2020年

10月

18日

夕立勘五郎 飯田町 中坂 築土神社

赤坂で浪曲
で連続読みをしています
「夕立勘五郎」の主人公
勘五郎は伊賀屋の元締。
出入り人入れ元締稼業の伊賀屋は
飯田町中坂下に店を構えています。

何か浪曲を身近に感じられるものはないかと
再び九段下に行って来ました。

中坂の真ん中ほどに
築土(つくど)神社があり、
マスクしている狛犬の台座に
「元飯田町 総氏子中 安永九年」
と彫ってあるのを
美が発見してくれました。
私は全然気付かなかったです。
ナイスお手柄❗️
一人でテンションが上がってしまいました。

説明板を見ますと
安永9年1780年
千代田区内で最古の狛犬とのこと。

夕立勘五郎が
元締になって湯島の松金で眉間を割られたのが
天明3年正月5日。

天明 ( てんめい ) という元号は
 安永の後、寛政の前。
 1781年から1789年までの期間ですので、
まさに勘五郎が生きていた時代です。

夕立勘五郎が
実在の人物であったかどうかは
こっちへ置いといて、
レッカーみたいに…

もしかしたら
勘五郎が奉納した狛犬かもと夢が膨らんでいきます。

中坂も主要な交通路で
神田祭の時には山車も通り、
多数の商店が並んでいたと
書いてあります。

当時賑わっていた飯田町の風景が目に浮かんできました。


0 コメント

2020年

10月

17日

瞼の母 映画

節劇「瞼の母」に向けて

映画の「瞼の母」
稲垣浩監督作品
番場の忠太郎 片岡千恵蔵主演
長谷川一夫主演の東宝の映画を観ました。

千恵蔵主演は、
映像がかっこよく
おはま役の常盤操子さんがとても良かったです。
松田春翠先生の映画説明にも酔いしれました。

長谷川一夫の忠太郎は
甘い声と粋な仕草の数々に魅了されました。

YouTubeで長谷川一夫さんが徹子の部屋に出演した映像があり、
お芝居を見ているようなトークに感動しました。
あの黒柳徹子さんが完全にうっとりした目で見ていたのが印象的です。
0 コメント

2020年

10月

16日

赤坂で浪曲 「夕立勘五郎」連続読み 3席分追加予約の募集

赤坂で浪曲
東家一太郎「夕立勘五郎」連続読み公演
お席3つ分の余裕ができましたので追加予約の募集をさせて頂いております。

第1回目公演に来れなかったお客様用に作りましたCD付きのご予約も承っております。

詳細は下記の通りです。
よろしくお願い申し上げます。
予約:
akskderkk2019@yahoo.co.jp
090-2402-5242
会場:
カルチャースペース嶋(赤坂駅or溜池山王駅下車徒歩)
時間:
開場13:30開演14:00終演16:00

東家一太郎「夕立勘五郎」連続読み
募集数:3人
日程:
第2回11月8日(日)/第3回1月10日(日)/第4回3月14日(日)
出演:東家一太郎・前読東家三可子・曲師東家美
料金:第1回公演音源CD付3回券➡︎1万円
CDなし3回券➡︎8千円
(単発券予約は残席ある場合1週間前から)
詳細は
こちらをご覧下さいませ。

第2回目の演目
「さんばら辰」上下
の台本作成、節付けを
今日はしておりました。
固まりました。
あとは必死で稽古します❗️

人の3倍も腹を立てることから
さんばら辰と云われる
山田屋辰五郎は
夕立勘五郎の兄弟分の元締です。

短気でとんでもない男ですが、憎めない、心の優しい人です。
さんばら辰(上)では、
勘五郎が湯島の料理茶屋松金での元締衆の寄合で、
花屋金兵衛に眉間を割られる場面から
話が変わって、辰五郎が船橋の叔父さんの家から湯島まで駆け付けるただそれだけの内容なのですが、
とてつもなく面白いです🤣

さんばら辰(下)は
辰五郎が松金屋へ着いてから、勘五郎宅に行き、兄貴と話をしてから、
花屋金兵衛宅に乗り込むという場面です。

二席ともに一席の浪曲の中に、人生の機微が描かれています。
構成も浪曲らしい手に汗握るものになっていると思います。
是非ネタ下ろしの「赤坂で浪曲」で
お聴き頂けましたら幸いでございます。
お客様との特別な雰囲気の中で口演できますこと、
お客様とお会いできますことを楽しみにしております。
2 コメント

2020年

10月

15日

10/24土19時〜目黒ふげん社の会 会場とオンライン配信で開催します

10月はあと2回、会がございます。
24日土 東家一太郎ふげん社の会
31日土 いちかい第9弾木馬亭
です。

「東家一太郎ふげん社の会 第19回」 は
10月24日(土)午後7:00からを有観客(20名限定)+オンライン生配信で開催致します。
今回は「ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節」をテーマに、
「狸の恩返し」、「野狐三次よりお糸の危難」をお送りいたします。

ふげん社さんから有り難いご提案を頂きまして
またこの秋になっても収束の見通しがないコロナの状況を鑑みまして
チケット制のオンライン配信もさせて頂くことに決まりました。
ご自宅で、ご遠方の皆様にもお楽しみ頂けましたら幸いでございます。

ふげん社さんの会場でも
生の舞台を是非盛り上げて頂けましたら嬉しいです(o^^o)

宜しくお願い申し上げます‼️

本公演は、有観客(20名限定)+オンライン生配信(※事前チケット購入制)のハイブリッド公演です。
オンライン配信は、お家でゆっくりご覧になりたい方にお勧めです。
ご希望の方は、事前にチケットをご購入ください。アーカイブ対応もしております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
■開催概要
東家一太郎ふげん社の会 第19回
ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節
会場観覧(20名限定)+オンライン配信
日時:
2020年10月24日(土)
19時00分 開演(18時30分 開場)
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12
TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp
アクセス: JR目黒駅 西口より東急バス(黒01 黒02 黒07)「元競馬場前」下車 徒歩1分
東横線 祐天寺駅より東急バス(黒06)「元競馬場前」下車 徒歩1分
東横線 中目黒駅より東急バス(黒09)「大鳥神社前」下車 徒歩6分
JR目黒駅より徒歩15分
出演:東家一太郎(浪曲師)、東家美(曲師)
プログラム:
〜ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節〜
「狸の恩返し」
本所七不思議の世界を情緒たっぷりに描いた大江戸ファンタジー。
助けた狸に導かれ、父の仇は討てるのか⁈
狸の可愛らしさとユーモアと共にお楽しみ下さいませ!
「野狐三次よりお糸の危難(のぎつねさんじよりおいとのきなん)」
町火消し三次を追って江戸へと向かう妻のお糸さん。東海道宇津谷峠で絶体絶命のピンチに! その時通りかかったその人はなんと‼︎ 〽︎あとは聴いての お楽しみ〜 ♪

