東家一太郎 ブログ

メニューの「ブログ一太郎一日一節」の下に、

「2020年12月」という様に、月毎のブログが表示されています。

クリックして過去のブログもご覧下さいませ。


深川江戸資料館 御礼

7月24日土曜日
江東区深川江戸資料館の
常設展示の
深川の江戸の町並みの中で浪曲を務めさせて頂きました。

ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。

火の見櫓の下、
蕎麦の屋台を後ろに
東家一太郎&東家美

「魚づくし」
「小田原情け相撲」
の二席を務めました。

いつもいらして下さるお客様、
はじめて浪曲を聴くというお客様、
半々ぐらいで、
皆様、拍手で盛り上げて下さいまして、
江戸の町並みの中に
私たちもお客様も溶け込んでいる感覚、
とても楽しい時間でした。

小さいお子様や
毎年深川江戸資料館での伝統芸能公開を楽しみにして下さるお客様に
浪曲をお聞き頂けますのが、
このイベントの嬉しいところです。

声も三味線の音も
広い館内に響き渡って、
とても気持ち良いです。

毎年お声がけ下さいます
深川江戸資料館とのご縁に
心から感謝申し上げております。

昨年は
収録配信で、それもまた楽しかったですが、
やはり、生の舞台で、お客様と交流できますのは最高です!

写真は
棒手振りの政助さんの家。
深川ですので
アサリやシジミを売り歩いている
政助さんとのことです(o^^o)

館内入口には
江東区にゆかりの深い
名横綱、大鵬関の
コーナーもあります。
0 コメント

深川江戸資料館伝統芸能公開 浪曲 2021年7月24日

7月24日(土)
14時から14時30分くらいまで 
江東区深川江戸資料館
常設展示室 火の見櫓前で
東家一太郎、曲師東家美
伝統芸能公開「浪曲」イベント!

今年は生で!
お聴き頂けます!

常設展示室観覧料(大人400円、小中学生50円)
でご覧頂けます。

申込不要、直接会場、
(^。^)江戸時代の深川の町にお越し下さい‼️

最寄駅は清澄白河駅です。

江戸時代の深川の町並みで
浪曲が聴ける、毎年お声がけ頂いていますイベントです!


0 コメント

四連休、ラジオと深川と多摩

四連休ですね!
NHKFM浪曲十八番 
東家一太郎 曲師 東家美
「魚づくし~阿漕ケ浦」
野口甫堂作
明日7月22日(木) 朝11:50配信終了で
NHKらじるらじるで聴き逃し配信があります。もちろん無料です(^^)
スマホやパソコンで聴けますので、まだの方は聴いてみて下さいませ

↓のアドレスから聴けます


7月24日(土)は
14時から14時30分くらいまで
清澄白河駅近くの
江東区深川江戸資料館にて
浪曲の「伝統芸能公開」
東家一太郎と美、
火の見櫓の前で浪曲を務めさせて頂きます。
深川江戸資料館の入館料のみでご覧頂けます。
江戸時代の深川の町並みで
浪曲が聴ける、毎年お声がけ頂いていますイベントです!

25日(日)は
多摩の日蓮宗のお寺、
大乗寺様の
施餓鬼会供養で
浪曲を務めさせて頂きます。

本当に有り難い
ウィークです❗️
0 コメント

師との巡り合い

今日は稽古の日でした。

ふと思ったことがあります。

私の師匠、二代目東家浦太郎
そして
美の師匠、伊丹秀敏師匠。

このお二人に浪曲を教えて頂いているということは凄いことです。

何々賞とか受勲とか、世間の芸の評価というものは色々あります。

私はまだ不勉強ですが、
色々な芸が好きで見聞きしてきて、
浪曲の世界で何年か活動させて頂いてきて、
浦太郎師匠と秀敏師匠がいかに凄い芸人であり音楽家であるかがよく分かります。

超一流の方、お二人を師匠として教えて頂いて、近くで学ばせて頂いていることに
もっと自信を持っていい。
そしてそれを生かしてさらに道を進んで行かなくてはいけないと心にメモリました。

0 コメント

北鎌倉 ひ路花で 今夏初かき氷

北鎌倉で
ちょっと早い夏休みを満喫しました!

緑の洞門見守りの後に
「ひ路花」というお店で
鎌倉野菜と鴨肉ハムの冷やしつけうどん、
あずき抹茶のかき氷をご馳走頂きました!

鎌倉野菜をつけ汁につけて、鎌倉ハムの鴨肉もうどんも美味しかったです!

そして、
今年夏初のかき氷(*^ω^*)

お店のママさん自家製のあずきがたっぷり。
甘さ控えめ、豆の自然な旨みが味わえて、
氷と絶妙なマッチング。

身体を冷やして、お店を出ると
お庭の草花と日差しが迎えてくれます。
この気持ち良さは最高です!

ワインでほろ酔いの
関戸勇さんとツーショット。

北鎌倉にお住まいの写真家
関戸勇さんは私にとって人生の師匠のお一人です。
0 コメント

北鎌倉 緑の洞門見守り

7月18日日曜日
北鎌倉
緑の洞門の見守りに行って来ました。

北鎌倉駅前の
緑の洞門といわれるトンネルが7年間封鎖され続けています。
洞門の景観をそのままに保存、安全に通れるように、
北鎌倉緑の洞門を守る会の皆さんが
毎週土日祝日の午前中に集まり、
洞門の前の私有地で
北鎌倉駅のホームからフェンス越しに興味を持たれる方に説明をされています。
毎週毎週、7年間大変なことです!

ある女性は実家が北鎌倉にあるそうで、
ホームに降りて見たら、
昔から見慣れたトンネルが封鎖されているので
驚かれていました。

ランニングやサイクリングで通行できると思い、
洞門前まで来て、引き返す方も短時間で2、3名いました。

今まで生活の中で普通に通行していた自然のトンネルが、通れないこと。
これは北鎌倉に住んでいる方、
通学通勤している方にとってはかなり大きな問題、
と改めて思いました。

交通量のとても多い表通りへ迂回しなくてはいけない。
交通事故の危険もはらんでいます。

北鎌倉はハイキング客も多く
お寺めぐりや自然を楽しむ観光客も沢山います。

岩塊を削ってできた北鎌倉駅ホーム横の緑のトンネルを通る。
日常や観光のほんの一瞬、
その喜びや幸せが生きる上でとても大事ということを
コロナ禍を通して、私はさらに学びました。

緑の洞門と知り合って私も丸7年になります。
実はその時、緑の洞門にはフェンスが立っていて、まだ通ったことはありません。
その存在感は何度も何度も肌で感じていますが、
フェンス越しにちらりと見る、
写真で見る、
話に聞くだけです。

自然の景観を保存したまま、安全な通行再開に向けて
新たに走り出して欲しいと願っております!

守る会の皆さん、
麦わら帽子とサングラスで
ダンディな人生の先輩方。

会長の
鈴木一道さんが
「東家一太郎 美 今ここに!」
と書いた看板を書いて
さりげなく持っていて下さいました( ^ω^ )
お気遣いが本当に嬉しかったです(o^^o)

0 コメント

第35回努力会御礼

東家一太郎努力会第35回
開催させて頂きました(o^^o)

猛暑の中、
東武練馬三凱亭までいらして下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

一、怪談浪曲 小夜衣草紙

一、恩讐藤戸渡り

東家一太郎
曲師 東家美

務めさせて頂きました。

次回の
努力会第36回は
9月12日日曜日
15時開演です。

またのご来場をお待ち申し上げております。

0 コメント

明日は三凱亭努力会です

明日7/17土曜日
15時開演
東武練馬三凱亭にて
東家一太郎努力会がございます。
ご来場お待ち申し上げております。
終演後の懇親会は今回も緊急事態宣言下なのでございませんが、
努力会はございますので宜しくお願い致します)^o^(
浪曲二席、
東家美の三味線で務めます‼️


◆ 東家一太郎 努力会  第35回 ◆

〔日程〕令和3年7月17日(土) 

〔開場/開演〕14:30/15:00 (終演予定16:30)

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美

   東武練馬お近くの皆様、浪曲好きの皆様、お気軽に遊びにいらして下さいね。
 ふらっと入って楽しんで頂ける温かい会を目指しています。 

〔入場料〕 1500円
 
〔場所/住所〕徳丸 三凱亭(みよしてい)
    /板橋区徳丸3-3-11 三凱ビル地階
 ホームページ http://www.miyoshitei.net/
 東武東上線 東武練馬駅より徒歩5分
 (東武練馬駅までは池袋駅より「各駅停車 成増 志木行」で15分で着きます) 

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。

三凱亭は
マイクも要らず、
舞台の上から高座ながらも
お客様お一人お一人のお顔を拝することができる
かけがえのない会場です。

ハコ(会場)に付いている
と仰っていたお客様もいらっしゃいました。
三凱亭の会場とお客様の雰囲気、席亭のお人柄、終演後の懇親会など
三凱亭の魅力に惹かれていらして下さっているお客様も沢山いらっしゃいます。

この会を出来る限りずっと続けて行けるように、
浪曲に打ち込んで参ります。
0 コメント

NHKFM浪曲十八番御礼

NHKFM 「浪曲十八番」
東家一太郎口演 曲師 東家美 「魚づくし~阿漕ヶ浦」
オンエアになりました。
お聴きくださいました皆様、誠に有難うございました。

聴き逃し配信で
7月22日(木)11時頃まで
インターネットやスマホからお聴き頂けます。

アドレスはこちらです↓
https://t.co/Egm0V7BhHi

ラジオ放送頂く度に、
放送はとても大変なことだと思います。

30分間
声と三味線だけ流れるのですから
その失敗できない恐ろしさに驚きます。

生の舞台も同じですが
毎回最善を尽くして参ります。

0 コメント

けんさん会第4回御礼

7月14日水曜日
第4回けんさん会
ご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

気を抜くとふらっとするような暑さの中
お客様に会場へ足を運んで頂けますことが
本当に有難いことです。
舞台を心して、最善を尽くして
お客様にお楽しみ頂けますように務めなければいけないことを痛感いたしました。

第4回 けんさん会

一、ご挨拶    一同
一、沼津の秋太郎 三可子/美
一、村井長庵
  おとせ殺し  梅湯
仲入り
一、富士詣り   小はぜ
一、小田原情相撲 一太郎/美

次回
第五回目は
10月11日(月)
13時開演
お江戸日本橋亭で行います。

今後とも
けんさん会
を宜しくお願い申し上げます!
0 コメント

明日7/14水 13時開演 日本橋亭でけんさん会です


明日
7月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
第4回「けんさん会」
がございます!

お席まだございます!
お時間宜しいお客様いらっしゃいましたら
日本橋亭に遊びにいらして下さいませ。

浪曲: 東家一太郎 曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番:東家三可子

当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 

けんさん会4回目となり、
心の余裕も出て来ました(^^)
梅湯さん、小はぜさん、一太郎・美
講談、落語、浪曲
そろそろ、それぞれの芸が共鳴し合うのではないかと
楽しみです!

けんさん会の応援を宜しくお願い申し上げます。

けんさん会オリジナル手拭いは
会の当日、受付で1枚2000円で販売致します。
残り少なくなりました。お早めにお買い求め下さい!

また、
けんさん会オリジナルグッズ新作発表??
があるらしいです!(梅湯さん情報^o^)

「けんさん会」とは
浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。
令和2年10月14日の旗揚げ記念興行から始まり、年に3~4回づつ継続して行います。


明日の稽古も終わりました。

それにしても今日は蒸し暑い一日でした。

花や虫や植物にとっては最高の陽気でしょうね(^^)

今日ははじめて
ZOOM会議なるものに参加しました。
できるかどうかビクビクでしたが、
iPadで普通に出来て安心しました(^。^)
0 コメント

7/15(木)11:20〜 NHKFM 浪曲十八番 東家一太郎口演 曲師 東家美「魚づくし~阿漕ヶ浦」オンエア

いよいよ今週オンエアになります。
7月15日(木)11時20分~50分
NHKFM 「浪曲十八番」にて
東家一太郎口演 曲師 東家美 「魚づくし~阿漕ヶ浦」放送です。

※ 聴き逃し配信があります!インターネットやスマホから放送終了後1週間お聴き頂けます。
  NHKネットラジオ らじる★らじる アドレスは http://www3.nhk.or.jp/netradio/

八代将軍徳川吉宗と大岡越前の若き日の出会いの話
「暴れん坊将軍」と「大岡越前」
二大時代劇の第一話と言ってもいい内容です(o^^o)

魚づくしは言葉遊び。
浪曲、浪花節の先祖の一つ
阿呆陀羅経という大道芸には
〇〇づくしというジャンルなあります。
魚づくしは魚が沢山出て来ます。
ペンネーム野口甫堂こと大師匠東家楽浦が書き残した原稿をまとめて、節を付けました。

夏らしく、海、魚の話でまとめました。
是非お聴き頂けましたら幸いでございます!
0 コメント

日曜日の朝

日曜の朝、水鳥もそれぞれに距離を取って寛いでました(o^^o)

まる一日、
ゆっくりと函館公演の整理、資料を読んで過ごしました。

何日間もの函館の旅から帰ってすぐ木馬亭定席が始まったので
ずっと頭の中が整理できずモヤモヤしていましたので
スッキリと有意義な一日でした。
0 コメント

木馬亭50周年記念冊子読了、凌天さん、けんさん会

7月7日の木馬亭浪曲定席に初出演された
講談協会の田辺凌天さんと東家美です!
凌天さんは以前木馬亭に通っていらしたので、
二つ目になられてご出演頂けて私も感激一入でした。
嬉しいご縁です😊

凌天さんと同じく浪曲がお好きで木馬亭に通って下さっていたという講談の宝井梅湯さん。
木馬亭50周年記念冊子もご購入頂いたそうです。

その梅湯さんと
落語の柳家小はぜさん
東家一太郎・美との会
「けんさん会」第4回
7月14日(水)13時お江戸日本橋亭で開催です。
ご予約、ご来場お待ち申し上げております!
前読みは東家三可子さんです。

木馬亭50周年記念冊子
「浪曲定席木馬亭」
熟、読了しました。

師匠方のインタビューからそれぞれ勉強させて頂き、
先輩方の尊さを感じました。
木馬亭における東家浦若師匠の存在感が凄い!
浦若師匠は楽浦師匠のご長男。
お会いしたことはありませんが、芸の上で、私からすると叔父さんになります。

布目先生の解説も贅沢な内容です!

