2018年4月30日 北鎌倉 山ノ内公会堂 会の様子

2018年4月30日(月・祝)

北鎌倉山ノ内公会堂にて

「浪花節だよ洞門は」の浪曲会を

北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)の主催で開催頂きました。

 

公演チラシを北鎌倉の辻々にお貼り頂きました。

緑と青空が綺麗な町にポスターを貼って頂き、とても嬉しく有り難かったです。

 

公演当日、山ノ内公会堂に、洞門を守る会の皆様にお早くからお集まり頂きまして、

椅子を並べたり、照明を作ったり、プロジェクタースクリーンを設置したり、

受付を作ったり、会の準備をして頂きました。

 

今回は3月18日の横浜にぎわい座の会で発表致しました

関戸勇さん撮影の北鎌倉の写真のスライドショーに合わせて語る浪曲

の第2回目です。

浪曲に合わせてスライドを変えるパソコン操作もお手伝い頂きました。

浪曲に合わせてタイミングでボタンを押すのはとても難しいのですが

リハーサルからバッチリOKでした。有難うございました。

さて、

北鎌倉と私たちを繋げて下さった

写真家関戸勇さんのご挨拶から会がはじまりました。

 

浪曲を生で聴くのははじめて、というお客様が20人弱いらっしゃいましたので

まずは浪曲の楽しみ方、掛け声・拍手で参加する楽しみをお伝えさせて頂きまして、

一席目。「小田原情け相撲」。

江戸時代の力士、雷電為右衛門が親子の為に仇討ち相撲をするという人情話です。

この演目をさせて頂きましたのは、

鎌倉と小田原、同じ神奈川県でもありますし、

雷電も話に出て来る親子も故郷を大事にする人であるということ。

また義理人情に厚い人たちであるということが、

緑の洞門を通して出会った北鎌倉の皆様と共通すると感じたからです。

 

古くから伝わる浪花節らしい演目ですが、しっかりとお聞き頂きまして、誠に有難うございました。

 

お仲入りを挟みまして、後半は

いよいよメインの

「浪花節だよ洞門は」スライドSHOW浪曲です!!

 

今まで何回か「浪花節だよ洞門は」を務めさせて頂きましたが、

洞門浪曲の後に、古典浪曲

という形にしておりました。

後席に洞門浪曲をさせて頂く今回は私にとりまして一つの挑戦です。

ただ、何といっても関戸さんの撮影して下さった

北鎌倉の写真の魅力が素晴らしいので、

頼らせて頂いて、安心して務めさせて頂きました。

 

お客様の中には「緑の洞門」のことを知らないお客様もいらしたかもしれません。

また、北鎌倉の自然についても知らないお客様もいらした様に感じました。

関戸さんが北鎌倉台峯から撮られた山桜の写真が映った時、

お客様が声を上げて

「きれいねー、行ってみたいわー」

と感嘆していらっしゃいました。

そういう声が聞けまして、浪曲を務めながらの瞬間瞬間、とても嬉しかったです。

 

「壊すことは簡単だが、無くしたものは戻らない」

日本全国に素敵な場所は沢山あり、

人それぞれに故郷があります。

北鎌倉は古都鎌倉らしい雰囲気が沢山残っていて、

こういう素敵な場所は今の日本になかなか無いのではないかと思います。

 

いまだに開発開発で自然が無くなって、家や建物が立っていきます。

私の故郷・新宿も懐かしい雰囲気の残っている所もありますが、

たまに行く度に新しく変わって行きます。

 

自然や土地についてだけでなく、何にでも共通することなのかも知れません。

守っていきたい!大事にしたい!と多くの人が思うものがあります。

 

私にとっては浪曲という芸がその最たるものです。

昔から伝わって来た浪曲、浪花節の本当の魅力。

師匠東家浦太郎が舞台で見せて教えて下さる芸の真髄と、実の親子と同じくらい温かい師弟の関係。

浅草木馬亭で師匠方や先輩方から教えて頂いて来た楽屋でのざっくばらんな和やかな雰囲気と

いざ舞台となったら命を懸ける心意気。

何が何でも浪曲をと、駆けつけて励まして下さるお客様の御心の温かさ。

穢されたくない、守りたい、大切に後世に伝えて行きたいと切に思っています。

 