 
■ご参加・ご視聴方法
【会場観覧】20名限定
参加費:予約2,000円 当日2,200円
※ご予約は電話とメールで承っております。「代表者のお名前、参加人数、当日の連絡先(電話番号)」をご連絡ください。
TEL:03-6264-3665 Mail:event@fugensha.jp
※コロナウィルスの感染予防対策について
当館では会場の衛生管理に細心の注意を払い営業しております。お客様には下記の点をご協力下さいますようお願い申し上げます。
・発熱や風邪症状、体調に不安がある方はご来店をお控えください。・入口で消毒液での手指消毒のご協力をお願いいたします。
・当日、検温のご協力をお願いいたします。37.5℃以上のお客様はご参加をお断りすることがあります。
・咳エチケットにご協力をお願いいたします。

【ライブ配信】
ライブ配信は、事前チケット購入制です。オンラインでチケットをご購入いただいた方にご視聴URLをお知らせしています。投げ銭制ではありませんのでご注意ください。
配信視聴 料金:1,000円 ※10月27日(火)までアーカイブ視聴可能

詳しくは
ふげん社ホームページをご覧下さいませ。
https://fugensha.jp/events/ichitaro_19/

奇数月開催の
「楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン」
と合わせて
是非宜しくお願い申し上げます‼️
浪曲レッスンはこちらをご覧下さいませ。

0 コメント

2020年

10月

14日

第一回けんさん会御礼

10月14日(水)
第一回けんさん会~旗揚げ記念興行
お客様の温かい拍手とお気持ちで盛り上げて頂きまして
大成功で旗を揚げることができました。
ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。
平日昼間の開催でしたのでお仕事でいらっしゃれないお客様もいらしたと思いますが、今後も続いていく会でございますのでご都合宜しい回には是非遊びにいらして下さいませ。

番組は

ごあいさつ 一同
東家三可子 三囲塚の由来 曲師 東家美
宝井梅湯  赤垣源蔵徳利の別れ
~仲入り~
柳家小はぜ 長者番付
東家一太郎 野狐三次木っ端売り 曲師 東家美

でした。

普段の会ですと、自分の舞台に精一杯で、舞台が終わるまでは、共演の方の芸はなかなか見聞きしないのですが
梅湯さん、小はぜさんの舞台もじっくり拝見させて頂きました。

梅湯さんは「赤垣源蔵」に特別な思い入れを持っていらっしゃるそうで、けんさん会発起人の梅湯さんの熱い想いを受け取りました。講談はやっぱりいいなぁとしみじみと感じました。梅湯さんの身体に一杯に詰まっている講談への愛や情熱が滲み出ていました。

小はぜさんの落語を実は初めて拝見しました。
そして初めて聴く珍しい一席をたっぷりと。
凄い噺家さんですね。そういえば落語というのはこういう芸だったなぁと昔を思い出すような感覚がしました。今後もご一緒させて頂けるのが有難いです。

三可子さんに前読みして頂き、しかもおめでたいお話と気を遣って頂いて「三囲塚の由来」でとてもいい雰囲気を作って下さいました。

一太郎&美は
今回は浪曲初めてのお客様もいらっしゃるでしょうし、
浪曲らしい演目をと思いまして
「木ッ端売り」を務めさせて頂きました。
いらして頂いていたお客様と一緒にその場で作品が出来上がるということが実感出来ました。
芸は不思議です。お客様との一体感を少しでも感じられることが何より喜びです。
合三味線 美の音色に乗っかって節が出来るのも幸せです。

田辺凌天さんに受付と美声で木馬亭風アナウンスをして頂きました。

けんさん会手拭い‼️
出来ました‼️
紺染めの粋な手拭いです。
髭文字という書体で書かれた
けんさん会の文字。
それぞれの名前もこの会の為に書いて頂いています。
何より嬉しいのは
曲師 東家美
曲師の名前も一緒に手拭いになっていることです。
全てご手配下さった梅湯さんのお心遣いに本当に感謝しています。素晴らしい方です。
手拭いは1本2000円で販売しております。
是非お求め頂けましたら幸いでございます。
宜しくお願い申し上げます🤲

お江戸日本橋亭の前で記念撮影❗️

その後、御茶ノ水のスカイルーム太陽で打ち上げをしました。
けんさん会にお客様から贈って頂いた、にごり酒をたっぷり頂きまして
会の大成功のお祝いと今後のけんさん会の展望と芸談に華が咲きました。
太陽のマスターとも久々にお会いできました❗️
にごり酒の回るのが早いのなんの。
飲み過ぎました。
心地好い二日酔いです( ^ω^ )

次回は
令和3年1月14日(木)
です。

是非是非
ご予約ご来場お待ち申し上げております。

第2回「けんさん会」
令和3年1月14日(木)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番: 東家三可子
0 コメント

2020年

10月

13日

明日14日水けんさん会お席まだございます

明日10月14日水曜日
13時開演
お江戸日本橋亭での
第一回「けんさん会」~旗揚げ記念興行~

オリジナル手拭いが完成しました‼️
会場入口で2000円にて販売しております。

「けんさん会」とは浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。

今回が旗揚げ公演🏳

梅湯さんがチラシ、手拭いなど進めて下さり、
明日を迎えることになりました。

ほぼ同年代の男三人に
曲師の美と
前読みの三可子さんが
華を添えます。

けんさんは研鑽?堅三?
色々な意味に当てはめられる会にして行きたいです。

木馬亭定席とも
自分の会とも違う緊張感とワクワク感で務めたいと思います。

まだお席ございます。
ご予約、ご来場お待ち申し上げております。

当日2500円
ご予約2000円
となっております。

ご予約は
14日当日12時まで
一太郎も承っております。
TEL  090-9298-0391
メール a1roukyokushi@gmail.com
             (👆 a1の1は数字の1です)
TwitterのDMなどでも大丈夫です。

第1回「けんさん会」
~旗揚げ記念興行~
令和2年10月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番: 東家三可子

第二回は令和3年1月14日(木)に決定しました❗️
年に3~4回づつ継続して行う予定です。
永く続けて行ける会にしたいと思っております。




0 コメント

2020年

10月

12日

10/14水13時〜けんさん会

10月14日水曜日
13時開演
第一回「けんさん会」~旗揚げ記念興行~
をお江戸日本橋亭にて行います‼️

「けんさん会」とは浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。
この三人で一緒の舞台に立つのは今回が初めてです。
第二回は令和3年1月14日(木)に決定しました❗️
年に3~4回づつ継続して行う予定です。
永く続けて行ける会にしたいと思っております。
小はぜさんとは何回かお会いしただけで共演も初めてです。
男気溢れる梅湯さんとともに、何か楽しい会になる予感がしています。