メモを取り、一つ一つを今後の活動の参考にして参ります。

師匠浦太郎のインタビューを読み返してみて、
今現在も浪曲と戦い続ける、その姿勢に憧れます。
0 コメント

生まれ故郷 百人町

所用で久々に故郷の新大久保を通りました。 

しばらく行かないうちに
新宿駅周辺も
新大久保の駅も様変わりしてしまいました。
山手線ガード横に職安通りから大久保通りまで道が出来ていて驚きました!

西武新宿のアメリカンブルバードなど変わっていないお店や光景もあり、ホッとひと安心。

元実家の前の
ランドセルを背負って歩いた道は三十数年経っても変わらずそのままで、
故郷はやはり故郷だなぁと思いました。

でも、土があるのはここだけかも…
0 コメント

明日7/4は木馬亭根岸浜吉・京子席亭追悼浪曲大会です

明日7月4日日曜日の
木馬亭浪曲定席企画公演は
木馬亭根岸浜吉・京子席亭ご夫妻を追悼する浪曲大会です。

明治から続く浪曲の歴史の中で
50年続いた寄席というのは
もちろん木馬亭だけです。

浪曲と木馬亭は切っても切れない有難いご縁。

そのご縁をずっと続けて下さったのが
根岸浜吉・京子ご夫妻です。

そのご恩は関東の浪曲人にとって
とても深いものです。

木馬亭あればこそ浪曲と出会うことができ、
大好きな浪曲と木馬亭の空間で修行することができ、
今も毎月その檜舞台に立って、お客様の前で浪曲を務めることが出来ています。

東家一太郎・美は
「浅草案内〜木馬亭五十年の軌跡」
務めさせて頂きます。

ご来場心よりお待ち申し上げております。
0 コメント

木馬亭50周年に師匠浦太郎復帰の快挙

木馬亭50周年
2021年7月3日土曜日
浪曲定席木馬亭は
東家浦太郎一門会の企画公演。

木馬亭の50周年に
およそ2年ぶりに
師匠二代目東家浦太郎が復帰しました!

ご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

昭和45年5月1日
木馬亭浪曲定席が始まった日
東家浦清は
昼に「雷電小田原相撲」
夜に「山の名刀」
で番組のトップを務めました。
その年の11月に
太田英夫と改名。
その後、若手のトップランナーとして看板に。
平成7年に二代目東家浦太郎を襲名。
浪曲界の大看板として、浪曲ファンに愛され続けて来た師匠。
令和3年7月3日、舞台復帰の演目は
「山の名刀」
伊丹秀敏師匠の名三味線で
常に進化し続ける、浪曲への執念を見せて下さいました。

今日の師匠の声節を聴いていて
メロウという言葉が思い浮かんで来ました。

ものごとが円熟したさまを表す。人柄や、音楽では柔らく豊かな楽曲を指す

という意味だそうです。

甘い香りのする声。

このまま終わらなくていい!

木馬亭で、
師匠の浪曲の中にずっと居たいような
危険な(o^^o)感覚に囚われました)^o^(

声と節の魔力とでも申しましょうか。
浦太郎ラビリンスの虜になっていました。

長年コンビを組んでいらした
秀敏師匠の三味線あればこそ
このような芸ができるのだとも思います。

浪曲は本当に奥深い。
師匠と同じ道のりを歩んで行きたいです。

師匠から学ばなくはいけない所を具体的にいくつか発見出来、
収穫でした。

帰りは
師匠と女将さんと一緒に帰りました。
つい先月も一緒に木馬亭から帰った、そんな錯覚になりました。
2年の時を経ても、昔と何も変わらない。
今日、師匠の浪曲が聴けて、

師匠の笑顔が見れて本当に良かったです‼️
やっぱりまた聴きたくなる声と節❗️
常に進化し続ける、
師匠は偉大です。

0 コメント

明日は木馬亭、師匠浦太郎が戻って来ます!

昨日は師匠のお宅へ、
三味線持ってお稽古に行って来ました。
師匠にいくつか節をやって声を出して頂いて、私が拙い三味線で弾いて、間近で師匠の浪曲を見れて幸せでした。
師匠としか話せない、浪曲の話も出来て、
浦太郎の弟子で本当に良かった!
と思いました。

明日はいよいよ
東家浦太郎が浅草木馬亭に戻って来ます!
色々重なって延びましたが、ついに実現します!

師匠に最高の浪曲をして頂いて、
最高の一日にしたいと思います!
弟子の務めを果たします。

皆様、お気を付けて木馬亭へお越し下さいませ。

お客様の並びの状況によって入場券と開場整理券を配布し、定員になり次第配布を終了するそうです。
0 コメント

浜乃一舟師匠 曲師 東家美 浪曲十八番ラジオオンエア

NHKFM浪曲十八番
浜乃一舟師匠のラジオが放送になりました。

NHKホームページには

出演は、名人曲師・伊丹秀敏としての活躍で知られる浜乃一舟さん。浪曲師としては久々の出演です。演目は「三日の娑婆」。曲師は愛弟子・東家美さん。 

と書いてあります。

11時20分からオンタイムで聴きました!

秀敏師匠と美の師弟ならではの息遣い、信頼関係が
声と三味線から滲み出て、素晴らしい録音でした。

最後の雲月バラシで最高潮に達する、浪曲の極みです!
是非お聴き下さいませ。

浪曲十八番 【聴き逃し】1週間
NHKラジオ らじる★らじる
で聴けます。
0 コメント

函館から出港

函館の皆様に沢山お世話になりまして、
函館の旅は大成功!

無事、函館港から出港。

青森港へとフェリー🛳は着きました。
0 コメント

函館ギャラリー①

函館で浪曲会が終わった次の日は
いつも応援して下さる齋藤邦雄さんに案内して頂きまして函館周辺の観光❣️

何回かに分けてアップさせて頂きます!

いくら丼❗️ 

きじひき高原から臨む函館山と駒ヶ岳❗️

山川牧場のソフトクリーム❗️仔牛❗️

大沼公園❗️
0 コメント

函館蔦屋書店と千代台青年センターにて浪曲会御礼

6/26土曜日
13時から
函館蔦屋書店での浪曲会
2階イベントスペースにお集まり下さいましたお客様、
誠に有難うございました!

一、浪曲プチ講座
一、安兵衛道場破り
一、五稜郭始末記

を務めさせて頂きました。

18時からは
千代台にある函館市青年センター体育館での浪曲会。
こちらも夜にもかかわらず沢山のお客様にいらして下さぃした。
心より御礼申し上げます。
今回も一昨年の中島れんばいでの公演に続いて、
この会の為に大きな看板を作って頂きました。

番組は
一、浪曲プチ講座
一、魚づくし
一、ゲスト 荒到夢形先生
  講談「中島三郎助伝」
一、野狐三次 木ッ端売り
〜仲入り〜
一、五稜郭始末記
浪曲 東家一太郎
曲師 東家美
でした。

函館の皆様にとっては特に思い入れの深い
箱館戦争の話を務めさせて頂きまして
皆さんの想いが伝わって来ました。

嬉しい出会い
感動の出会い
が沢山ございました!

また新たな函館でのご縁を広げて行きたいと強く願っております。
函館の皆様と風土と歴史を愛してもっと勉強して参ります。

色々な方にお世話になりまして
実現しました公演です。
本当に有難うございます。
0 コメント

函館新聞、読売新聞にお取り上げ頂きました

函館新聞、読売新聞 函館
に昨日の碧血碑前祭
浪曲の様子も記事に取り上げて頂きました。
函館朝市でいくら丼とイカ
美味しかったです!
0 コメント

碧血碑前祭

2021年6月25日
函館碧血碑前での慰霊祭。
浪曲「五稜郭始末記」奉納させて頂きました。
写真は日蓮宗実行寺ご上人様の法要の様子です。
浪曲を務めている写真は、
新聞社の方々が取材されていたので
もしかしたら記事でご覧頂けるかも、です。

碧血碑に供養されている816人の旧幕府軍の方々に向かっての浪曲。
参列者の方々は傍らで聴いて下さっていました。
初めての、本当に有難い体験でした。
とても不思議なことでもあります。
どこかで縁が繋がって、繋がって、
この場に居させて頂けているのだなと思いました。
今日の日を忘れずに語り続けて参ります。

函館碧血会にも入会させて頂きました。
しかも箱館戦争が終結したという6月25日に。

「五稜郭始末記」
脚本は函館ご出身の
邦楽研究家で浪曲台本も何作か書かれている笹井邦平先生です。

侠客柳川熊吉が旧幕府軍の戦死者を埋葬する、
人の情けと平和を描いた素晴らしい浪曲台本です。

稽古しながら何回も涙で嗚咽しました。

自分で稽古しながら泣いているのですから変ですが(^。^)
何ヵ所も情の奥深くに入り込む所がある作品で、
これぞ!浪曲の醍醐味です!!

歴史にも忠実に描かれています。
新作台本として非常に素晴らしい作品です。
師匠二代目東家浦太郎が
伊丹秀敏師匠の三味線と共に作り上げた
浦太郎十八番の一つと思います。

明日6/26(土)は公開公演2ヶ所でさせて頂きます。

13〜14時まで
函館蔦屋書店2階ステージにて
「東家一太郎・東家美 浪曲の世界」というタイトルで浪曲会を開催頂きます。
「五稜郭始末記」ほか、1時間浪曲務めます。
定員30名様、先着順です。
はじめて浪曲を聴くという方も楽しめます♪音楽や芸能の一つのジャンルです

また
18時開演
千代台の函館市青年センター体育館でも開催頂きます!
千代台と書いて、チヨガダイと読むそうです。
こちらはお客様沢山入ります!
是非函館の方に一度、生で浪曲を聴いてみて頂きたいです
三味線と節を身体全体で楽しめて、話の映像が浮かんで、笑って泣いて感動できる、スゴい音楽+芸能
函館のお客様とのご縁を楽しみにしております‼

浪曲を生で聴いたことがない方が
ほとんどだと思いますので
本当に騙されたと思って聴いて頂きたいです。

自分が浪曲師だからという訳ではなく(o^^o)
浪曲は本当に本当に素晴らしい芸能です。

聴かないのは勿体ない。
一生懸命に務めます!
0 コメント

はるばる来たぜ函館へ

明日明後日の函館での浪曲公演に向けて
青森港からフェリーで

は〜るばる来たぜ
函館へ〜‼️

函館市、北斗市の
今回の公演をお世話して下さっている皆様、
有難うございます‼️

フェリー🛳で4時間
本州と北海道は遠いのですね。

フェリーで食べるカップそばの味は格別です。
そば食べてる私の上の絵は
函館の八幡坂だと思います。

函館山。
ここから見下ろす夜景が
百万ドルの夜景です。

まだ見た事がないので今回は是非見てみたいです。
0 コメント

人生は腹八分目

人生は腹八分目
と最近考えています。

浪曲も100%全力でやって
本人は頑張っているつもりでも
お客様は聞き苦しいかも知れません。

色々と考えてやらなければならないことがあるからこそ、20%の余裕、ゆとりを持つ。
その20%が芸に繋がるのではないかなと思えて来ました。

日々の生活もゆとりを持って、
大事なこと、浪曲の舞台に集中する為の準備が大切と思っています。

スズメを激写しました(^^)
すばしっこくてなかなか写真に収まってくれません。
0 コメント

函館スケジュール計画

今日は、
来週の函館公演のスケジュールを立てていましたら
アッという間に時が経ちました。

送って頂いた先日の函館新聞の記事。
浪曲会の記事の隣りに
函館碧血会事務局長木村裕俊様の記事があり、
碧血碑慰霊祭の写真があります。
改めて写真で見て、碑前で浪曲を務めさせて頂けるかと思いますと、
魂を込めて務めなければと緊張感が満ちて来ました。

収穫の多い、函館の旅にして参ります。
0 コメント

6/13雷門会御礼

6月13日日曜日
14:30開演で
「東家一太郎雷門会シーズン8」
半年ぶりに開かせて頂きました。

急遽開催にもかかわらず、
ご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。
心より御礼申し上げます。

広々とした和室で
お客様お一人お一人のお顔を拝見しながら
浪曲をさせて頂けまして、
幸せな1時間30分でした。
雷門会、復活‼️
という感じがしました。

「神田松」曲師 馬越ノリ子
「夕立勘五郎〜さんばら辰駆け付け」曲師 東家美

浪曲の三味線はいいなぁと感じながら、舞台を務めておりました。
浪曲は二人でやる芸。物語を浪曲師と曲師お互いが節と三味線で描いて行き、それが合わさって行く楽しさがあります。

「神田松」も「さんばら辰」も
昔からある寄席の香りのする作品です。
お客様の笑い声や表情や反応を間近で感じられまして、
本当に勉強になりました。
稽古百遍と云われますが、
どちらもこれから練って練って自分の浪曲にして参ります。

次回は8月に雷門会
開催致します。
日程は緊急事態宣言の様子を見て決めるつもりです。
またご案内させて頂きます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
0 コメント

6/13日曜14:30〜東家一太郎雷門会

明後日
6月13日(日)14時30分開演から
「東家一太郎雷門会シーズン8」開催します!

