2017年

1月

28日

腹切魚の別れ

赤穂義士・大高源吾と義兄水沼久太夫の別れを描く「腹切魚の別れ」。

台本を研鑽中です。

 

浪曲のネタを勉強していく上で、舞台を聞いて頂きましたお客様が掛けて下さる直接のお声、アンケートは私にとって宝物であり大事な資料です。

また、浪曲にお詳しいお客様はブログに書いて頂いたり、ツイッターなどに感想を書いて下さいます。

 

「腹切魚の別れ」に関しても書いて頂きましたのでまとめて紹介させて頂きます。

 

 

『赤坂で浪曲』さんのブログに

 

腹切魚のあらすじ

http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12238414665.html

 

1月21日『三凱亭 東家一太郎努力会』の様子

http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12240240001.html

 

1月15日『赤坂で浪曲』の様子

http://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12239441337.html

 

を書いて頂きました。

あらすじをとても分かりやすくお書き下さって有難うございます。

とても勉強になります。

 

 

また、

みつ梅さんのブログに

 

1月15日『赤坂で浪曲』の腹切魚のご感想

http://ameblo.jp/mitsuume-0319/entry-12241242733.html

 

昨年12月16日『東家一太郎雷門会』の腹切魚のご感想

http://ameblo.jp/mitsuume-0319/entry-12232878613.html

 

を書いて頂きました。

深いご感性でお書き頂きまして有難うございます。

きちんと作品を表現して行くよう精進致します。

 

またツイッターなどにもご感想を書いて下さったお客様、誠に有難うございます。

 

湯呑で喉を潤しながら、勉強します!!

お気に入りのマグカップ受けに置いています。

レコードを再利用している、浪曲心をくすぐるアイテムです。