まずは第一回目が大成功となるようにしっかり務めさせて頂きます。

落語講談浪曲
似ている所もあり、全然違う所もあり、
それぞれ特有の魅力がございます。

それぞれの芸能のファンのお客様にも
落語はいいな
講談はいいな
浪曲はいいな
と思って頂けたら嬉しいです。

当日2500円
ご予約2000円
となっております。

ご予約は
14日当日12時まで
一太郎も承っております。
TEL  090-9298-0391
メール a1roukyokushi@gmail.com
             (👆 a1の1は数字の1です)
TwitterのDMなどでも大丈夫です。

ご来場お待ち申し上げております。


第1回「けんさん会」
~旗揚げ記念興行~
令和2年10月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番: 東家三可子

0 コメント

2020年

10月

08日

誕生日祝いのお言葉を有難うございました

今日誕生日を迎えまして42歳になりました。
SNSなどて沢山のお祝いのお言葉を頂戴致しました。
誠に有難うございます‼️

皆様に応援して頂けまして本当に幸せです。

一日一日の日常、
一回一回の舞台で
自分を成長させて行きます。

浪曲と共に人生を進めて行けることに最高の喜びと感謝を噛み締めています。

後厄もあともう少し、来年の節分まで
なぜか心待ちにしてしまいます(o^^o)

今日は三味線屋さんにメンテナンスに行った後、
ロティサリーチキンでお祝いして貰いました)^o^(

0 コメント

2020年

10月

07日

10/7木馬亭定席御礼

10月7日水曜日
木馬亭浪曲定席にお越し下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

東家一太郎&美は
中入り後に出演させて頂きました。
義士外伝「弥作の鎌腹」
を務めさせて頂きました。

神崎与五郎の兄、弥作はラストのシーンで
代官宮崎六太夫への義理と
兄弟の情の為に
鎌で腹を切ります。

浪花節は義理と人情
といわれますが、
義理というのが私、いまいち理解できなかった所があるのですが
今年のこのようなコロナの状況を通して、
義理の意味が分かってきました。

弥作は百姓として、義理人情の心を貫いて生きた、
立派な人だと思います。

このような素晴らしい作品を務めさせて頂けるのは本当に幸せです。

師匠東家浦太郎、
そして台本を書かれた大師匠東家楽浦に
感謝の念が尽きません。

また美が精魂込めて三味線を弾いてくれるおかげです。

美はトップの
東家三可子さんの「双葉山」も弾かせて頂きました。
素晴らしい浪曲でした。

〽︎何が何でも木馬亭
と駆け付けて下さるお客様の御心
お一人お一人のお顔を拝見して
有り難いなぁ、有り難いなぁと
感謝申し上げております。

浅草の浪曲は
木馬亭‼️

今後とも浪曲定席を宜しくお願い申し上げます。

0 コメント

2020年

10月

06日

10/6の木馬亭定席

木馬亭定席10月6日
浜乃一舟師匠の曲師を東家美が務めました。

演題は
「愛馬の勝鬨」
青年競馬騎手とスミイズミという馬のお話です。

一舟師匠の素晴らしい声と節
温かみの深い啖呵
全ての節と三味線がバッチリ合い、
師弟の絆を舞台から感じました。

10月31日土曜日13 時開演のいち・かい第9弾
「師から弟子へ〜浪曲芸の継承」
では、
一舟師匠こと伊丹秀敏師匠と美の
師弟二挺三味線で
「山の名刀」と節劇「瞼の母」を弾いて頂きます。
こちらも息の合った師弟ならではのことです。

0 コメント

2020年

10月

05日

鶴遊先生と梅湯さんと

4日の木馬亭が終わった後は
出演頂いていた講談の田辺鶴遊先生と
浅草ときわ食堂へ。
途中、鶴遊先生の弟弟子の
宝井梅湯さんが偶然か必然かお店に入っていらして、
美と四人で
大のお銚子が跳ぶようになくなって行きました(o^^o)

梅湯さん、そして落語の柳家小はぜさんとは
10/14水曜日13時から
お江戸日本橋亭で
「けんさん会」第一回旗揚げ公演がございます。
その前に梅湯さんとご一緒出来て良かったです!

鶴遊先生も梅湯さんも食通。
そしてこのお二人の兄弟弟子の絆は深いです。
ぽん太さんと遊六さんの絆も深い。

梅湯さんは一本筋の通った男で、その清々しさがとても魅力的な方です。

鶴遊先生、ぽん太さん、柳家小志ん師匠、岡大介さんと一太郎
昭和53年生まれの
「午歳五人男 大忘年会」の日程も決まりました‼️

12/21月曜日19時から
深川江戸資料館地下1階のレクホール
で開催致します。

曲師はもちろん、酉年の美です。

会って嬉しい芸の仲間と
一緒の時間を過ごせますのは本当に幸せです。

明るい未来の為に、頑張ろうという気持ちになります‼️
0 コメント

2020年

10月

04日

10/4木馬亭定席御礼

10月4日日曜日
木馬亭浪曲定席に出演致しました。
ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。

一太郎&美は
中入り後に
「野狐三次〜観音堂の捨て子」
を務めました。

舞台前に
この浪曲の最初のシーンに出てくる
浅草寺観音堂に詣りました。

大工の磯五郎は真夜中に酒に酔いながら観音様に子どもを授かりたいと願掛けに行きます。
観音様のご利益か、
賽銭箱の片隅に赤子を見つけます。
その赤子が物語の主人公、三次。
捨てた親は身分の高い人で、実は我が子を拾う人が現れるまで物陰からそっと覗いています。

観音堂の石段や賽銭箱のあたりをうろちょろしながら
観音堂の広さや距離感を体で感じていました。

特に磯五郎が参拝して、振り返り、石段を降りようとした時に、
赤子の声が聴こえる、
その時の磯五郎の目には宝蔵門の灯りが写っていたのか、
など考えるとワクワクして来ました。

作品の舞台の地が毎月何回も行く、こんなに身近にあるのは幸せです。

仲見世の軒に下がっている提灯の紋は
「鎹山(かすがいやま)印」。
木材同士をつなぐ「コ」の字型の金具「鎹」の形をしています。

節の中にも

〽︎
鎹山の提灯が 小刻みに廻る 火の用心
扉は締まる 金龍山

と出てきます。

浪曲は知れば知るほど
学べば学ぶほど、
楽しみが、深くなって来ます。

木馬亭定席には
10月7日水曜日の中入り後
14:05ごろからも出演致します。

0 コメント

2020年

10月

03日

節劇瞼の母 稽古

10月31日土曜日
浅草木馬亭で公演します
東家一太郎 いち・かい第9弾
師匠から弟子へ〜浪曲芸の継承〜
の目玉番組
「節劇 瞼の母」の舞台稽古を
猪馬ぽん太さんと関遊六さんとさせて頂きました。