会場は台東区生涯学習センター4階和室さくらです。


お席まだございます。ご予約承っております。ご都合宜しい方は遊びにいらして頂けましたら幸いでございます。


いつも夜開催でしたが、今回は日曜昼の会となります。


浪曲二席

東家一太郎、曲師東家美、馬越ノリ子
お客様と広々とした和室でゆったり。
浪曲を通して交流させて頂きたいです。

暑い日が続いておりますが、皆様お身体ご大切になさって下さいませ。


◆ 東家一太郎 雷門会  シーズン8 ◆

6月13日(日)14時30分開演で
急遽開催が決まりました。
13日日曜日昼ですのでお間違えなく❗️

雷門会は台東区生涯学習センター 4階和室さくら
に会場を移してから、緊急事態宣言の為、2回中止になってしまいました。
今回は何としても継続を‼️
曜日と時間を変えまして行います❗️
急に決まった日時ですが、
ご都合宜しければ是非ご来場宜しくお願い申し上げます。

限定21席です。
ご予約頂けましたら幸いでございます。
どうぞお気軽にお越し下さいませ。
お会いできますのを心待ちにしております!

〔日程〕令和3年6月13日(日) 

〔開場/開演〕14:00/14:30 

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 
    曲師 馬越ノリ子、東家美

〔入場料〕 1000円
 
〔場所/住所〕
  台東区生涯学習センター 4階和室さくら
(台東区立図書館のある建物です)
  台東区西浅草3-25-16
  つくばエクスプレス線「浅草駅」A2出口 徒歩約8分

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
       (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。


0 コメント

てんとう虫

外を歩いていたらてんとう虫がヒュッと服に飛び付いて来ました。
3分くらいの嬉しい交流でした(o^^o)
0 コメント

4つのお知らせ 出演情報更新しました!

明日は

浅草木馬亭、浪曲定席に出演致します。


6月7月8月以降の出演情報を更新しました。それぞれクリックしますと公演情報に移動します。是非ご覧下さいませ。


そして

4つ、注目頂きたいお知らせです‼️


①6月13日(日)14時30分開演から「東家一太郎雷門会シーズン8」を急遽開催します!

 会場は台東区生涯学習センター4階和室さくらです。いつも夜開催でしたが、今回は日曜昼となります。

 限定21席、まだお席沢山ございます。ご予約承っております。ご都合宜しい方は遊びにいらして頂けましたら幸いでございます。

 

②6月25日に北海道函館市にある戊辰戦争の旧幕府軍慰霊碑、碧血碑の碑前で

 浪曲「五稜郭始末記」を務めさせて頂く機会を頂きました。

 それに伴い、6月26日(土)13時開演 函館蔦屋書店2階ステージで、

 6月26日(土)18時開演 函館市青年センター体育館で浪曲会を開催頂きます。

 お知り合いやご親戚にもし函館近辺にお住まいの方がいらっしゃいましたらお知らせ頂けましたら幸いでございます。

 両公演とも入場無料です。(蔦屋書店の会は投げ銭大歓迎です)

 

③7月15日(木)11時20分~50分  NHKFM 「浪曲十八番」にて

 東家一太郎口演 曲師 東家美 「魚づくし~阿漕ヶ浦」がオンエアになります。

 また、7月1日(木)11時20分~50分は美の師匠伊丹秀敏こと浜乃一舟師匠のオンエアです。

 曲師は美です。師匠と弟子の息の合った素晴らしい録音となりました。

 是非、両方ともお聴き頂けましたら幸いでございます。

 ※ 聴き逃し配信があります!インターネットやスマホから放送終了後1週間お聴き頂けます。

  NHKネットラジオ らじる★らじる アドレスは http://www3.nhk.or.jp/netradio/

 

④先日オンライン配信で開催されました「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」

 再編集され、アーカイブとしてYouTube上にて公開されています。

 ↓のアドレスからご覧になれます。

 https://youtu.be/UTUgKjaal7A

 初めから2時間50分くらいの所から始まります。東家一太郎、曲師東家美「野狐三次 木ッ端売り」を務めました。



皆様とのご縁を楽しみにしております!

0 コメント

木馬亭定席6月4日御礼

木馬亭定席6月4日金曜日
出演させて頂きました。
雨の一日にもかかわらず
ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました。

一太郎は
「魚づくし」と「阿漕ヶ浦」を
東家美の三味線で務めました。

美は
東家三可子さんの「双葉山」と
浜乃一舟師匠の「悲恋静」
も弾きました。

講談 田辺いちかさんと久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
「応挙の幽霊画」をやっていらっしゃいました。

一舟師匠、一太郎、いちかさんと
続きまして
1・1・1
の日でした(o^^o)

6月6日も木馬亭定席出演させて頂きます。
ご来場お待ち申し上げております。
0 コメント

明日は1ヶ月ぶりに木馬亭定席出演です

6月木馬亭定席

明日4日(金)と6日(日)

に東家一太郎、美は出演します。 

12時15分開演です。 

4日は14時05分頃、

6日は12時55分頃の出演です。


5月は浪曲定席中止でしたので

1ヶ月ぶりの木馬亭の舞台です。


思えば13年ほど毎月木馬亭の舞台に立たせて頂いて来た訳ですから、

1ヶ月空くというのは変な感覚です(o^^o)


お客様と浪曲を介して心が通じ合った対話ができますのを楽しみに務めます‼️


お気を付けてお越し下さいませ。


出演メンバーは以下です。


4日(金)

東家三可子(美)・東家恭太郎(金魚)・澤雪絵(貴美江)・浜乃一舟(美)

仲入り

東家一太郎(美)・講談:田辺いちか・鳳舞衣子(貴美江)・三門柳(秀敏)



6日(日)

東家志乃ぶ(美)・港家小ゆき(道世)・東家一太郎(美)・玉川奈々福(豊子)

仲入り

玉川ぶん福(みね子)・講談:一龍斎貞橘・玉川こう福(美)・大利根勝子(みね子)


木馬亭について詳しくはこちらをご覧下さいませ。
0 コメント

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」YouTubeにてアーカイブ公開中

先日オンライン配信で開催されました
「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」

再編集され、アーカイブとしてYouTube上にて公開されています。
↓のアドレスからご覧になれます。

初めから2時間50分くらいの所から始まります。

東家一太郎
曲師 東家美
「野狐三次 木ッ端売り」を務めました。

同じ映像に
いつもお世話なっています講談の宝井琴鶴先生。
また、相撲甚句の国錦師匠、佐藤幸子師匠
そして東武練馬三凱亭席亭の関村具由さんもご出演されています。
その日の夜の公演には
日本舞踊の藤間仁凰先生も「弧の会」の先生方とご出演されました。

是非ご覧になってみて下さいませ。

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」
のホームページは↓です。
0 コメント

浪曲十八番収録

NHKFM浪曲十八番の収録に行って参りました。

令和3年7月15日(木)

 午前11時20分~11時50分

NHKFMラジオにてオンエアになります。


演目は

「魚づくし〜阿漕ヶ浦」

野口甫堂脚色

東家一太郎口演

曲師 東家美

です。


浪曲、浪花節の先祖の一つ

阿呆陀羅経という大道芸の

〇〇づくしというジャンル。

魚づくしはその魚が沢山出てくるネタ。


「阿漕ヶ浦」は

八代将軍徳川吉宗と大岡越前の

若き日の出会いの話です。


浪曲の道をまだぽつぽつと歩いておりますが、

いつかは道を極める気概で歩み続けております❗️


もう少し先ですが、

是非ラジオお聴き頂けましたら幸いでございます(o^^o)

0 コメント

東家一太郎雷門会シーズン8 2021年6月13日

◆ 東家一太郎 雷門会  シーズン8 ◆

6月13日(日)14時30分開演で
急遽開催が決まりました。
13日日曜日昼ですのでお間違えなく❗️

雷門会は台東区生涯学習センター 4階和室さくら
に会場を移してから、緊急事態宣言の為、2回中止になってしまいました。
今回は何としても継続を‼️
曜日と時間を変えまして行います❗️
急に決まった日時ですが、
ご都合宜しければ是非ご来場宜しくお願い申し上げます。

東家一太郎、曲師東家美、馬越ノリ子
お客様と広々とした和室でゆったり。
膝を付き合わせて、浪曲を通して交流させて頂きたいです。

限定21席です。
ご予約頂けましたら幸いでございます。
どうぞお気軽にお越し下さいませ。
お会いできますのを心待ちにしております!

〔日程〕令和3年6月13日(日) 

〔開場/開演〕14:00/14:30 

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 
    曲師 馬越ノリ子、東家美

〔入場料〕 1000円
 
〔場所/住所〕
  台東区生涯学習センター 4階和室さくら
(台東区立図書館のある建物です)
  台東区西浅草3-25-16
  つくばエクスプレス線「浅草駅」A2出口 徒歩約8分

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
       (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。
0 コメント

函館蔦屋書店 2021年6月26日

東家一太郎・東家美 浪曲の世界

箱館戦争終結152周年 五稜郭始末記の函館初公開

会期 2021年06月26日(土)
時間 13:00~14:00
場所 二階ステージ
参加費 参加費無料(投げ銭での応援をお願いします)
申し込み方法 申し込み不要
定員 30名(先着順)
講師/先生 東家一太郎(浪曲) 東家美(曲師 三味線)
主催 函館蔦屋書店(書籍)
共催・協力
問い合わせ先 0138-47-3771(函館 蔦屋書店書籍  担当:福島)
〔場所/住所〕
  函館 蔦屋書店/北海道函館市石川町85-1
  函館空港から タクシー約30分
  函館駅から 函館バス 53系統「函館駅前」停留所乗車→「蔦屋書店前」下車 徒歩すぐ
  新函館北斗駅から タクシー約25分

浪曲は、古来の歌や語り物、説教など芸能の総まとめのように明治時代に誕生し、昭和30年代まで庶民の娯楽として最高の人気があったものでした。

今回、そんな伝統を受け継ぎながら新作にも果敢に挑戦する若手浪曲師の東家一太郎(あずまやいちたろう)さんと曲師(三味線)の東家美(あずまやみつ)さんをお店にお招きし、ステージで口演していただくことになりました。入場は無料ですが、投げ銭の箱を回しますのでご協力ください。

だしものは函館出身の笹井邦平氏が書かれた「五稜郭始末記」です。箱館戦争終結後に放置されていた榎本軍の戦死者の遺体を弔った柳川熊吉の義挙を浪曲にしたもので平成12年の国立演芸場「大衆芸能脚本募集」浪曲部門受賞作品ですが、いままで函館で上演されたことがなく、今回が初公演となります。

なお、当イベントの座席数は混雑防止のため、30席のみとなっております。

6月26日(同日)の夜18時からは千代台の函館市青年センター(定員100名)でも同様の公演(無料)がございますので、当店の混雑が心配な方は青年センターでご覧になってください。


【お客様へのお願い】
・体調がすぐれない方やご不安のある方は、くれぐれもご無理をされませんようお願いいたします。
・マスクの着用をお願い致します。
・ソーシャルディスタンスを守って頂きますようお願い致します。

0 コメント

函館市青年センター体育館 2021年6月26日

◆ 箱館戦争終結 152 周年 千代ヶ岡陣屋跡での
    講談と浪曲の夕べ 浪曲 五稜郭始末記 ◆

〔日程〕令和3年6月26日(土) 

〔開場/開演〕17:30/18:00 (終演予定19:45)

〔番組〕
 浪曲 東家一太郎 
    曲師 東家美
    「五稜郭始末記」ほか
 ゲスト:荒到夢形 「中島三郎助伝」

〔入場料〕 無料
 
〔場所/住所〕
  函館市青年センター体育館/北海道函館市千代台町27-5
  函館市電を利用 「千代台電停」下車、徒歩1分
  函館バスを利用 「千代台停留所」下車、徒歩2分

〔主催〕
 東家一太郎 函館応援会
 (問い合わせ先:070-5612-7910 福島) 

〔協力〕
 函館碧血会
 ホームページ www.hekketsu.org

 「五稜郭始末記」は函館出身の笹井邦平氏が書かれた平成12年の国立演芸場「大衆芸能脚本募集」 浪曲部門受賞作品です。
箱館戦争終結後に放置されていた榎本軍の戦死者の遺体を弔った柳川熊吉 の義挙を浪曲にしたもので、
もともと東家浦太郎さんが演じていましたが、その弟子である東家一太郎(あずまやいちたろう)さんが引継ぎました。
今回、発表から二十年を経ての函館での初上演です。
東家一太郎さんは箱館戦争で榎本軍が降服した旧暦 5 月 17 日(新暦 6 月 25 日)に行われる碧血 碑前慰霊祭に浪曲を奉納するために来函しますが、
その翌日の一般向け公演となります。
また、ゲストとして地元の講釈師の荒到夢形(こうとうむけい)さんにも登場していただき、千代台ゆかりの「中島三郎助伝」を語っていただく予定です。

なお、一太郎さんは同じ日の午後 1時から函館蔦屋書店でも口演いたします。(無料・投げ銭制)

そのほか:
青年センター入口で体温を計測し、高熱の方は入場をお断りします。
会場内ではマスクの着用をお願いします。
定員 200 名の会場に 100 席以下で間隔をあけて鑑賞できるようにし、窓を開けて換気にも配慮します。
 
0 コメント

台峯散策

北鎌倉天台浪曲会の後、
川上さんの案内で
里山 台峯を散策しました!