「緑の洞門」は丸三年、通行止めになっていて、

保全して通行できるようにまず仮設工事をする事が約束されているにも関わらず、

そのままになっていて、多くの市民の方が困っている状況です。

私と美はたまにしか行かない北鎌倉ファンですが、

早く洞門を通れる日が来ることを三年間待ち望んでいます。

 

「緑の洞門」を通しての北鎌倉の皆様との出会いを通じて

伺うたびに沢山の事を学ばせて頂き、私も美も成長させて頂いております。

浪曲もその度毎に変わって行きます。

現在進行形の生きた新作浪曲です。

 

5月6日にはTBSテレビの長寿番組「噂の東京マガジン」で

「緑の洞門」のリポートが「噂の現場」コーナーで放送されます。

 

「緑の洞門」にこの五月に素晴らしい薫風が吹き抜けることを心より願っております。

 

また、今後 浪曲スライドSHOW「浪花節だよ洞門は」を

6月7日 日本大学文理学部の「鎌倉学」の講義

6月30日 浅草木馬亭での会「東家一太郎11年目の幕開き」

にて務めさせて頂きます。

是非観にいらして下さいませ。

 

今回は、洞門を守る会の皆様の御力で

山ノ内公会堂満席のお客様にお越し頂きました。

ご来場下さいましたお客様、

誠に有難うございました!!

 

公演模様の写真も

関戸勇さんに撮影頂きました。

◇曲師 東家美より◇

 

北鎌倉 山ノ内公会堂にて「浪花節だよ 洞門は」公演に沢山の皆様にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

 

北鎌倉 緑の洞門を守る会の皆様のご尽力で山ノ内公会堂が素晴らしい舞台に早変わり!

大入り満員で、心熱い公演をさせて頂くことが出来ました。

 

すぐ近くに緑の洞門があり、北鎌倉の自然がある場所での公演は、気持ちが一段と高まり、

浪曲を初めて聴く皆様も多く、洞門の存在と北鎌倉の自然の素晴らしさをお伝え出来る機会に恵まれ、

本当に感慨深く嬉しかったです。

 

 

北鎌倉の皆様との御交流の中で頂戴致しました着物と帯、そして「緑の洞門帯飾り」で全身北鎌倉の温かさに包まれながら、舞台に立たせて頂きました✨

 

御写真は、3月18日の横浜にぎわい座で手作りの帯飾りを頂きました方から公演記念に、なんと‼︎手作りの「髪飾り」を頂きました😊🌸

大好きなグリーンの緑の洞門カラー、本当に嬉しいです💕

 

北鎌倉に訪れる度に、素敵な御縁が深まり、大切な宝物が増えて、心の財産が積み重なって参ります。

皆様との御縁に心より深く感謝申し上げます。

どうぞ、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました🌸🌸

 

東家一太郎 洞門の会 in 北鎌倉

 「浪花節だよ洞門は」スライドショー付き

 

 ※ご当地北鎌倉で「緑の洞門」の浪曲!バージョンアップ版で務めます!!

  振替休日に北鎌倉観光はいかがですか?浪曲でさらに深く北鎌倉の魅力をお伝え致します!

 

〔日程〕平成30年4月30日(月・祝)

 

〔開場/開演〕13:30/14:00

〔番組〕

  浪曲:東家一太郎 曲師:東家美

 「雷電為右衛門小田原情け相撲」

 「浪花節だよ洞門は」~北鎌倉 緑の洞門の物語

 

〔場所/住所〕

 山ノ内公会堂/神奈川県鎌倉市山ノ内1364

 北鎌倉駅西口から鎌倉街道沿いに東慶寺方面に徒歩3分

 

〔入場料〕

  1,000円 (高校生以下無料※)

 ※座席は有料入場者優先とさせていただきます。

 

 主催 北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)