お二人と台本片手に実際に舞台の上で動いてみながら
意見を出し合って、段々と形が定まって来ました。
まずはホッとひと安心。
さぁこれから、
突っ走って
次の稽古まで
瞼の母の世界を身体に染み込ませます‼️

0 コメント

2020年

10月

02日

木場公園 散歩

木場公園を散歩しながら
台本を稽古しました。

天高く馬肥ゆる秋
午年の私ですが、
この秋は体重を落として
10月31日のいち・かいで
舞台写真に収まりたいと誓っています‼️
0 コメント

2020年

10月

01日

12月以降公演情報

東家一太郎&美

12月以降の浪曲公演予定情報です。

詳しくはホームページのこちらをご覧下さいませ。 


◆ 12月26日(土)  14時開演 

  横浜にぎわい座 

 「東家一太郎 うたって語って桜木町 第6回」

     

◆ 奇数月 日程未定  15時開演 

  東武練馬 三凱亭 「東家一太郎努力会」 

 

◆ 偶数月金曜夜

 「目黒で名調子!東家一太郎ふげん社の会」

  奇数月金曜夜

 「楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン〜趣味からプロを目指す方まで〜」

  目黒 ふげん社

  

◆ 「赤坂で浪曲 東家一太郎 夕立勘五郎連続読みの会」

   ◆ 完売御礼 ◆

  赤坂 カルチャースペース嶋

     第2回11月8日(日)、第3回 令和3年1月10日(日)、第4回 3月14日(日)

     14時開演

 

◆ 毎月出演 12時15分開演 

  浅草 木馬亭

   「浪曲定席木馬亭」 

 

◆ 12月21日(月)19時開演

  「午歳五人男 大忘年会」

  深川江戸資料館地下1階レクホール

 

◆ 12月27日(日)10時開演

  「宝井琴鶴独演会」

  なかの芸能小劇場

  ※ゲスト出演させて頂きます

 

◆ 令和3年1月14日(木)13時開演

  三越前 お江戸日本橋亭 「けんさん会」第二回

  東家一太郎&美・宝井梅湯・柳家小はぜの会

       

◆ 「東家一太郎雷門会シーズン8」

 (偶数月第3金曜  19時開演 日本浪曲協会広間)

  会場の都合により、新型コロナウィルスの様子を見て 

  当面の間、休止とさせて頂きます

0 コメント

2020年

10月

01日

11月公演情報

東家一太郎&美
11月の浪曲公演予定情報です。
詳しくはホームページのこちらをご覧下さいませ。 

◆ 11月4日(水)6日(金) 12時15分開演 
  浅草 木馬亭
   「浪曲定席木馬亭」 毎月出演  
  4日は14時05分頃、6日は12時30分頃の出演となります
  
◆ 11月8日(土)14時開演
 ◆ 完売御礼 ◆
  赤坂カルチャースペース嶋
  東家一太郎『夕立勘五郎』連続読み」第2回
 
◆ 11月27日(金)  19時開演 
  目黒 ふげん社 「楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン」第3回目
 
◆ 11月29日(日)15時開演
  東武練馬 三凱亭 「東家一太郎努力会 第31回」
0 コメント

2020年

10月

01日

10月公演情報

東家一太郎&美
10月の浪曲公演情報です。
詳しくはホームページのこちらをご覧下さいませ。

◆ 10月4日(日)7日(水) 12時15分開演 
  浅草 木馬亭
   「浪曲定席木馬亭」 毎月出演  
  4日、7日ともに14時05分頃の出演となります
  
◆ 10月14日(水)13時開演
  三越前 お江戸日本橋亭 
 「けんさん会」第一回 旗揚げ記念興行
  東家一太郎&美・宝井梅湯・柳家小はぜの会
    
◆ 10月24日(土)  19時開演 
  目黒 ふげん社 「東家一太郎ふげん社の会」第19回

◆ 10月31日(土)13時開演
  浅草 木馬亭 「東家一太郎 いち・かい第9弾 師から弟子へ~浪曲芸の継承」
  令和2年文化庁芸術祭参加公演
  
◆ 「東家一太郎雷門会シーズン8」
 (偶数月第3金曜  19時開演 日本浪曲協会広間)
  会場の都合により、新型コロナウィルスの様子を見て    
  当面の間、休止とさせて頂きます
 
10月31日は一年の集大成の会、「いち・かい」です。
全力で突っ走ります‼️
0 コメント

2020年

9月

30日

東家一太郎努力会 第31回 2020年11月29日

◆ 東家一太郎 努力会  第31回 ◆

〔日程〕令和2年11月29日(日) 

〔開場/開演〕14:30/15:00 (終演予定16:30)

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美

   東武練馬お近くの皆様、浪曲好きの皆様、お気軽に遊びにいらして下さいね。
 ふらっと入って楽しんで頂ける温かい会を目指しています。 

〔入場料〕 1500円
 終演後会場にて、懇親会もございます。
 三凱亭女将さん特製の美味しい料理と、お酒かドリンクでご一緒に楽しい時間を過ごしませんか。
 料金は別途2000円です。
 おあとのご都合がよろしければ是非是非ご参加下さいませ。
 
〔場所/住所〕徳丸 三凱亭(みよしてい)
    /板橋区徳丸3-3-11 三凱ビル地階
 ホームページ http://www.miyoshitei.net/
 東武東上線 東武練馬駅より徒歩5分
 (東武練馬駅までは池袋駅より「各駅停車 成増 志木行」で15分で着きます) 

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
       (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。

三凱亭は
マイクも要らず、
舞台の上から高座ながらも
お客様お一人お一人のお顔を拝することができる
かけがえのない会場です。

ハコ(会場)に付いている
と仰っていたお客様もいらっしゃいました。
三凱亭の会場とお客様の雰囲気、席亭のお人柄、終演後の懇親会など
三凱亭の魅力に惹かれていらして下さっているお客様も沢山いらっしゃいます。

この会を出来る限りずっと続けて行けるように、
浪曲に打ち込んで参ります。

終演後にあります懇親会では
席亭関村さんの相撲甚句もたっぷりと聴けますよ!



0 コメント

2020年

9月

30日

楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン第3回 2020年11月27日

「楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン」を
目黒ふげん社さんで
2020年7月より開講いただいております。

舞台の上の浪曲師を見て、「自分もあんなふうに節と啖呵を気持ち良く歌い上げられることができたら、どんなに気持ち良いだろう…」と想像したことが一度はあると思います。
東家一太郎が、発声の基礎から節を唸るところまで、丁寧にレクチャーいたします。

浪曲を自ら唸ることで、浪曲会の鑑賞もまた別の視点から楽しむことができます。
浪曲の節や啖呵、三味線の音色は、五臓六腑に染み渡り、健康にも良いです。
お仕事終わりに、学校帰りに、一週間の終わりに、一節唸って心も身体もリフレッシュしませんか?
浪曲レッスンは奇数月、浪曲会は偶数月の金曜夜に開催します。
趣味の方から、プロを目指したい方まで、どうぞお気軽にご参加ください。
 
今回で3回目ですが
はじめて参加します!
という方も大歓迎です!