北鎌倉の皆さんと
東京、千葉、神奈川からいらした皆さんと
一太郎と美、
川上さんのお話をたっぷり聴きながら
心地好い風に吹かれて
2時間近くも歩いていたようです。
アッという間でした!

写真は、
葉が風に揺れて、こすれてざわざわと鳴る木、何という名前だか忘れてしまいました(^^)

ニッキの葉は、川上さんから色々と教えてもらっている北鎌倉の高校生が木に登って取ってきてくれました。
葉を噛むと、ニッキ飴や八つ橋の味がしてきます。山散策の一服にいいですね。ニッキの葉、初めて見ました。漢字では肉桂と書き、ニッカと云うそうです。

享保年間と書いてある庚申供養の像は
疱瘡婆さんと云われているそうです。
疱瘡が流行った時期に、お詣りをすると疱瘡にかからなかったとか
疫病除けの像。
コロナの時代のご利益に手を合わせました。

倒れた桜の木は
ど根性桜と云われているそうで、
何年か前の台風で倒れたのですが
毎年、今年も見事な花を咲かせて見せてくれたそうです。
倒れた根の隙間を子どもたちが隠れ家にして遊んでいるとのこと。
子どもたちも一緒に山に散策しましたが、元気なこと。
都会育ちの私からすると本当に羨ましい。
負けずに今から、自然を謳歌し、青春を過ごしたいと思います。

川上さんのお話から
北鎌倉の自然と
故郷の素晴らしさ
歴史や伝統的な行事の大事さを学ばせて頂きました。

私が浪曲を通してお伝えさせて頂きたいことと重なり、
古典浪曲の素晴らしさを再認識し、
新作浪曲への意欲が燃えて来ました‼️


0 コメント

北鎌倉天台浪曲会御礼

北鎌倉の里山台峯の麓
てんだいの家で
第一回東家一太郎北鎌倉天台浪曲会を開催頂きました。
ご来場下さいましたお客様、本当に有難うございました!

台峰緑地保全会の川上さんのお宅、
てんだいの家の広間に座布団、お庭に並んだ腰掛けにお客様にお座り頂きまして
北鎌倉の自然を眼前に浪曲を務めさせて頂くことが出来ました。
お客様皆さんの日頃の行いが最高ですので、
好天気に恵まれました(o^^o)

コロナ禍でも安全に開催できるように、色々とご配慮下さり、素晴らしい浪曲会を開いて下さった
関戸勇さんはじめ
北鎌倉緑の洞門を守る会の皆様に心より御礼申し上げます。

てんだいの家で学びや遊びをしている子どもたちとお母さん方にも沢山いらして頂きました。
また東京や千葉、神奈川から浪曲ファンのお客様も駆け付けて下さいました。

子どもたちはもちろん、初めて浪曲を生で聴いて下さる方も沢山いらっしゃり、
浪曲で同じ時間を北鎌倉の自然の前で過ごさせて頂けまして、感動感動大感動です!

民話浪曲「たにしの田三郎」と
シートン動物記より「オオカミ王ロボ」を
東家一太郎
曲師 東家美
務めさせて頂きました。

ロボのテーブル掛けもロボの顔がしっかり見えるように、関戸さんに工夫して頂きました( ^ω^ )

浪曲二席の後には、
川上さんと関戸さんのお話や
質問コーナーもありました。

関戸さんとのご縁を結んで頂いた
今泉吉晴先生と奥様のお話も出まして
岩手から送って頂いたルーツのスコーンもお客様にお配りできました。

終演後に
お時間のあるお客様と共に
川上さんの案内で
台峯を散策しました。

また、今回素晴らしいデザインのチラシを作って頂きました。
人数制限があったので大々的に宣伝出来なかったのですが是非ご覧になって下さいませ。

浪曲で何を語るか、何を語りたいかが重要だと最近思っております。
ひとくちに云えば
義理人情ですが、
人の情け、
子どもから大人まで大切にして行きたいことを
浪曲は純粋に節と語りと三味線で伝えている気が致します。
自然を大切にする気持ち、仲間を大切にする気持ちを天台浪曲会をお世話頂いた皆様やいらして頂いたお客様から学ばせて頂きました。

私たちが浪曲を披露させて頂くのですが、
周りの皆様や会自体が浪曲、浪花節なのではないかと思えました。

周りの方々に恵まれて浪曲をさせて頂けますのが本当に幸せです。

技術的にももっともっと上達できれば、表現したいどんな事でも浪曲に出来る気がしました。

北鎌倉の自然の素晴らしさを浪曲に、また作ってみたいと思います。
頂いたご縁を大切に、一つ一つの目標に向かって芸に心に精進して参ります。

0 コメント

鳥、発見!

木の実をついばむ鳥、発見!

素早い動きで飛び去りました!

生き物の生き生きとした姿を見ていると嬉しく、元気になります。

明日は北鎌倉の天台浪曲会。
今までにない歴史的な浪曲会になりそうです(o^^o)
北鎌倉緑の洞門を守る会の皆様にお忙しい中、大変な準備をして頂いて本当に有難いです。

明日の出会いが楽しみです。

今日は早く寝ます(-.-)y-., o O
0 コメント

吸い込まれるような緑

吸い込まれるような木の葉の緑です。

今日は色々な好い知らせがありました。

近々報告させて頂きます。

浪曲、話芸の奥深さを感じる毎日です。
浪曲で伝えたいことは何か
これを大事に、日々見つけて行きたいと思います。
1 コメント

紫陽花

町を歩いていると、
紫陽花が綺麗に咲き始めて来ました。

コロナ禍での一番好い事というと、
リフレッシュする為に
自然に更に興味を持ち、親しむようになったことでしょうか。

花や木々が季節が移り変わっていく折々で、
綺麗な姿を見せて心を楽しませてくれることに気付かせてくれました。
人生の大きな発見で、喜びです。

浪曲の言葉の美しさにもさらに目が行く様になりました。

枇杷や木の実もちらほら見かけ、
鳥がそれらを啄んでいて、
とても好い季節です。
0 コメント

小雀

朝、近所を散歩していると
最近はスズメの声をよく聴きます。

声につられて近いで見ると
まだ生まれてそれほど経っていない
体の柔らかそうな小雀が
三、四羽
おそらく兄弟だと思うのですが
戯れて遊んでいます。

近づいて見ようとすると
すぐ逃げてしまい、
写真も撮らせてくれません。

毎朝スズメを追いかけています(o^^o)
スズメからしたらさぞ迷惑でしょうね。

浪曲界では
「小松嵐」の二代目東家楽遊の弟に
東家小雀という人がいました。
兄の威光を借りて、あまり評判の良くなかった方だったそうです。
でも、小雀というのはいい名前ですね。
0 コメント

神楽坂まち舞台写真

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」
YouTubeオンラインの舞台画像をお客様から送って頂きました‼️

とてもよく映っています❗️

曲師の表情も捉えて頂けているのが
何より嬉しいです!

このイベントはなんとカメラ3台で撮影して下さいました。
正面と上手から、
下手のカメラはドリーカメラ、動くカメラです。

YouTube動画は今は消えてしまっていますが
後日再編集されて、
こちらのページ
にアップされるそうでございます。

同じ会場で
いつもお世話になっている
講談の宝井琴鶴先生。
また、相撲甚句の国錦師匠、佐藤幸子師匠
そして東武練馬三凱亭席亭の関村具由さんにもお会いしました。
その日の夜の公演には
藤間仁凰先生も「弧の会」の先生方とご出演されました。

ご縁ある皆様とご一緒できまして、
いつも応援して下さるお客様にご覧頂きまして本当に嬉しい機会でした。

動画が再アップされたらまた見てみたいです。

毎年開催のイベントです。
是非来年もお声掛け頂ければ嬉しいなと思っております。
新宿区生まれですので。

主催の皆様、当日お世話になりました皆様、
お声がけ頂き、当日色々とお気遣い頂きました
有限会社古典空間の小野木様、スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。
0 コメント

努力会御礼

5月23日日曜日
東家一太郎努力会
東武練馬三凱亭で務めさせて頂きました。

ご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

今のご時世にもかかわらず、足を運んで下さる
お客様の有り難さ、
幕を開けてお顔を拝見した途端に
パッと明るく嬉しい気持ちになりました。
芸人をやっていて良かった!と思う瞬間です。
後は、楽しんで頂けるように頑張らねばと責任重大です(^^)

強力換気扇と二酸化炭素測定器、換気対策バッチリの三凱亭。
席亭の優しいお気遣いが溢れている、とても雰囲気の良い最高の会場です。

東家美の三味線で

一、「五稜郭始末記」
  笹井邦平・作

一、「野狐三次 観音堂の捨て子」
  野口甫堂・作

を務めさせて頂きました。


「五稜郭始末記」
戊辰戦争、箱館での戦争で
敗れた徳川軍兵士の亡骸は片付けられずに放置されていました。
それをきちんと弔って、形見の品を家族に届けたいと動いたのは箱館の町人、柳川熊吉。江戸から箱館へ流れて来た元締稼業の親分です。
仏に敵も味方もないという熊吉の想いは
幕末当時に日本にも入ってきた赤十字精神と同じものでした。
熊吉を助ける官軍の田島圭三は、
熊吉に戦争後も徳川兵士の霊を弔ってくれと頼みます。
軍人として当たり前のことと言い切る田島がかっこいいです。
函館山の中腹、函館八幡宮から少し歩いた所にある
碧血碑では
毎年6月25日に
慰霊祭が行われています。

「観音堂の捨て子」
生の舞台は、お客様の反応が分かって、本当に楽しいです!
野狐三次は本当によく出来たネタだと思いました。
作者の楽浦師匠が舞台にかけて、お客様の反応を見て作り上げたものだからこそ、喜んで頂ける作品なのだと思います。
「捨て子」も三次の他のネタももっと練り込んで、舞台に掛けて行きたいと強く思いました。

三次が持っている二朱の内
一朱が米で一朱が薬のお金
母親の為に薬を買う予定の一朱は持っていかないでくれと父親に懇願するところは
人情を物で表現した本当に素晴らしい脚色。作った楽浦師匠は天才です。

次回の努力会は
7月11日土曜日
14時30分開場、15時開演
となりました。

次回は
懇親会も出来ればよいのですが。

またのご来場を心よりお待ち申し上げております。


0 コメント

第4回「けんさん会」2021年7月14日

「けんさん会」とは浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。
令和2年10月14日の旗揚げ記念興行から始まり、年に3~4回づつ継続して行います。
 
第4回「けんさん会」
令和3年7月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番:東家三可子

講談、落語、浪曲
それぞれの芸能に
熱い想いを胸に秘めている素敵なメンバーです‼️
第4回目
これからが❗️段々と楽しみな会です。

けんさん会の応援を宜しくお願い申し上げます。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

けんさん会オリジナル手拭いは
会の当日、受付で1枚2000円で販売致します。
残り少なくなりました。お早めにお買い求め下さい!
0 コメント

東家一太郎努力会第35回2021年7月17日

◆ 東家一太郎 努力会  第35回 ◆

〔日程〕令和3年7月17日(土) 

〔開場/開演〕14:30/15:00 (終演予定16:30)

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美

   東武練馬お近くの皆様、浪曲好きの皆様、お気軽に遊びにいらして下さいね。
 ふらっと入って楽しんで頂ける温かい会を目指しています。 

〔入場料〕 1500円
 終演後会場にて、懇親会もございます。
 三凱亭女将さん特製の美味しい料理と、お酒かドリンクでご一緒に楽しい時間を過ごしませんか。
 料金は別途2000円です。
 おあとのご都合がよろしければ是非是非ご参加下さいませ。
 
〔場所/住所〕徳丸 三凱亭(みよしてい)
    /板橋区徳丸3-3-11 三凱ビル地階
 ホームページ http://www.miyoshitei.net/
 東武東上線 東武練馬駅より徒歩5分
 (東武練馬駅までは池袋駅より「各駅停車 成増 志木行」で15分で着きます) 

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。

三凱亭は
マイクも要らず、
舞台の上から高座ながらも
お客様お一人お一人のお顔を拝することができる
かけがえのない会場です。

ハコ(会場)に付いている
と仰っていたお客様もいらっしゃいました。
三凱亭の会場とお客様の雰囲気、席亭のお人柄、終演後の懇親会など
三凱亭の魅力に惹かれていらして下さっているお客様も沢山いらっしゃいます。

この会を出来る限りずっと続けて行けるように、
浪曲に打ち込んで参ります。

終演後にあります懇親会では
席亭関村さんの相撲甚句もたっぷりと聴けますよ!
0 コメント

東武練馬三凱亭努力会、本日開催いたします!

