2017年

2月

18日

生の浪曲

NHKFM浪曲十八番にて、東家一太郎 曲師東家美
の浪曲「大高源吾 腹切魚の別れ」を放送頂きました。
本放送、再放送とお聞き下さいましたお客様に
改めて心より御礼を申し上げます。
今後も放送頂けますよう、しっかりと浪曲台本を勉強し、気持ちを込めてお届けできるよう精進して参ります。

昨日の雷門会で、ずっといらして頂いているお客様からは「やっぱり生の舞台の方がいいね」と仰って頂きました。

まだまだ未熟な芸でございますが
浪曲でお客様に感動をお伝えしたいという想いを常に心掛けて参ります。

東家一太郎と美、夫婦で浪曲をやっております。
フットワークは日本一軽いです!
日本全国、どこへでも浪曲で感動をお届けいたします‼︎
浪曲公演、お仕事のお問合わせは
 ☎   090-9298-0391
メール a1roukyokushi@gmail.com
東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。

昔から伝わる古典の浪曲作品は今の時代でも感動する普遍性を持っています。

また新作浪曲は一太郎が自分で脚色しております。古典浪曲で学んだ節、義理人情の心を根底に、取材をして、魂を込めて作らせて頂いております。
私が住んでいるこの土地のこんな題材の浪曲を聴きたいというご要望がございましたらお気軽に仰って下さいませ。
ご結婚の馴れ初めも、ご家族との思い出も浪曲にさせて頂きます。

今まで作りました新作浪曲はこのようなラインナップです。
『一太郎の浅草案内』
『オオカミ王ロボ』、『下町のネコキティ』 シートン動物記より 
『江戸の都市伝説 本所七不思議』 
『深川怪談七不思議』
『浪花節だよ洞門は』 北鎌倉「緑の洞門」の物語
『旭将軍木曽義仲〜倶利伽羅峠 火牛の計』
『二宮金次郎~少年時代、仕分け人篇』  
『二代東家浦太郎ものがたり』
『一太郎の旭川案内』

また、浪曲は敷居が高いというイメージがある方もいらっしゃると思いますが、私も初めはそうでした。
しかし実際は全くそのようなことはなく、とても大衆的な身近な芸能です。
はじめて聞くというお客様にも浪曲と浪曲三味線を楽しんで頂けるワークショップも好評頂いております。

まだお会いしたことの無いお客様にも、
勿論いつもお世話になっているお客様にも
是非、東家一太郎&美の浪曲、浪花節を生でお聞き頂きたいです。

どんどんと精進して参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    亜津佐 (金曜日, 03 3月 2017 17:53)

    これからもどんどん、応援してまいります

    ご活躍期待しています

  • #2

    一太郎 (金曜日, 03 3月 2017 18:48)

    お忙しい中、コメント頂きまして本当に有難うございます‼︎

    亜津佐様に応援頂けますと万人力です(o^^o)

    日々稽古、人生勉強で芸に向かいます。

    今後とも何卒宜しくお願い申し上げますm(._.)m