おひとりおひとりのペースに合わせて
丁寧にお伝えさせていただきます。

レッスン中にも皆様、判らないところをどんどん質問をしていただいています。
これがとても素晴らしいご意見や疑問で、
全員が共有して、浪曲を楽しめる!
そんな素敵な雰囲気になっています。


■開催概要
第3回 11月27日(金)19:00−20:30
講師:東家一太郎(浪曲師)、東家美(曲師)
参加費:2,000円
会場: コミュニケーションギャラリーふげん社
〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12
TEL:03-6264-3665
持ち物:
筆記用具、手拭いかハンカチかハンドタオル
※当日、検温のご協力をお願いいたします。37.5℃以上のお客様はご参加をお断りすることがあります。
※レッスンの際は、弊社が配布するフェイスシールドをご着用頂きます。
 
■お申し込み方法
電話とメールでご予約を承っております。
「代表者のお名前、参加人数、当日のご連絡先(電話番号)」をご連絡ください。
TEL:03-6264-3665 Mail:event@fugensha.jp

偶数月開催の
「目黒で名調子!東家一太郎 ふげん社の会」
と合わせて
是非宜しくお願い申し上げます‼️
ふげん社浪曲会はこちらをご覧下さいませ。




0 コメント

2020年

9月

30日

目黒で名調子!東家一太郎ふげん社の会 第19回 2020年10月24日

東家一太郎ふげん社の会第19回
ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節

10月24日(土)午後7:00から「東家一太郎ふげん社の会第19回」を有観客(20名限定)+オンライン生配信で開催致します。
今回は「ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節」をテーマに、
「狸の恩返し」、「野狐三次よりお糸の危難」をお送りいたします。

本公演は、有観客(20名限定)+オンライン生配信(※事前チケット購入制)のハイブリッド公演です。
オンライン配信は、お家でゆっくりご覧になりたい方にお勧めです。
ご希望の方は、事前にチケットをご購入ください。アーカイブ対応もしております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
■開催概要
東家一太郎ふげん社の会 第19回
ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節
会場観覧(20名限定)+オンライン配信
日時:
2020年10月24日(土)
19時00分 開演(18時30分 開場)
会場:コミュニケーションギャラリーふげん社
〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12
TEL:03-6264-3665 MAIL:info@fugensha.jp
アクセス: JR目黒駅 西口より東急バス(黒01 黒02 黒07)「元競馬場前」下車 徒歩1分
東横線 祐天寺駅より東急バス(黒06)「元競馬場前」下車 徒歩1分
東横線 中目黒駅より東急バス(黒09)「大鳥神社前」下車 徒歩6分
JR目黒駅より徒歩15分
出演:東家一太郎(浪曲師)、東家美(曲師)
プログラム:
〜ハラハラドキドキ♡秋の夜長の浪花節〜
「狸の恩返し」
本所七不思議の世界を情緒たっぷりに描いた大江戸ファンタジー。
助けた狸に導かれ、父の仇は討てるのか⁈
狸の可愛らしさとユーモアと共にお楽しみ下さいませ!
「野狐三次よりお糸の危難(のぎつねさんじよりおいとのきなん)」
町火消し三次を追って江戸へと向かう妻のお糸さん。東海道宇津谷峠で絶体絶命のピンチに! その時通りかかったその人はなんと‼︎ 〽︎あとは聴いての お楽しみ〜 ♪

 
■ご参加・ご視聴方法
【会場観覧】20名限定
参加費:予約2,000円 当日2,200円
※ご予約は電話とメールで承っております。「代表者のお名前、参加人数、当日の連絡先(電話番号)」をご連絡ください。
TEL:03-6264-3665 Mail:event@fugensha.jp
※コロナウィルスの感染予防対策について
当館では会場の衛生管理に細心の注意を払い営業しております。お客様には下記の点をご協力下さいますようお願い申し上げます。
・発熱や風邪症状、体調に不安がある方はご来店をお控えください。・入口で消毒液での手指消毒のご協力をお願いいたします。
・当日、検温のご協力をお願いいたします。37.5℃以上のお客様はご参加をお断りすることがあります。
・咳エチケットにご協力をお願いいたします。

【ライブ配信】
ライブ配信は、事前チケット購入制です。オンラインでチケットをご購入いただいた方にご視聴URLをお知らせしています。投げ銭制ではありませんのでご注意ください。
配信視聴 料金:1,000円 ※10月27日(火)までアーカイブ視聴可能

詳しくは
ふげん社ホームページをご覧下さいませ。

奇数月開催の
「楽しく唸ろう!東家一太郎の浪曲レッスン」
と合わせて
是非宜しくお願い申し上げます‼️
浪曲レッスンはこちらをご覧下さいませ。





0 コメント

2020年

9月

28日

赤坂で浪曲 夕立勘五郎連続読み

赤坂で浪曲 夕立勘五郎連続読み
9月13日(日)より
赤坂で浪曲
東家一太郎『夕立勘五郎』連続読みの会を開催頂いております。

全4回25名様限定の会
完売頂いております。

 ◆ 完売御礼 ◆

誠に有難うございます。

(会場はキャパ最大65ですが、感染防止のため座席の間隔を空けての開催です)

師匠の二代目東家浦太郎、
初代東家浦太郎
そして大師匠東家楽浦の十八番演目
夕立勘五郎に挑戦致します‼️

全部で八つの演目
第1回 9月13日(日)
「世直し初暦」「花屋金兵衛の衷心」
第2回  11月8日(日)
「さんばら辰(前)」「さんばら辰(後)」
第3回  1月10日(日)
「花屋金兵衛の腕斬り」「越後上り」
第4回  3月14日(日)
「輪島千代蔵」「三国峠」

出演:東家一太郎、東家三可子(前読み)
曲師:東家美 

開場→13:30
開演→14:00
終演予定→16:00

となっています。

夕立勘五郎は
江戸時代 天明天保年間の侠客です。
出入り人入れ元締稼業といいまして、
大名屋敷に人材派遣をする生業をしています。
勘五郎は伊賀屋の元締。
十八万三千石松平出羽守様のお屋敷に出入りをしています。
夕立という名の暴れ馬をゲンコで張り殺したところから夕立勘五郎とあだ名をつけられました。
男の中の男伊達と云われる真の侠客です。
ヤクザ渡世とは違う人物です。