本日5月23日(日) 15時開演
東武練馬 三凱亭
「東家一太郎努力会 第34回」
予定通り開催いたします!

終演後の懇親会は今回は緊急事態宣言の為、お休みさせて頂きます。

浪曲二席、しっかりと物語をお伝えできますよう務めます。
お近くの方、お時間よろしい方は何卒宜しくお願い申し上げます。

皆様とお会いできますのを楽しみにしております!

◆ 東家一太郎 努力会  第34回 ◆

〔日程〕令和3年5月23日(日) 

〔開場/開演〕14:30/15:00 (終演予定16:30)

〔番組〕
 浪曲2席 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美

   東武練馬お近くの皆様、浪曲好きの皆様、お気軽に遊びにいらして下さいね。
 ふらっと入って楽しんで頂ける温かい会を目指しています。 

〔入場料〕 1500円
 
〔場所/住所〕徳丸 三凱亭(みよしてい)
    /板橋区徳丸3-3-11 三凱ビル地階
 ホームページ http://www.miyoshitei.net/
 東武東上線 東武練馬駅より徒歩5分
 (東武練馬駅までは池袋駅より「各駅停車 成増 志木行」で15分で着きます) 

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。

三凱亭は
マイクも要らず、
舞台の上から高座ながらも
お客様お一人お一人のお顔を拝することができる
かけがえのない会場です。

ハコ(会場)に付いている
と仰っていたお客様もいらっしゃいました。
三凱亭の会場とお客様の雰囲気、席亭のお人柄、終演後の懇親会など
三凱亭の魅力に惹かれていらして下さっているお客様も沢山いらっしゃいます。

この会を出来る限りずっと続けて行けるように、
浪曲に打ち込んで参ります。
0 コメント

神楽坂まち舞台YouTubeアーカイブ

5月22日(土) 
神楽坂 「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」というオンラインイベントに出演いたしました。
23日の午後くらいまでYouTubeにアーカイブが残っていましてご覧頂けます。
お時間ございましたらご覧頂けましたら幸いでございます。
直接のYouTubeアドレスはこちらです。
最後に出演しております。
一番後ろから31分30秒ほど前です。

「野狐三次〜木ッ端売り」を務めました。
後日再編集されて、
こちらのページに
アップされる予定でございます。
0 コメント

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」オンライン開催

伝統芸能フェスティバル
「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2021」オンライン開催

5月22日(土)15時30分頃から
東家一太郎、東家美
出演致します。
浪曲一席務めさせて頂きます!

配信ページは

ことだまライブというタイトルです。
YouTubeオンラインでご覧になれます。
直接のYouTubeアドレスはこちらです。


公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京とNPO法人粋なまちづくり倶楽部主催のイベントです。

有限会社古典空間の小野木様にお声掛け頂きました。
コロナ禍にもかかわらず、日本の伝統文化を大切にして下さり、当初のお客様の前でのイベントからオンラインへと変更となりましたが、熱い想いで制作下さいました。

持てる力と想いを込めて務めさせて頂きます。
0 コメント

浜乃一舟師匠ラジオ収録

5月19日
浜乃一舟師匠の
NHKFM ラジオ 浪曲十八番の収録でした。

曲師は東家美。
演目は
「三日の娑婆」

一太郎は後見で行って参りました。

7月1日木曜日
午前11時20分~11時50分放送
 
NHKネットラジオ らじる★らじるで
インターネットでもお楽しみいただけます。
アドレスは http://www3.nhk.or.jp/netradio/
スマートフォンアプリでも聴けます。

また、聴き逃しサービスでラジオ放送後1週間以内はPCやスマホでも放送を無料で聴けます。

素晴らしい録音でした。
皆様、是非お聞き頂きたいです!

浜乃一舟こと伊丹秀敏師匠。
一人で二つの名前を持つ男(^^)

浪曲三味線、曲師としては伊丹秀敏(いたみ・ひでとし)。
浪曲師としては浜乃一舟(はまの・いっしゅう)のお名前です。

美の三味線の師匠です。

三味線と浪曲の二刀流。
御年86歳でいらっしゃいますが、80代後半とはとてもとても思えません。
皆さんの概念を超える超人です。
浪曲界の大谷翔平、
いや浪曲界のベーブ・ルース
でしょう!

浪曲師としてのラジオ収録は数十年振りでいらっしゃると思います。
NHKラジオでは
以前は
お兄様伊丹秀夫師匠のお三味線で
何回も放送されています。

弟子の美の三味線で
本当に素晴らしい収録をされました。

「三日の娑婆」という演目もまた放送の七月に相応しいです。
明暦の大火の為に、三日間だけ一時釈放となった囚人新吉が、
父の元に身を寄せている妻と子を訪ねるという話。
新吉と妻お光の再会。
そして父の想いが描かれた切ない物語です。

声と節と啖呵
全てから人の情けが伝わって来て、
浪曲って本当に良いものだなと
しみじみ思いました。

一舟師匠と美の
師匠と弟子ならではの呼吸が素晴らしかったです。
本当に素晴らしいものを聞かせてもらえて、
また収録に立ち会えて幸せでした。

〽︎
別れの鐘だよ
あきらめしゃんせ
いつまた会うやら会えぬやら

の舟唄から
三味線が入って
最後の節に入ってくる期待感と哀愁。

人生の悲哀、出会いと別れ、喜び楽しさを感じました。
聴く人に自分の人生を重ね合わせて
涙と感動と希望をもたらす
浪曲の真骨頂を学ばせて頂きました。

美も私もご指導頂きました
秀敏師匠のお兄様
伊丹秀夫師匠。
秀夫師匠が仏様のように優しい笑顔で
愛する弟、
秀敏師匠の収録を見守っていらっしゃるように感じました。

浪曲が純粋に大好きで
80歳を過ぎてなお、芸の向上、何事からも学ぶ姿勢を自然としていらっしゃる
一舟師匠、秀敏師匠のように私も浪曲と対峙して行きたいと思います。
0 コメント

三凱亭努力会、開催いたします

5月23日日曜日の
東家一太郎努力会第34回
東武練馬三凱亭
は予定通り15時開演で開催致します。

ただ今回は緊急事態宣言中ということで
終演後の会場での懇親会は中止となりました。

懇親会も楽しみにして下さったお客様、誠に申し訳ございません。


また
5月22日土曜日に
出演いたします
神楽坂まち舞台・大江戸めぐりは
YouTubeでの無観客オンライン配信という形になりました。

15:30~15:55 
に出演します。

■配信ページ

詳細はまたアップいたします。
0 コメント

雨上がりの虹

夕方6時過ぎ、
雨上がりの空に虹が掛かりました。

幸せな気分になり、思わず
♪ Somewhereoverthe rainbow 
と口ずさんでいました。

日中は雨を避けて、
ツバメが飛んでいるのをよく見かけました。

風も強かったので、鳥たちがざわざわしていて、
間近に多く見れて嬉しかったです。
0 コメント

フォト ギャラリー浪曲会

昨日のアートギャラリー884での
画廊浪曲会

撮影頂いた写真をアップさせて頂きます!

岡崎城のテーブル掛けも良いですが、
オオカミ王ロボのテーブル掛けは
シートン画の絵を元に染めて頂いているので
西洋アートに特にマッチします!

テーブル掛けも
名古屋友禅の職人の先生に染めて頂いているアート作品です!
0 コメント

アートギャラリー884画廊浪曲会御礼

お茶の水
本郷通りにある
アートギャラリー884にて
「第一回画廊浪曲会」
を開催頂きました。

ご来場下さいましたお客様の温かい御心を強く感じ、感謝の気持ちで一杯です。
本当に有難うございました。

オーナーの佐野さんのご挨拶で始まりました浪曲会。

舞台とお客様も程良い距離感、お客様のお席も程良い距離、ゆったりと落ち着いた雰囲気で、音の響きも素晴らしく、はじめてとは思えない感覚で務めさせて頂けました。
ギャラリーに備わった温かみ、
そしてお客様が盛り上げて下さったゆえと思います。

第一部
夕立勘五郎 世直し初暦
弥作の鎌腹

第二部
野狐三次 彫り物の由来
シートン動物記よりオオカミ王ロボ

浪曲 東家一太郎
曲師 東家美

一日に四席も浪曲を務めさせて頂けまして、
半月ほど身体が舞台から離れていましたので
一気に元通りになりました。

お客様の前で浪曲させて頂けますのが、
何より楽しく、
また、浪曲という芸の良さ、大切さを私自身が、
お客様から教えて頂きました。

浪曲で伝えたいことがある!
という情熱を忘れずに、節に声に込めて持ち続けて行きたいです!

アートギャラリー884
写真や絵画、アートのギャラリー展示は勿論、
上映会や対談会など興味深いイベントも色々とされています。
9月には開廊6周年展も開催されます。
ホームページを是非ご覧になってみて下さいませ。
https://gallery884.888j.net/
0 コメント

画廊浪曲会アートギャラリー884

5月15日土曜日
お茶の水アートギャラリー884での
第1回画廊浪曲会
予定通り開催いたします。

ご予約下さっているお客様、
お気を付けていらして下さいませ。

お会いできますのを心待ちにしております。
0 コメント

立てば芍薬、座れば牡丹

千葉公園に牡丹・芍薬園がありました。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」

主に美しい女性を形容する言葉として
浪曲や講談などでも使われていますが、
広い意味では女性の美しい仕草や話し方など、女性の魅力が輝く所作において「美しさ」を感じた時に使われるそうです。

それぞれの花の特徴から
まるで、女性の美しい立ち振る舞いは芍薬のよう
女性が優雅に座っている姿は牡丹のよう
女性が軽やかに歩く姿は風に揺れる百合のよう
ということです。

開花の時期は
5月は牡丹(座る)、6月は芍薬(立つ)、7月は百合(歩く)というように、女性の一連の動作が見事に表現されています。

日本に昔から伝わる言葉は、なるほどと勉強になります。

今日は日中曇りで、明日は朝から雨の予報です。
ツバメがよく目に付きました。

「ツバメが低く飛ぶと雨」
という天気にまつわることわざもあるそうです。

ツバメはガ、チョウチョ、ハネアリ、アブ、ミツバチなど飛んでいる虫を捕食します。 
それらの虫は、低気圧が近づいて湿度が高くなると羽が重くなり、高く飛べなくなります。 
その虫を捕まえて食べるツバメも低く飛ぶため、
ツバメが低く飛ぶと雨が降ると云われます。

こんな面白いことわざもあります。

「垢で死んだ者はない」
風呂嫌いの言い訳の言葉。

風呂に入らなければ垢がたまって不潔だがそれが原因で死んだ人はいない。
または風呂嫌いに対する皮肉の言葉としても使われるそうです。

くだらないことわざですが
「馬鹿は死ななきゃ治らない」
並に深い言葉だなぁとも思いました(o^^o)

生活や人生に密着していて、
日本の言葉、ことわざは面白いです。

おそらく世界中どこにもこのような言葉はあるのでしょうね。
0 コメント

大賀ハスまつり

千葉市図書館に調べ物に行きました。
近くの千葉公園に大賀ハスまつりの幟を見つけ、ふらっと立ち寄りました。

池の上には鯉のぼりが沢山泳いでいました。

ハスの花は
6月中頃が見頃なようで、まだ咲いていませんでしたが、葉の緑がとても見目麗しかったです。

昭和26(1951)年3月30日に1個、4月6日に2個のハスの実が、千葉県検見川の東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)だった泥炭地で、大賀一郎博士と地元小中学生らによって発掘されました。そして、このうちの1個の実が、翌年の昭和27(1952)年7月18日に、大賀ハスは見事に花を咲かせ、2000年の眠りから目を覚ましたのです。

