご予約下さい。

 🔶akskderkk2019@yahoo.co.jp

 🔶090-2402-5242(ショートメールが助かります)

 🔶Twitterなさっている方はダイレクトメールでも結構です

 

 必ず日程・会名・人数・姓名・電話番号をご明記下さいませ。お手数ですがよろしくお願い申し上げます。

 

 ※赤坂で浪曲のご予約メールアドレスにトラブルが発生し以下のメールアドレスは届かなくなっています。

 🔶akskderkk@yahoo.ne.jp 

 🔶akskderkk@yahoo.co.jp

  neもcoもどちらもメールが届かなくなっています。

  ご了承下さいませ。

 

  客席数 50人程度

 

 または

 一太郎までお問い合わせ下さいませ。

 丁寧に対応させていただきます

 TEL:090-9298-0391

 メール:a1roukyokushi@gmail.com 

 お気軽にどうぞ!! 

 

〔場所/住所] 赤坂カルチャースペース嶋/東京都港区赤坂2-21-2 村嶋ビル1F

 アクセス

 http://www.a-shima.net/access.html

 千代田線赤坂駅5番b出口・銀座線南北線溜池山王駅12番出口それぞれの出口から5~7分ほどです。

 会場への順路の説明は

 http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12157687795.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=d7e54b25de304e09921b1b3755825456

 です。

 

連続読み日程は以下です。

 

第2回   6月9日(日) 「初陣」「矢作橋」

 

第3回   8月11日(日)「織田家召し抱え」「藤吉郎嫁取り」

 

第4回10月14日(月・祝)「佐屋川合戦」「三日普請」

 

第5回12月8日(日) 「清洲城の大激論」「桶狭間」

0 コメント

2019年

4月

01日

竹やぶ道抜けると一本桜

四月一日
北鎌倉台峯へお花見に行って来ました。
いつもお世話になっている北鎌倉を愛する皆様、一太郎、美、総勢なんと十名。北鎌倉の自然を語らいながら、山道を一列に歩く。
至福の忘れられない時間でした。
見晴らし台からは
北鎌倉駅、六国見山を正面に
山桜が色とりどりの美しさを見せてくれました。

花びらが風で舞い落ちる道を進むのは
ぞくっとするくらいの心地好さです。

山道から竹やぶの道を入って行きます。
枯れた竹の葉が白く敷き詰められた竹のトンネルを抜けると、
そこには一本桜が堂々と満開に咲き誇っていました。

一昨年この一本桜を見て
夏のいち・かいで一本桜をデザインの十周年記念手拭いを作りました。

その時は山道から見えていた一本桜。
今年は伸び放題の竹やぶに覆われていましたが
まさに今日が満開の見頃でした。

また一本桜と出会えた喜びと感動がいまも続いています。

北鎌倉は駅から歩いて十分程で素晴らしい自然と出会える不思議な場所です。
この自然は北鎌倉に住んでいらっしゃる方でも知らない方が多いそうです。

北鎌倉の自然を知り尽くしている名人たちに教えて頂かなければ、こんな豊かな経験はできません。幸せです。

山道を散策中に、
そういえばとスマホを見て、
新元号の発表を知りました。

新しい時代のはじまりを
台峯で、北鎌倉の皆様と体感出来ましたのは
一生忘れられない出来事です。

お昼ご飯を食べたところに生えていた桜に
「令和桜」と誰かが名付けました。
一番最後の写真の桜です。

2時間と少し北鎌倉の里山を歩き、
台峯の自然から生命力を沢山受け取って来ました。
自然と人間の関係は大事
と改めて感じた一日でした。

北鎌倉の自然が今のままの形で残り続ける
令和の時代になって欲しいと願います。

 
0 コメント