夕立勘五郎は生涯に3度の仇討ちをします。
今回の連続読みは、
剣術の師匠の仇討ちシリーズです。

大師匠東家楽浦が得意とし、自ら脚色した浪曲台本を元に、
現代に繋いで行く覚悟で、全4回を務めます。
特に啖呵(セリフ)は楽浦師匠から多くを学び、会当日にお客様の前で成果をお見せします。

夕立勘五郎の一番の聞きどころは
登場人物の複雑な心理を節で描く、
浪曲・浪花節らしいところです。

また勘五郎の子分の
さんばら辰という短気な暴れ者が
話を面白く盛り上げます。

是非「赤坂で浪曲」ご予約頂けましたら幸いでございます。

夕立勘五郎 遊女高窓太夫の仇討ちシリーズは2021年9月から全3回で開催予定です。

会場は
赤坂カルチャースペース嶋
アクセス↓
     http://www.a-shima.net/access.html
千代田線赤坂駅5番b出口・銀座線南北線溜池山王駅12番出口それぞれの出口から5~7分ほどです。
駅から会場への順路の説明↓
https://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12157687795.html

赤坂で浪曲
のページは
https://ameblo.jp/akskderkk2016/entry-12609767992.html
です。

0 コメント

2020年

9月

28日

第1回「けんさん会」 ~旗揚げ記念興行~2020年10月14日

「けんさん会」とは浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。
先ずは令和2年10月14日に旗揚げ記念興行を行います。
来年以降は年に3~4回づつ継続して行う予定です。
 
第1回「けんさん会」
~旗揚げ記念興行~
令和2年10月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番: 東家三可子

第2回は
令和3年1月14日(木)に決定しました!

講談、落語、浪曲
それぞれの芸能に
熱い想いを胸に秘めている素敵なメンバーです‼️
旗揚げ公演に向けて、
今までにワクワク感で一杯です。
第一回目
ご来場お待ち申し上げております。
0 コメント

2020年

9月

27日

9/27三凱亭努力会御礼

9月27日日曜日
東武三凱亭にて
東家一太郎努力会第30回目を務めさせて頂きました。
ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。
色々なご予定をお持ちの中で、会に足を運んで下さる皆様の御心に深く感謝しております。

東家美の三味線で

「神田松」
「五稜郭始末記」

の二席を務めました。

一つ一つの演目は一朝一夕にはいかないものと強く思い知りました。
反省、稽古を真剣に、登場人物が自分の中に染み込むように努めます。

三凱亭は
マイクも要らず、
舞台の上から高座ながらも
お客様お一人お一人のお顔を拝することができる
かけがえのない会場です。

ハコ(会場)に付いている
と仰っていたお客様もいらっしゃいました。
三凱亭の会場とお客様の雰囲気、席亭のお人柄、終演後の懇親会など
三凱亭の魅力に惹かれていらして下さっているお客様も沢山いらっしゃいます。

努力会、区切りの30回目を迎えられて本当に有難いです。

この会を出来る限りずっと続けて行けるように、
浪曲に打ち込んで参ります。

懇親会では
相撲甚句もたっぷりと聴かせて頂きました。

お客様をお見送りして
荷物を片付けた後、
席亭の関村ご夫妻と
サイフォン式で入れた
ホッと美味しいコーヒー☕️
を戴きました。

会が終わった後、
席亭が芸の貴重なアドバイスと人生の励まし・応援のお言葉を下さいます。
ジーンと胸が熱くなりながら
一言一言を噛み締め伺っております。

次回は
11月29日日曜日
15時開演です。

またのご来場お待ち申し上げております。

0 コメント

2020年

9月

26日

明日9/29(日)15時〜東武練馬三凱亭努力会です

明日9月27日 日曜日

15時開演

東武練馬 三凱亭にて

東家一太郎努力会 第30回目がございます。


三凱亭は私と美にとってかけがえのない会場です‼️


関村席亭も

いらして下さるお客様も

素晴らしい皆様ばかり( ^ω^ )


皆様のお力で毎回

温かい雰囲気の会にして頂いております。


美の三味線に身を任せて

阿吽の呼吸が出せるように

懸命に二席つとめます。


今日、猪馬ぽん太さんと電話で楽しくお話ししていて

阿吽の呼吸の

阿吽の意味について教えて頂きました。


口を開いた阿形 (あぎょう) 

口を閉じた吽形 (うんぎょう) 


ということで

神社の狛犬も

片方が吠えていて

片方は黙っている

そうです。


漫才やコントのコンビでも阿吽が大事だそうですが、

浪曲師と曲師もお互いに

阿吽を行ったり来たりするものかな

と思いました。


マイクを使わないライブ感も

三凱亭努力会の魅力です。


お時間宜しければ

是非、

東武練馬までお越しをお待ち申し上げております。



◆東家一太郎 努力会  第30回 ◆


〔日程〕令和2年9月27日(日) 


〔開場/開演〕14:30/15:00 (終演予定16:30)


〔番組〕

 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美


   東武練馬お近くの皆様、浪曲好きの皆様、お気軽に遊びにいらして下さいね。

 ふらっと入って楽しんで頂ける温かい会を目指しています。 


〔入場料〕 1500円

 終演後会場にて、懇親会もございます。

 三凱亭女将さん特製の美味しい料理と、お酒かドリンクでご一緒に楽しい時間を過ごしませんか。

 料金は別途2000円です。

 おあとのご都合がよろしければ是非是非ご参加下さいませ。

 

〔場所/住所〕徳丸 三凱亭(みよしてい)

    /板橋区徳丸3-3-11 三凱ビル地階

 ホームページ http://www.miyoshitei.net/

 東武東上線 東武練馬駅より徒歩5分

 (東武練馬駅までは池袋駅より「各駅停車 成増 志木行」で15分で着きます) 


〔ご予約・お問合せ〕 

 TEL  090-9298-0391 

 FAX  047-494-4891 

 メール a1roukyokushi@gmail.com

       (👆 a1の1は数字の1です) 

 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。


0 コメント

2020年

9月

25日

節劇瞼の母 打ち合わせ

10月31日土曜日13時開演の
東家一太郎いち・かい第9弾
「師匠から弟子へ〜浪曲芸の継承」
の目玉番組‼️
「節劇 瞼の母」の台本打ち合わせを
猪馬ぽん太さんと関遊六さん
一太郎と美でたっぷりしてきました。

信頼できる仲間とひとつの作品について
真剣に楽しく
どうしたらお客様に喜んで頂けるかを
話し合える時間は本当にかけがえのないものです。

写真は打ち合わせの後の
決起会です❗️

ぽん太さんとはいつも呑んでいますが( ^ω^ )
遊六さんとゆっくり呑みながらお話できたのは初めてかも知れません。
お酒を通してさらに深い関係になり、
これから何回かある稽古、
本番に向けて楽しみになってきました。