ということで、古代のハスの実から蘇ったハスは
千葉の初夏を彩ります。

ハスの葉は水をはじき、
葉の上の水玉はコロンとしていて、とても楽しいです。
0 コメント

雌伏の時

沢山のお客様の温かい御心に支えて頂いて、
浪曲を稼業として続けることができております。
義理人情、人の情けというのはこういうものかと、
教えて頂くのは、全くお客様とのご縁からです。

「雌伏(しふく)の時」
の時という言葉を教えて頂きました。

《雌鳥が雄鳥に従う意から》人に屈伏して従うこと。また、実力を養いながら活躍の機会をじっと待つこと。

自分の志す道を信じて、浪曲道を貫きます。
0 コメント

エゴノキの花

しとしとと
降る雨の中
エゴノキの花が咲き誇っていました。

雨の日の美しさを感じました。


YouTubeで
藤圭子さんと
作詞家の石坂まさをさんについて描かれた番組を見ました。
石坂まさをさんが
藤圭子さんの才能を見出して売り込んで行く。
はじめて知りましたが、ものすごくドラマチックな話でした。

宇多田ヒカルさんも惚れ惚れする巧さと楽曲センスですが
お母様の藤圭子さんも大好きな歌手の一人です。
ご両親が浪曲師であったというのはなるほど、ひと味もふた味も違います!
0 コメント

青葉若葉

午前中、近所の緑地を散歩しながら
台本をさらいました。

色々な植物の青葉若葉がハッキリと、
目に鮮やかに飛び込んで来ました。

美しい緑。

昨夜の雨模様からの好天気に、
雀は楽しそうに跳び回り
水鳥は気持ち良さげにくつろいでいました。
0 コメント

上林無双

興味のない人には全く興味のないプロ野球談話です。

ソフトバンクホークスの
上林誠知選手が
5月5日今シーズンはじめて二軍から一軍に上がって
一番センターでスタメン。
5打数3安打4打点。
第二打席でタイムリーヒット
第三打席でツーランホームラン
第五打席9回裏ツーアウトからタイムリーヒットで同点に追いついて
楽天イーグルスと5対5の同点で引き分けました。

まさに上林劇場でした!

上林選手は私の本名の名字が一緒、
かつ、小学生の頃からホークスファンなので
応援しまくっています。

上林選手は
3年前にブレークしましたが
一昨日、マリンスタジアムに私が観戦に行った日に手首にデッドボールを受け骨折(//∇//)
一昨年と去年と期待されながらも好成績を残せませんでした。

今年もオープン戦前半は好調でしたが、開幕で一軍を迎えられず、二軍から。
そしてとうとう今日がやって来ました。

工藤監督と小久保コーチが拍手していたのが印象的でした。
土壇場で同点に追い付いたのですから当然でしょうが、
それだけでなく、上林選手にいかに期待して、結果を出したことに喜んでいたかが伝わってきました。

いつチャンスを掴んで活躍するか。
野球を観ていると
チャンスを掴んで、
しかもいい場面で活躍するのが
いかに難しいかが分かります。
ずっと活躍し続けるのはさらに難しい。

努力は裏切らない。

上林選手の今年の大活躍と
芸術的なホームランを期待します!

勇気を貰って、私も頑張ります。

さも球場で観てきたか、テレビ観戦していたような言いぶりですが、
スマホで野球情報をチェックしていたただけです(o^^o)

明後日からの西武戦が楽しみです!
0 コメント

夕立勘五郎 世直し初暦

夕立勘五郎連続読み
高窓太夫編
を段々とまとめて行こうと
大師匠東家楽浦の音源を聞き始めています。

伊賀屋勘五郎が義を貫くために
遊女高窓太夫の父の仇討ちを
乗りかかった船と引き受けて
田沢の家名を立てさせてあげるまでを
連続で読みます。

浪花節の真髄を
会ったことのない大師匠から教えて頂いています。

とても好きなくだりがありました。

高窓の母は
夫を殺され、
娘は遊女になり、
あまりの悲しさに気が触れて、行方知れずになります。
女乞食となって日光街道で勘五郎に出会うのですが、
江戸を離れ、山に寝、野に伏し、自然と生活を共にする内に、自然の力によって、心の病いが治り、何とかわずかなお金でも貯めて、江戸へ戻って娘に会いたいと思う様になります。

もっと流麗な言葉の飾り方で
ちょっとした台詞なのですが、
世の中の真理を表しているようで
感動しました。

浪曲、浪花節はただならぬ芸と改めて思います。

5月15日の画廊浪曲会で
夕立勘五郎第一話 
「世直し初暦」を務めますので、
復習しました。

勘五郎と旗本大庭佐四郎が出会う話です。

楽浦師匠ならどう演じたか、考えておりました。

0 コメント

桜木町のカラス

桜木町の大岡川で散歩をしていた時、出会ったカラスです。
バケツの水を飲み終えたら、横浜の空に羽ばたいていきました。
嬉しい出会いでした(o^^o)
0 コメント

木馬の友

5月の木馬亭浪曲定席は
緊急事態宣言の為、東京都の要請で中止となってしまいましたが
6月定席のチラシが出来ました。

6月は
4日(金)6日(日)に
東家一太郎、美、出演致します。

4日は14時05分頃の出演です
6日は12時55分頃の出演です
  
6月6日は演目も出ています。
「野狐三次 天王祭」
を務めます。
6月6日は江戸時代、小舟町八雲神社の祭りが始まる日。
バッチリと季節に合った演目にしました。

浅草木馬亭の浪曲定席は50周年記念イヤー。
木馬亭定席50周年記念冊子は
6月1日から木馬亭で販売することになりました。

『浪曲定席 木馬亭』A5版 98頁
定価¥2.500(税込)
定席出演者一覧、出演者インタビュー、思い出のアルバム等の内容となっています。定席木馬亭五十周年記念委員会編 発行 :木馬亭
限定500部です。

ガラス越しの掲示板にチラシが貼ってある写真。
ガラスに映っているのは
浅草21世紀の猪馬ぽん太さん。

浅草木馬亭シャッターの貼り紙はお客様への愛を込めて
関遊六さんが貼って下さいました(o^^o)

お二人とも竹馬の友ならぬ
大事な大事な
「木馬の友」です!


0 コメント

5/15御茶ノ水 画廊浪曲会

風薫る五月。
風に乗って来るのはどんな薫りでしょうか?
いい表現ですね(^^)

5月15日土曜日に
お茶の水の
アートギャラリー884で開催の
 第1回 画廊浪曲会 ”妻は夫をいたわりつ、夫は妻を~”。

新型コロナウィルス感染対策の為
定員を第一部第二部ともに20名様に減らし、
現時点で開催予定です!! 

お早めにご予約頂けましたら幸いでございます。

演目
 第1部 は
「夕立勘五郎 世直し初暦」
連休に稽古し直し中です。

赤穂義士外伝「弥作の鎌腹」
久しぶりに務めます!

第2部は
 「野狐三次 彫り物の由来」
江戸の情緒を出せるように務めます。

 シートン動物記より「オオカミ王ロボ」
パワーアップしたロボをお楽しみ下さい!

はじめての場所での会。
四席とも渾身のネタです。

ご来場を心よりお待ち申し上げております。

ご予約は
下記
一太郎か
アートギャラリー884
どちらでも大丈夫です。


◆ 第1回 画廊浪曲会 ”妻は夫をいたわりつ、夫は妻を~” ◆

〔日程〕令和3年5月15日(土) 

〔開演〕第1部 13:00/第2部 15:00 

〔番組〕
 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美
    第1部 「夕立勘五郎 世直し初暦」、赤穂義士外伝「弥作の鎌腹」
  第2部 「野狐三次 彫り物の由来」、 シートン動物記より「オオカミ王ロボ」

〔入場料〕 
 各部定員20名、要予約
 
〔場所/住所〕
 アートギャラリー884
 /文京区本郷3-4-3 ヒルズ884 お茶の水ビル 1F
 ホームページ https://gallery884.888j.net
 JR中央線御茶ノ水駅御茶ノ水口を出て、徒歩5分。
    丸ノ内線御茶ノ水駅徒歩4分
    丸の内線本郷三丁目駅徒歩6分
    千代田線新御茶ノ水駅徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL /FAX   03-5615-8843
 メール gallery884sano@gmail.com
 
 または、
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 東家一太郎までお気軽にどうぞ!!丁寧に対応させていただきます。
0 コメント

明日5/1〜7の浅草木馬亭浪曲定席は休演となりました

まだご存知でない皆様もいらっしゃると思いますので再度お知らせ致します。
明日5/1〜7までの5月木馬亭定席は休演となりました。
緊急事態宣言が発出され、関係省庁などからの強い要請もあり、5月の「浪曲木馬亭定席」は中止と決定になりました。
開催を楽しみにして下さいました方には申し訳ございません。心よりお詫びを申し上げます。
いらして頂いても、5月は木馬亭の浪曲定席はやっておりませんのでご注意下さいませ。

木馬亭浪曲定席五十周年を記念して、毎日企画公演でお届けする予定、特に5月1日は師匠二代目東家浦太郎の復帰舞台、一門会を予定しておりましたのでとても残念です。致し方ありません。
またの機会を浪曲協会、木馬亭で模索中でございます。

ご期待下さいませ。

今日は朝から近所の森で、木々の木漏れ日が美しく、
午後には滝不動尊の池に行きました。
池に鳥が何羽見えますでしょうか?
欅?の大木も見事でした。

人によって大事にされて来た自然。
癒されます。人の想いも感じます。
芸も浪曲、浪花節も同じもののような気がいたします。

皆様の大切な時間を使って、聞きにいらして頂けますことが本当に有難いです。
お客様に癒しや感動や幸せを感じて頂ける浪曲を務めることに集中する人生を、できる限り日々過ごして行きたいです。
簡単なことではないと思いますが、素晴らしいお客様や周りの皆様に支えて頂いていることが本当に幸せで、原動力とさせて頂いております。

ちなみに鳥はお堂の上に2羽と
白い鳥が1羽池に立っていて
3羽。
よく見るともっといるかも知れません。
0 コメント

にぎわい座写真 オオカミ王ロボ

先日の横浜にぎわい座の写真を頂きました!

「オオカミ王ロボ」
の内容で今日気付いたことがありました。

ロボの群れは
若い雌牛の柔らかい部分の肉しか食べない
それゆえに毛並みが良くて健康と
シートン動物記に書いてあります。

ふとインターネットで調べていましたら
牛肉の評価は、肉の柔らかさ、脂の味、見た目の美しさであり、
これらを追求していくと行き着く最高点が「雌牛」。
雌牛とは未経産牛、つまり出産をしていない牛のことです。
反対の雄牛というのは去勢牛のことで、幼年のうちに処理をすることによってサシ(脂)が入りやすくなる。

しかし雄牛は雌と比較すると筋肉質な上、雌牛の方には不飽和脂肪酸 オレイン酸が多く含まれており、融点が低いために口の中でとろけるような味わいとなる。またとても体に良い脂肪。

雌牛は肉質自体がきめ細かく、舌触りも「絹のよう」。
このような理由から、
A 5ランクなど有名なブランド牛には、雌牛のみを規定している場合もある。

しかし、雌牛は去勢牛と比べて太らせにくく、飼育も難しいため流通は圧倒的に雄牛が多い。

ロボが美食家といわれたのは現代の知識からも証明されていました!

野生の勘で最高に美味しく身体に良い食べ物を選んでいた。
そして毒餌や罠にかからない為に、自分たちで仕止めたばかりの新鮮な肉しか食べなかった
ロボの知恵、
それを書き記したシートンの凄さに
気付くことができました。
収穫収穫‼️
0 コメント

5月木馬亭浪曲定席中止のお知らせ


 【5月木馬亭定席中止のお知らせ】


緊急事態宣言が発出され、関係省庁などからの強い要請もあり、5月の「浪曲木馬亭定席」は中止と決定いたしました。

開催を楽しみにしておられたお客様には心からお詫びを申し上げます。


木馬亭浪曲定席五十周年を記念して、毎日企画公演でお届けする予定でしたのに、とても残念です。

特に5月1日は

師匠二代目東家浦太郎の復帰舞台、一門会を予定しておりました。

致し方ありません。

次に向かって、歩き続けるのみです!


