◆ New ◆

 

4月10日金曜日19時から開演の「東家一太郎ふげん社の会」は

YOUTUBEとInstagramで無観客ライブ配信‼️となりました。 

4月10日19時からYouTubeかInstagramのふげん社のページを開いて頂けましたら

どなたでも生放送でご覧頂けます‼️

ご視聴は簡単です(o^^o)

視聴方法など詳しくはふげん社のホームページ

https://fugensha.jp/events/ichitaro_16/

をご覧下さいませ。

《春休み浪曲名作劇場》と題しまして、年齢を問わず楽しんでいただける演目

「タニシの田三郎」「シートン動物記よりオオカミ王ロボ」をお送りします。

皆さまとネットでお会いできますのが楽しみです‼️

 

こちらの一太郎ブログの詳細もご覧下さいませ。

 

 

◆ New ◆

 

NHK朝の連続テレビ小説「エール」が3月30日(月)からスタートしています!

なんと!東家一太郎・美の収録させて頂いた浪曲の音源が放送で流れます!!

 

本日3月31日金曜日の第2話、

4月16日木曜日の第14話で

東家一太郎、美の浪曲が

レコードの音として

放送予定です。

 

※第5話の予定は劇伴奏音楽に代わってしまいました

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

 

◆ New ◆

 

5月7日(木) 午前11時20分~11時50分

NHKFMラジオ 浪曲十八番にて第16回目の放送をして頂きます!!

 

東家一太郎 曲師 東家美

「一太郎の浅草案内 木馬亭五十年の軌跡~谷風長屋の土俵入り」を放送予定です。

 

今回はスペシャル構成で二席お送り致します。

 

木馬亭浪曲定席五十周年を記念いたしまして「一太郎の浅草案内」の特別バージョン。

 

そして、浪曲定席をやりませんかと木馬亭席亭に声をかけた立役者大師匠東家楽浦(ペンネーム野口甫堂)脚色の作品

「谷風長屋の土俵入り」。

貧乏神疫病神を追い払う横綱谷風の土俵入り。

このご時世に皆様に浪曲で明るくなって頂きたい想いで務めました。

 

全国の皆様に、是非お聞き頂けましたら幸いでございます!!

 

 

3月29日(日)14時開演

横浜にぎわい座 のげシャーレで開催予定の

「第五回 東家一太郎 うたって語って桜木町」は、

横浜にぎわい座が新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の一環として3月末まで閉館となりました為、公演延期となりました。

 

すでにチケットをお求め頂いているお客様、またご来場を予定して下さっていたお客様、誠に申し訳ございません。

 

延期日程は

9月22日(火・祝)秋分の日

14時開演に決定致しました。

 

チケットの払い戻しに関しまして、また詳細は

こちらをご覧下さいませ。

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

今年は元旦零時十分から、浅草木馬亭の舞台で

美の三味線に乗せて一太郎、浪曲を唸らせて頂きました。

最愛の木馬亭の舞台で年明け早々に浪曲を務めさせて頂ける、浪曲師として最高の幕開けとなりましたが、胸を張って良かったと言える舞台の出来ではありませんでした。

私の芸の未熟さゆえです。

 

浪曲は本当に素晴らしい芸能です。今年で芸歴十三年になりますが、年々その想いは強くなっています。

よく「浪曲はいわば日本のミュージカル」という表現をさせて頂いております。

往年のミュージカル映画が微塵の恥ずかしさもなくストレートに胸に秘めたる愛を歌で訴えるように

浪曲は恥じも外聞もなく、人生の喜怒哀楽を、浪曲師の声で節で語りで、そして三味線の音色と曲師の気合いで

私たちの心に、えぐるように飛び込んで来ます。

浪曲はカッコつけない、ありのままの、素朴で温かい芸です。私たちの郷愁を誘う芸でもあります。

自然や人間本来の素直な心に寄り添った芸だと思います。

それ故に、浪曲の物語を体験した感動は時に、胸を震わせるような嗚咽する程の涙を誘います。

 

一生かかってこの浪曲という芸を私は続けて行くと決めています。

八十歳九十歳になったらさぞやいい芸ができるかも知れませんが、そうとも限らないとも思っています。

 

浪曲で生の感動をお届けしたい!

という一緒の夢に、妻の美に付き合ってもらい、三味線を弾くだけでなくいつも支えてもらっています。

お客様にはいつも応援して頂き、励まして頂き、なぜここまでして頂けるのかといつも有難い感謝の気持ち、感動で一杯です。

 

浪曲師と曲師とお客様の三位一体となったバランスで出来上がる芸が浪曲です。

今が最高の芸ができるようにしなくてはいけません。本当に一期一会で、お客様と同じ空間時間で聴いて頂けるのも、もしかしたら今だけかも知れません。

一回の出会いで一生感動が続く芸でもあると思います。

いつも今この出会いを大切に、毎回の舞台に出来得る限りの準備をして参ります。

未熟な芸人ですが今年は自分を変えて、がむしゃらに動いて参ります。

2020年最後の舞台の後に

お客様に「一太郎この一年で成長したな」と仰って頂けるように努力致します。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

令和二年元旦

浪曲師 東家一太郎

曲師     東家美

 

 

平成30年11月9日 於・浅草木馬亭 東家一太郎 いち・かい 第7弾 「浪曲の明日」公演で

 

平成30年度(第73回)文化庁芸術祭 新人賞(大衆芸能部門 関東参加公演の部)

 

を受賞させて頂きました。

 

http://geijutsusai.go.jp/winning_list/

 

 

これはひとえに今まで応援して支えて下さったお客様、お世話になりました皆様方の御力です。

 

更なる御恩返しが出来る様、浪曲道に邁進して参ります。

 

今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

「浪曲の明日」公演の模様を、フォトギャラリーと共にこちらにアップしました。是非ご覧下さいませ。

 

 

浪曲(ろうきょく)、浪花節(なにわぶし)は、いわば日本のミュージカル♪

 

お三味線(曲師)の音色に乗せて、日本人の心、義理人情の物語を浪曲師が謳い上げる、それが浪曲

 

息の合った掛け合いで、夫婦で紡ぐ浪花節

 

浪曲師 東家 一太郎(あずまや・いちたろう)& 曲師 東家 美(あずまや・みつ)のホームページへようこそ!!!

 

公演情報、ブログなどご覧いただけましたら幸いです。

 

自分たちにしかできない浪曲を二人三脚でつとめて参ります。

 

笑いと涙と感動をお届けいたします。フットワーク軽く全国どこへでも参ります。

 

浪曲公演、お仕事のお問合わせは こちら をクリックくださいませ。