是非木馬亭のいち・かいで
チームワークの良い節劇をご覧になって下さいませ。

チケットご予約承っております。
一太郎がいつもチケット持ち歩いております。


 ◆令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加公演

 東家一太郎 いち・かい 第9弾 「師から弟子へ~浪曲芸の継承」◆

 

〔日程〕令和2年10月31日(土) 

 

〔開場/開演〕12:00/13:00 (終演予定15:30)

 

〔番組〕

 

 「山の名刀」

 

   節劇「瞼の母」

 

 「義士外伝 腹切魚の別れ」

 

 浪曲      東家一太郎 

 曲師      東家美、伊丹秀敏

 

 司会・節劇出演 猪馬ぽん太

 節劇出演    関遊六

 

 

〔入場料〕 3000円

 ※限定60席

 

〔場所/住所〕

 浅草木馬亭/台東区浅草2-7-5

 つくばエクスプレス「浅草駅」下車徒歩3分

 銀座線・都営浅草線・東武線「浅草駅」下車徒歩8分

 

[チケットのご購入・ご予約・お問い合わせ]
  TEL  090-9298-0391
  FAX  047-494-4891
  メール a1roukyokushi@gmail.com
             (👆 a1の1は数字の1です)
  東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。

 

  丁寧に対応させて頂きます。
0 コメント

2020年

9月

24日

歌舞伎座 引窓 観てきました

久しぶりに歌舞伎座に行って来ました。
行きたい行きたいと思いながらもなかなか行けないもので、一年ぶりくらいです。

中村吉右衛門さんお目当てに
第三部の
双蝶々曲輪日記 引窓
を観てきました。

初めて観るお話で
ネットで分かりやすいあらすじを読んでから臨みました。
母と子の情愛を描いたジーンとする深いお芝居でした。

大坂の相撲取り 濡髪長五郎は殺人を犯し、母お幸の元に別れをしにやって来る。
母は再婚相手の義理の息子与兵衛とその妻お早と暮している。
与兵衛は代官から濡髪を捕らえる任務を与えられていた。
実の息子を助けたい母の想いとその心にほだされて義理の兄を助ける与兵衛。

淡々と話を進めていく尾上菊之助さん演じる与兵衛を挟んで
母お幸の中村東蔵さん、妻お早の中村雀右衛門さんの演技がとても光っていました。
義太夫の太夫の語りと三味線に合わせての役者の台詞のバランスやタイミングが絶妙!という感じがしました。
締めるところをきちっと締めて、気持ち良い気分にさせて下さる吉右衛門さんの芸はやはり凄い‼︎
感動しました。

派手さはない会話中心の劇ですが、
引窓という小道具を使い、人情を写し出すところなど演出が奥深いです。
また母が濡髪長五郎の月代を剃るシーン。
罪を犯した息子の月代を剃刀で剃る母の気持ち、また剃られる息子の情けない申し訳ない気持ち。長五郎の頬骨にある大きなほくろを、元の亭主の形見と、剃り落とせないお幸の気持ち。思わずグッと来ました。

10月31日のいちかいで務める
節劇「瞼の母」とは母子の情愛という共通点があり、芝居も含め、とても勉強になりました。
浪曲の芸に生かして参ります。
大好きな吉右衛門さんと大好きな世話物狂言で
贅沢な時間を過ごすことが出来ました。



0 コメント

2020年

9月

23日

にぎわい座写真

横浜にぎわい座前で
写真を撮って頂きました‼️

久々にお会いできるお客様も沢山いらして頂いて、本当に幸せで有り難い会となりました。

芸の上での収穫も大きかったです。
お客様からアドバイスを頂き、自分でも反省して
次回12月26日土の
第6回公演に向けて力強く臨めます‼️

横浜、桜木町はとても素敵な所です。
みなとみらいと野毛、伊勢崎町方面
全然雰囲気が違いますが
独特の土地の匂い、空気感が魅惑的です(^^)
0 コメント

2020年

9月

22日

9/22 横浜にぎわい座うたって語って桜木町第5回御礼

9月22日火祝 秋分の日
横浜にぎわい座 芸能ホールにて
「東家一太郎 うたって語って桜木町」第5回
を開催頂きました。

ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。
今回の会は3月29日の延期公演でした。
半年指折り数えて、
お客様と元気にお会いできましたこと、何より嬉しいです!

番組は

一、「横浜案内2020秋」
一、「ベートーヴェン旅日記」
一、トーク にぎわい座 布目英一館長と
〜仲入り〜
一、野狐三次連続読み 第一話
「観音堂の捨て子」
浪曲 東家一太郎
曲師 東家美

でございました。

「ベートーヴェン旅日記」は
布目英一先生がお書き下さいました左甚五郎伝パロディの作品です。
今年生誕250周年、楽聖・ベートーヴェンの
交響曲第六番「田園」作曲の様子を描いています。
形は浪曲のパロディ作品なのですが、
ベートーヴェンの細やかなエピソードや事実が台本に織り込まれています。
たとえば、
温泉好きなベートーヴェン
散歩で楽想するベートーヴェン
楽曲、楽譜を自ら売るベートーヴェン
ベートーヴェンの仕事っぷり
ベートーヴェンとパトロンの関係
などです。

今回ネタ下ろしでさせて頂きました。
ベートーヴェンと浪曲との意外な関連性も学ばせて頂きました。
ベートーヴェンの事をよく知って、掘り下げれば掘り下げるほど、面白いネタになるように感じました。繰り返し演じて参ります。

布目英一にぎわい座館長に舞台にご出演頂きまして、作品についてご解説頂きました。
布目先生と舞台上でご一緒させて頂けますのもとても光栄で嬉しい時間でした。

仲入り後は
野狐三次連続読みの第一回目
「観音堂の捨て子」
私にとって馴染みの深い浅草、観音様本堂から場面が始まる大好きな作品です。
お客様の温かい拍手と美の三味線に助けて貰いながら務めさせて頂きました。

お客様から素敵なお花も頂戴致しました!