木馬亭五十周年、特に定席開始の5月1日は

師匠浦太郎と大師匠東家楽浦にとてもゆかりの深い日だけに私にとっては思い入れが深かったですが、

今回に向けて裏方でやるだけのことはやりましたので悔いはございません。


悔しさは、師匠の浪曲を聴きながら声を出して唸り、流れて行きました。

浪花節は時にそういう気持ちを込めてもいいのかも知れません。同時に師匠のように綺麗で美しい浪曲をしなければ、と反省しました。


木馬亭と浪曲の行く末を宜しくお願い申し上げます。


重ねて楽しみにして下さったお客様に、心よりお詫びを申し上げます。

0 コメント

ツバメの巣

道を歩いていたら、飛んでいるツバメを見かけました。
近くを探したらツバメの巣がありました。
巣にヒナはいないようでした。

ツバメをカメラで撮らえようとしましたが撮れませんでした。

朝から嬉しい発見でした。
0 コメント

橘町の三次

野狐三次には
江戸の町の町名が沢山出てきます。

今は消滅した町名もありますが、
そこに長く住んでいる人にとっては大事な名前で、
どこかに残して大切にしているのを見つけることもできます。
今はインターネットですぐに調べられるので便利です。
またスマホアプリでも
江戸時代の地図と現代の地図を見比べられるものがあります。
「大江戸今昔めぐり」というアプリを、
都内を散歩したり、何かのついでに歩く時にたまに使ってみます。

さて、
野狐三次はどこへ住んでいたのか。

橘町に住まいする野狐三次
と台本にあり、
日本橋橘町に住居がありました。

橘町 たちばなちょう Tachibanachō
中央区東日本橋三丁目、日本橋久松町辺り
浜町川(堀)の東岸で汐見橋、千鳥橋が架かっていた。
本願寺が横山町にあった頃の門前町で、タチバナを売る家が多く、「立花町」としたが、後に「橘町」と改めた古くは松平越前守の邸地であったが、1683(天和3)年に町屋となり、一~四丁目を起立。

横山・橘通り共栄会という問屋商店街のアーケードに
「橘」という名が残っています。

浜町川、
今は緑道になっているようですが
また近くに行った際には歩いてみます。

0 コメント

にぎわい座御礼

昨日は横浜にぎわい座のげシャーレにて
第七回東家一太郎うたって語って桜木町
開催頂きました。

お客様の応援して下さる温かい御心が
拍手と雰囲気で伝わって来まして
感動いたしました。

皆様お忙しい中をご都合を合わせていらして下さいますことに心から感謝申し上げております。

番組は

東家一太郎
曲師東家美

一、野狐三次連続読み第三話
  「天王祭」
一、対談 にぎわい座布目英一館長、一太郎
  「木馬亭五十周年と東家浦太郎」
〜仲入り〜
一、シートン動物記より
  「オオカミ王ロボ」

でございました。

今回の会を経て、また沢山のことを学ばせて頂きました。
一回一回の舞台が修行であり、
お客様との大切な出会いの場です。
にぎわい座の会などの独演会はさらにガバッと学ばせて頂くことができます。

野狐三次「天王祭」
江戸時代の習慣や庶民の生活や信条は、
現代には馴染みがなかったり、忘れられていることもありますが、とても大事なこともあり、知ればとても為になったり、人生の指針になり得ます。
浪曲の物語は大事なことが色々と詰め込まれている
横浜名物の崎陽軒のシウマイ弁当のようです(o^^o)
古典浪曲を甦らせて一生かけてその美味しさを伝えて行きたいと思います。

対談では
木馬亭の数十年の歴史を間近でご覧になっていらした
にぎわい座布目英一館長から、一太郎が聴きたいことを存分に伺いました。
お客様にも大変好評でした。
布目先生のお話を通して、自分の目指す道を進んで行けばよいのだと確信も持てました。

もう一席は
シートン動物記よりオオカミ王ロボ。
美の三味線に信頼を寄せて
シートンの作品の素晴らしさ、ロボの偉大さをお伝えしたいという気持ちで務めさせて頂きました。

自らの知恵で生き抜いて、家族と群れを守って来たロボの凄さ、野生の芯のある強さから、いま学ぶことは大きくある気がしております。
浪曲で語らせて頂けることが本当に幸せです。

横浜みなとみらい
桜木町駅前には
AIR CABINというケーブルカーが新しく出来ていました!

次回の
第八回うたって語って桜木町は
9月26日日曜日14時開演で
開催頂きます。

スケジュール帳に印をして頂いて
是非お越しいただけましたら幸いでございます。

一席は
野狐三次連続読み 第4話
「彫り物の由来」をバージョンアップして、
もう一席はこれから演目をあたためて参ります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


0 コメント

5/29(土) 北鎌倉 天台浪曲会

5月29日(土) 13時30分開演
北鎌倉の里山、台峯近くの会場で
「天台浪曲会」を開催頂きます。
北鎌倉駅から歩いて20分ほどの場所です。

詳細は決まり次第、追加アップいたします。


◆ 北鎌倉 天台浪曲会 ◆

〔日程〕令和3年5月29日(土) 

〔開場/開演〕13:00/13:30 (終演予定15:30)

〔番組〕
 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美
 「たにしの田三郎」
 シートン動物記より「オオカミ王ロボ」
 
 終演後、台峯(北鎌倉の里山)散策など楽しい企画を予定しております

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL  090-9298-0391 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 までお気軽にどうぞ!! 一太郎が丁寧に対応させていただきます。
2 コメント

にぎわい座うたって語って桜木町御礼

第七回 東家一太郎うたって語って桜木町
本日開催頂きました。

ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました!

お忙しい中をいらして頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

次回は
9月26日(日)
第八回を開催頂きます。
0 コメント

明日4/24にぎわい座の会です!

明日4月24日土曜日
いよいよ
横浜にぎわい座のげシャーレにて
第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 
予定通り開催いたします!!

お席はまだございます。
明日正午くらいまでは
前売り料金のご予約も承りますので
一太郎まで直接ご連絡下さいませ。

電話かメールかSNSでチケットまだお持ちでないお客様
13時より前は2階チケット受付にて、
ロビー開場後(13時~)は地下2階の会場にてお渡しとさせて頂いております。

番組は

「野狐三次 天王祭り」
シートン動物記より「オオカミ王ロボ」 
曲師 東家美

対談コーナーもあります!

皆様とお会いできますのを
首を長〜〜〜〜くして
お待ち申し上げております。
どうぞお気を付けていらして下さいませ。

天気はバッチリ晴れです!


◆ 横浜にぎわい座4月興行
「第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 ◆

〔日程〕令和3年4月24日(土) 

〔開場/開演〕13:30/14:00 

〔番組〕
 東家一太郎、曲師・東家美
    野狐三次 連続読み 第三話「天王祭」
  「シートン動物記~オオカミ王ロボ」        

    三次が町火消しになるまでの一席と狼の夫婦愛を描いた十八番ネタ! 浪曲と三味線の絶妙な掛け合いでお楽しみください。

〔入場料〕 
  全席指定席 チケット発売中
  前売1,600円    当日2,100円
 
〔場所/住所〕
    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/
    横浜市中区野毛町3-110-1
 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 一太郎が指定席券持っておりますのでお会いした際にお声がけ頂くか、
 TEL  090-9298-0391
    メール a1roukyokushi@gmail.com
                   (👆 a1の1は数字の1です)
    東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
    丁寧に対応させて頂きます。
 
 または、
 横浜にぎわい座ホームページ 
   横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)    
 よりチケットご購入下さいませ。
 全席指定席で前後左右の座席を一席空けて販売いたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。
0 コメント

オオカミ王ロボ シートンショートセレクション森の物語

4/24土曜日
横浜にぎわい座
うたって語って桜木町にて
シートン動物記 オオカミ王ロボ
を久しぶりに務めます。

動物学者 今泉吉晴先生訳の
昨年発売されたシートンショートセレクション 森の生活(理論社刊)
の「オオカミ王ロボ」
そして
2010年発売のシートン動物記シリーズ(童心社刊)
の「オオカミ王ロボ」
を読み返しました。

本の意図が違うのと
今泉先生の中で新たな発見もお有りだったと思うのですが
同じ「オオカミ王ロボ」でも印象がガラリと変わりました。
どちらも素晴らしいです。

童心社版は何度も読み込んでいますし、
シートンの描いた絵が沢山出てきます。

理論社版を読んで、
ロボがオオカミ王、英雄と云われる訳に気付かされました。
ロボとブランカ、オオカミの夫婦の物語であるだけでなく、
シートンの人生を変えた、ロボという偉大なオオカミの物語でもありました。

知恵を使って家族や群れとともに生きて行くロボ
動物にも生きる権利がある
そして同じように人間にも生きる権利があると教えてくれます。
ロボの姿を通して、とても勇気付けられました。
改めて名作と思いました。

今回のにぎわい座の舞台では
気持ちの面でも、台本の細かい部分も若干変えて務めます。

ご期待下さいませ。

チケットまだございます。
ご予約頂けましたら幸いでございます。


◆ 横浜にぎわい座4月興行
「第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 ◆

〔日程〕令和3年4月24日(土) 

〔開場/開演〕13:30/14:00 

〔番組〕
 東家一太郎、曲師・東家美
    野狐三次 連続読み 第三話「天王祭」
  「シートン動物記~オオカミ王ロボ」        

    三次が町火消しになるまでの一席と狼の夫婦愛を描いた十八番ネタ! 浪曲と三味線の絶妙な掛け合いでお楽しみください。

〔入場料〕 
  全席指定席 チケット発売中
  前売1,600円    当日2,100円
 
〔場所/住所〕
    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/
    横浜市中区野毛町3-110-1
 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 一太郎が指定席券持っておりますのでお会いした際にお声がけ頂くか、
 TEL  090-9298-0391
    FAX  047-494-4891
    メール a1roukyokushi@gmail.com
                   (👆 a1の1は数字の1です)
    東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
    丁寧に対応させて頂きます。
 
 または、
 横浜にぎわい座ホームページ 
   横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)    
 よりチケットご購入下さいませ。
 全席指定席で前後左右の座席を一席空けて販売いたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。

2 コメント

稽古の日

今日は稽古日でした。
4/24にぎわい座で務めます
「野狐三次 天王祭」
と新しく覚えるネタ2つを三味線に合わせました。

初めて三味線で合わせると色々と問題点も浮かび上がって来ます。もう少し時間がかかりそうですが、最初は上手く行かなくても、何度もやっているうちに形になって来ます。
作品を自分のものにするのが目標。
そこまで行く道程は長く、なかなかたどり着けないことも多いと思いますが楽しみも多いです。

野狐三次の物語は
当時の江戸の雰囲気が感じられ、
とても好きなシリーズです。
何気ない庶民の生活や言葉の中に大事なものが秘められている気がします。

「天王祭」は初代東家浦太郎がレコードの為にやっただけだと思うのですが、
隠れた良い作品です。
生き生きと演じるように努めたいと思います。

写真は小舟町八雲神社の神輿です。
小舟のマークが粋ですね。
江戸の文化は素晴らしいです。
0 コメント

堀之内妙法寺祖師堂

堀之内の日蓮宗妙法寺
祖師堂にまつわる浪曲を覚え始めようとしています。

近くまで行く用があったので、
参詣して来ました。

天気の良い日で、ものすごく良い気分、ご利益がありそうな気がします(^^)

御堂の周りが森になっていて、とても気持ち良かったです。

奉納御賽前と彫られた石には
四ツ谷鮫ケ橋講中
明和九年
とありました。

高い木に付けられているのは鳥用の箱でしょうか?
気になりました。
0 コメント

4/24(土)にぎわい座野狐三次天王祭③

小舟町八雲神社の鉄製の天水桶。
文化8年、1811年に奉納されたそうです。

野狐三次、主人公の三次は
文化2年の生まれですので
物語ともリンクして想像力をかき立てられます。

「野狐三次 天王祭」
物語は三次木ッ端売りの後。
大工になった三次は八年間修行して
立派な青年になります。

天王祭は
江戸の初夏、6月の風物詩。
祭りの中、
三次が男を売り出し、
後に、に組の町火消しになるまでに繋がっていく
野狐三次のストーリーの中で
鍵となる作品です。

当時の江戸の風情を感じて頂けますように務めます。

〽︎
4月24日 土曜日は
うたって語って 桜木町
横浜 にぎわい座にて
お会いできます その時を
楽しみに 待ってます
どうぞ
宜しく 願います


◆ 横浜にぎわい座4月興行
「第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 ◆

〔日程〕令和3年4月24日(土) 

〔開場/開演〕13:30/14:00 

〔番組〕
 東家一太郎、曲師・東家美
    野狐三次 連続読み 第三話「天王祭」
  「シートン動物記~オオカミ王ロボ」        

    三次が町火消しになるまでの一席と狼の夫婦愛を描いた十八番ネタ! 浪曲と三味線の絶妙な掛け合いでお楽しみください。

〔入場料〕 
  全席指定席 チケット発売中
  前売1,600円    当日2,100円
 
〔場所/住所〕
    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/
    横浜市中区野毛町3-110-1
 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 一太郎が指定席券持っておりますのでお会いした際にお声がけ頂くか、
 TEL  090-9298-0391
    FAX  047-494-4891
    メール a1roukyokushi@gmail.com
                   (👆 a1の1は数字の1です)
    東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
    丁寧に対応させて頂きます。
 
 または、
 横浜にぎわい座ホームページ 
   横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)    
 よりチケットご購入下さいませ。
 全席指定席で前後左右の座席を一席空けて販売いたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。

0 コメント

4/24(土)にぎわい座野狐三次天王祭②

天王祭
小舟町八雲神社
についての続きです。

神田神社境内にあるのに
なぜ小舟町なのか?