横浜お近くからもご遠方からも沢山のお客様にいらして頂けましたこと、深く感謝申し上げております。

横浜桜木町の地にも段々と親しみが深くなってきまして、土地勘も付いて来ました。
次回は
12月26日土曜日14時開演で
第6回目の公演の機会を頂きました。

野狐三次連続読み 第二話 木ッ端売りと
12月ですので赤穂義士伝の新しい演目
ほか、たっぷりと浪曲を務めます。

チケット発売は11月1日の予定です。
ご予約すでに承っております。
TEL  090-9298-0391
 FAX  047-494-4891
 メール a1roukyokushi@gmail.com
            (👆 a1の1は数字の1です)
 東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
 
チラシも出来次第アップいたします。

毎回、応援して下さるお客様と
にぎわい座スタッフの皆様のお力で
成長させて頂いております。

ベートーヴェンは交響曲第1番の発表を前売りチケット制の自主演奏会という形で行いました。
音楽界に革命を起こしたベートーヴェンの話を知り合いの方から教えて頂いたり、本で読んだりしてとても感銘を受けました。

一つの会を行い、お客様に聴いて頂くということは大変な事という責任感も強く感じております。

至らぬ所ばかりですが、ひとつひとつ真面目に取り組んで参ります。

次回12月26日土曜日
東家一太郎 うたって語って桜木町第6回も
何卒宜しくお願い申し上げます。




0 コメント

2020年

9月

15日

水道橋 お茶の水 市ヶ谷 飯田橋 小旅行

いつも大変お世話になっております北鎌倉にお住まいの写真家
関戸勇さんにナビゲートして頂いて、
水道橋→お茶の水、電車移動して
市ヶ谷→飯田橋
小旅行気分で時間を超えた幸せな散歩をさせて頂きました。

水道橋駅すぐ
関戸さんがいらした岩波映画製作所跡地からスタートし、
すぐ裏のレストラン IKOBUでランチをご馳走になりました。

お店の名物のスタミナは
一見サラダのようですが豚肉と玉ねぎ炒めがたっぷりと入っていて中にはキャベツの千切りも入っています。混ぜて食べます。キャベツとの組み合わせはしょうが焼きのようでもあり、とにかく初めて食べる食感でした。私的には特にキュウリが冷やし中華のように清涼感があり、温かい豚肉炒めとの相性抜群でした。ライスの上に昆布の佃煮をのせて、スタミナと一緒に食べると特に最高の味でした。
日替わりでランチメニューも変わるようです。また行ってみます。
お店は2階が客席で自分が子供の頃の30数年前のような懐かしい雰囲気でとても居心地が良かったです。

その後、
お茶の水、サッカー通りの辺りにあります
アートギャラリー884
関戸さんのご友人のギャラリーを訪れました。
温かくお迎え頂きまして、お茶とお菓子もご馳走になり、色々とお話を伺って、絵画や彫刻の作品を拝見しました。
アートを見て、普段とは違う感性を吸収しリフレッシュ出来ました。
心落ち着き安らぐ素敵なギャラリーです❗️

電車で市ヶ谷まで移動して
関戸さんの事務所があったというマンションの一階のカレー屋さん ノールドクダンで
ビールを酢キャベツ、ラッキョをおつまみに飲んで、
最後にビーフカレーを戴きました。
マスターが素敵な楽しい方で、お店の雰囲気も昔のテレビドラマに出てきそうで、初めて行った気がしない、とても懐かしいお店です。
私の実家が以前喫茶店をしていたのですが、その店にいるような不思議な感覚でした。
カレーはとてもとても濃厚でビーフの旨味が詰まっているソースのようで、これまた初めての味であり、また食べたくなる味です。
メニューに野菜カレーやヒレカツカレーもありましたので違うカレーも食べてみたいです。
外堀端にあり、お花見の時期は特に毎年お忙しいようですが、今年はコロナの影響でお店も大変というお話を伺いました。
付近に法政大学があり、学生さんも先生方も常連さんだそうですが、大学もコロナの影響で通常の授業がないですから、お店はたまったものじゃないですね。
こう書いている内にもまたノールドクダンのカレーが食べたくなってきました(o^^o)

沢山歩いて
関戸さんと沢山お話しができて
新しい出会いをさせて頂きました。
東京の町をじっくり歩くのも楽しいです。
江戸時代からの歴史を感じることもでき、
浪曲の勉強にもなりました。


0 コメント

2020年

9月

14日

夕立勘五郎 飯田町 中坂下

夕立勘五郎の元締稼業、伊賀屋があったという飯田町中坂下(なかざかした)
中坂周辺を散策しました。
九段北一丁目交差点あたりです。
今はもちろん、江戸時代も盛り場だったのだろうなという雰囲気がします。
中坂は結構な傾斜の坂でした。
少し登ると築土神社という神社がビルとビルの間にありました。
絵馬に繋ぎ馬が描かれていて
夕立という暴れ馬をやっつけたことから夕立と仇名のついた勘五郎と
勝手に関連付けてニヤリと嬉しい気持ちになりました。
狛犬もマスクをしていましたよ。
0 コメント

2020年

9月

13日

9/13赤坂で浪曲夕立勘五郎第1回御礼

9月13日日曜日
赤坂で浪曲
東家一太郎 夕立勘五郎連続読み第一回
浪曲務めさせて頂きました。

今回の全四回の会は
赤坂で浪曲主催の西岡さんが
コロナ対策バッチリに
25名様限定ということで
早々にお申し込み完売頂きました。

お申し込み、ご来場下さいましたお客様
誠に有難うございました。

「夕立勘五郎」は大師匠東家楽浦の十八番の演目で正直私にはまだまだ演るのは早いと思っておりましたが、
主催の西岡さんのお言葉で
赤坂で浪曲でさせて頂ける運びになりました。

西岡さんと
お客様に大感謝しております。

私一人で二席浪曲覚えて稽古して、美の三味線と合わせて稽古しただけでは、浪曲になりません。
席亭が会場と会をご用意下さって
お客様の前で、聞いて見て頂いて
お客様と一体になってはじめて作品を作り上げることができるということを
今回学ばせて頂きました。

三味線と声と呼吸で一緒に浪曲を作ってくれる美と
前読みの浪曲プラス楽屋でもいい雰囲気を作って下さった三可子さんに感謝しております。

二席目終わった後に
楽浦師匠への感謝の念が込み上げて来ました。
そして浪曲との縁の源、師匠浦太郎へのご恩、お稽古して下さった伊丹秀敏師匠への感謝の念が湧いて吹き出しております。

演じてみてさらに
この夕立勘五郎という演目は素晴らしい演目ということに気付きました。
笑いと涙と感動と浪曲の全てが詰まっています。
野狐三次とはまた違った作風で
新しい形を学ばせて頂いております。

あと3回、6席のネタ下ろし、
皆様のご期待を力にして
しっかりと分かりやすく物語と登場人物、義理人情の心と心理を描いて参ります。

また今回ネタ下ろしした二席は
他の舞台でも掛けて
練り上げて参りますので
いらっしゃれなかったお客様にもお聴き頂けますよう努めます。

第一回目誠に有難うございました。

番組

東家三可子 円蔵恋慕唄 美

主催西岡さんと一太郎トークタイム

一太郎 夕立勘五郎解説①

東家一太郎 世直し初暦 美

仲入り

一太郎 夕立勘五郎解説②

東家一太郎 花屋金兵衛の衷心〜勘五郎眉間割り 美

記念撮影タイム

曲師 東家美

0 コメント