日本橋小舟町のお仮屋(御旅所とも云う)を有し
お神輿が渡御されたことから小舟町の天王と称された
と案内板にあります。

つまり、神田から出発しましたお神輿が
小舟町にお祭り用に建てられるお仮屋まで行き、
また神田明神まで戻って来るという祭礼ですので
小舟町八雲神社という名前になっています。

御旅所システムをはじめて知りました。
神仏習合といい、日本の祭礼の文化は奥が深いです。

小舟町天王祭は現在も数年に一度行われ、
堀留児童公園に御旅所が作られるそうです。
数年に一回のチャンス、是非行ってみたいです。

ちなみに
八雲神社(やくもじんじゃ)は、
牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社。
。他に祇園信仰の神社の名称としては、
八坂神社、祇園神社、広峯神社、天王神社、須賀神社、素盞嗚神社があり、時代や資料によって通用される
とのこと。
言い方が違うが神様は同じ
ということです。

そんな天王祭ゆかりの演目を
4/24(土)のにぎわい座でネタ下ろしします。

〽︎
この続きは また明日
まずこれまで


◆ 横浜にぎわい座4月興行
「第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 ◆

〔日程〕令和3年4月24日(土) 

〔開場/開演〕13:30/14:00 

〔番組〕
 東家一太郎、曲師・東家美
    野狐三次 連続読み 第三話「天王祭」
  「シートン動物記~オオカミ王ロボ」        

    三次が町火消しになるまでの一席と狼の夫婦愛を描いた十八番ネタ! 浪曲と三味線の絶妙な掛け合いでお楽しみください。

〔入場料〕 
  全席指定席 チケット発売中
  前売1,600円    当日2,100円
 
〔場所/住所〕
    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/
    横浜市中区野毛町3-110-1
 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 一太郎が指定席券持っておりますのでお会いした際にお声がけ頂くか、
 TEL  090-9298-0391
    FAX  047-494-4891
    メール a1roukyokushi@gmail.com
                   (👆 a1の1は数字の1です)
    東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
    丁寧に対応させて頂きます。
 
 または、
 横浜にぎわい座ホームページ 
   横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)    
 よりチケットご購入下さいませ。
 全席指定席で前後左右の座席を一席空けて販売いたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。
0 コメント

4/24(土)にぎわい座野狐三次天王祭①

4/24(土)横浜にぎわい座のげシャーレでの
第7回東家一太郎 うたって語って桜木町では
「野狐三次 天王祭」
という演目をネタ下ろし致します。

天王祭とは
神田明神境内にある
小舟町八雲神社のお祭りです。

神田明神には境内に16の末社があり、
小舟町八雲神社はその一つです。

この小舟町八雲神社の天王祭は
江戸城下を大変にぎわせたそうです。

京都の八坂神社が源流で、
祭神がスサノオノミコト、
仏教では牛頭天王(ごずてんのう)のお祭りなので
「天王祭」と云います。

牛頭天王は
「疫病退散の神様」。
案内板によると
お祭りの際には
江戸城内、北奉行所、日本橋の橋上に
お神輿を奉安して祈祷したそうです。

まさにコロナ禍の時代に
ぴったりなお祭りですね。

お祭りや神社のことは奥深く、
話がこんがらがってきますので
何回かに分けて書かせて頂きます。
4/24にぎわい座
まだお席ございます。
ご来場何卒宜しくお願い申し上げます。

〽︎
今日はこれまで
ちょっと一息


◆ 横浜にぎわい座4月興行
「第七回 東家一太郎 うたって語って桜木町」 ◆

〔日程〕令和3年4月24日(土) 

〔開場/開演〕13:30/14:00 

〔番組〕
 東家一太郎、曲師・東家美
    野狐三次 連続読み 第三話「天王祭」
  「シートン動物記~オオカミ王ロボ」        

    三次が町火消しになるまでの一席と狼の夫婦愛を描いた十八番ネタ! 浪曲と三味線の絶妙な掛け合いでお楽しみください。

〔入場料〕 
  全席指定席 チケット発売中
  前売1,600円    当日2,100円
 
〔場所/住所〕
    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/
    横浜市中区野毛町3-110-1
 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 一太郎が指定席券持っておりますのでお会いした際にお声がけ頂くか、
 TEL  090-9298-0391
    FAX  047-494-4891
    メール a1roukyokushi@gmail.com
                   (👆 a1の1は数字の1です)
    東家一太郎までお気軽にご連絡下さいませ。
    丁寧に対応させて頂きます。
 
 または、
 横浜にぎわい座ホームページ 
   横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)    
 よりチケットご購入下さいませ。
 全席指定席で前後左右の座席を一席空けて販売いたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。




0 コメント

本日4月16日(金)夜 東家一太郎雷門会中止のお知らせ

本日4月16日(金)19時開催予定の雷門会でございますが残念ながら前回に続いて今回も、中止にせざるを得なくなりました。
会場の台東区生涯学習センターに電話確認しました所、まんえん防止重点措置の為、会場の夜間使用ができないとのことでした。
ご来場を予定して下さいましたお客様、楽しみにして下さいましたのに誠に申し訳ございません。
くじけず、今後も雷門会は続けて参ります。
次回の雷門会はこのような緊急事態を考慮しましてお客様のご迷惑にならないように日時を再検討して参ります。
またホームページ、ブログ、SNSにてお知らせ致します。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
0 コメント

YouTube動画 東家一太郎・美のぶらーり北鎌倉お花見途中下車の旅!

3月末に北鎌倉の緑の洞門を守る会の皆様のお花見に参加させて頂きました。
その時の様子をTerry-g3さんのYouTube絵日記【お花見】March 27 2021
東家一太郎夫妻のぶらーり鎌倉お花見途中下車の旅!
とタイトルを付けて頂きましてYouTubeにアップして頂いています。
楽しい写真で北鎌倉の自然と魅力をお楽しみ頂けま す!
Terry-g3さんの動画は
ほのぼの、ほっこり、温かく幸せな気分になれます。

5月29日(土)13時、15時 2回公演で北鎌倉の里山、台峯の近くで浪曲会を開かせて頂きます。
会場となる川上さんのお宅の写真も出てきます!
以下のアドレスでご覧になれます。

是非ご覧になって頂けましたら嬉しいです(o^^o)

0 コメント

けんさん会第3回御礼

4月14日水曜日
けんさん会第3回
雨の日にもかかわらずお越し下さいましたお客様、
本当に有難うございました。
心より感謝申し上げます。

宝井梅湯さん
柳家小はぜさん
東家一太郎、美
今回までで1番目2番目3番目それぞれ持ち回りして、ようやく「けんさん会」らしくなって来ました。

梅湯さんも小はぜさんも
講談、落語に揺るぎない信念を持っていらっしゃるなぁと今回改めて感じました。芸への愛ゆえと思います。私も浪曲に対してそうありたいです。
同じ話芸でも浪曲とはまた世界が違うので、その違いは面白いですし、自分にとって刺激になります。
そして、お二人とも好い方です(o^^o)  

番組は

一、安宅郷右衛門
  道場の掛け試合 凌天
一、山の名刀    一太郎/美
     仲入り
一、ご挨拶     一同
一、玉川上水の由来 梅湯
一、出来心     小はぜ

でした。

会のお手伝いを頂いていました
田辺凌天さんが二ツ目に昇進されました!
講談一席ご披露頂いて、中入り後のご挨拶にも出てきて頂きました。
凌天さん、本当におめでとうございます!
新しい船出ですね。
手拭いも頂戴いたしました)^o^(

皆、いま三十代〜四十代で、若くして(といっていいでしょう!)芸の世界に入った訳ですが、
一人一人なぜこの世界に入ったのか、人生の転機は何だったのか、これからどうなりたい志をお持ちなのか
とても興味があります。
気にせずお酒を飲める時に、またゆっくりと語り合いたいです。
日本の芸能、大事な文化です。
ずっと共に進んで行きたいです。

次回
第4回「けんさん会」は
令和3年7月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番:東家三可子

です。

ちなみに
第5回も決まっています。
10月11日(月)です。

今後とも
けんさん会を宜しくお願い申し上げます。

0 コメント

5/15土 御茶ノ水ギャラリー884にて浪曲会開催

5月15日(土) 
御茶ノ水のアートギャラリー884にて
第1回 画廊浪曲会 ”妻は夫をいたわりつ、夫は妻を~”
を開催頂きます。

今日はアートギャラリー884で開催中の
「6人展」
を見に行って来ました。

心落ち着くスペースで
6人の画家の先生のご作品、ひとつひとつから感じる力を身体で受けて、リフレッシュできました。
世間話や絵の話を気軽にできる雰囲気も素敵です。

浪曲会もきっと和やかな感じになると思います。

アートギャラリー884
場所はとてもわかりやすいです。
御茶ノ水駅から歩いて5分ほど。
東京医科歯科大学病院と
順天堂大学病院の間にある
サッカー通りを進んで行くと本郷通り、
大きな交差点があります。
そのまま信号をまっすぐ渡ったところにあるビルの一階です。
入り口の赤いゲートが目印です。

2回公演で各部25名様までです。
ご予約を頂けましたら幸いでございます。


◆ 第1回 画廊浪曲会 ”妻は夫をいたわりつ、夫は妻を~” ◆

〔日程〕令和3年5月15日(土)

〔開演〕第1部 13:00/第2部 15:00 

〔番組〕
 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美
    第1部 「夕立勘五郎 世直し初暦」、赤穂義士外伝「弥作の鎌腹」
  第2部 「野狐三次 彫り物の由来」、 シートン動物記より「オオカミ王ロボ」

〔入場料〕 
 各部定員20~25名、要予約
 
〔場所/住所〕
 アートギャラリー884
 /文京区本郷3-4-3 ヒルズ884 お茶の水ビル 1F
 ホームページ https://gallery884.888j.net
 JR中央線御茶ノ水駅御茶ノ水口を出て、徒歩5分。
    丸ノ内線御茶ノ水駅徒歩4分
    丸の内線本郷三丁目駅徒歩6分
    千代田線新御茶ノ水駅徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL /FAX   03-5615-8843
 メール gallery884sano@gmail.com
 
 または、
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 東家一太郎までお気軽にどうぞ!!丁寧に対応させていただきます。
2 コメント

4/14(水)13時〜第3回けんさん会開催します!

4月14日(水)
13時開演
お江戸日本橋亭にて
第3回けんさん会がございます。

「けんさん会」とは
浪曲の東家一太郎・講談の宝井梅湯・落語の柳家小はぜの若手三人による勉強会です。
令和2年10月14日の旗揚げ記念興行から始まり、年に3~4回づつ継続して行います。
 
今回は
いつもお手伝い頂いている
女流講談田辺凌天さんの二ッ目昇進のお祝いも記念して行います!
凌天さん、おめでとうございます‼︎

一太郎は
美の三味線で
「山の名刀」を半年ぶりに務めます!

今回は梅湯さんが間に挟まり、
小はぜさんがトリです。

出演者全員でのトークコーナーもございます。

まだお席ございます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

第3回「けんさん会」
令和3年4月14日(水)
開演:13時 (開場:12時30分)
当日:2500円 ご予約:2000円
会場:お江戸日本橋亭 (定員50名)
ご予約: ken3kai5489@gmail.com 
浪曲: 東家一太郎
曲師: 東家美
講談: 宝井梅湯
落語: 柳家小はぜ
開口一番: 田辺凌天

講談、落語、浪曲
それぞれの芸能に
熱い想いを胸に秘めている素敵なメンバーです‼️
第3回目
段々と三人会らしくなって来ました(*^^*)
けんさん会の応援を宜しくお願い申し上げます。

けんさん会オリジナル手拭いは
会の当日、受付で1枚2000円で販売致します。
残り少なくなりました。お早めにお買い求め下さい!
0 コメント

4/16金夜 雷門会中止のお知らせ

4/16金曜日19時開催予定の雷門会でございますが
残念ながら今回も中止にせざるを得なくなりました。

会場の台東区生涯学習センターに電話確認しました所、
まんえん防止重点措置の為
会場の夜間使用ができないとのことでした。
せっかく楽しみにして下さいましたのに
誠に申し訳ございません。

くじけず、今後も雷門会は続けて参ります。
次回の雷門会は
このような緊急事態を考慮しまして
お客様のご迷惑にならないように
日時を再検討して参ります。
またホームページやSNS、チラシなどでお知らせ致します。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

東家一太郎・美 拝
0 コメント

海老蔵さんの信長 桶狭間

フジテレビオンデマンドアプリで
市川海老蔵さん主演の時代ドラマ
「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生」
を見ました。

かなり前から放送を楽しみにしていたのですが
テレビを見逃してしまった! 
と思っていたら運良くスマホで見れました(^^)

一昨年、太閤記連続読みで
『清洲城の大激論』『桶狭間』
桶狭間の合戦を前後二席で務めましたので、
浪曲台本と史実をある程度勉強しました。

ドラマは歴史的にもかなり勉強になりました。

キャストもとても良かったです。

海老蔵さんの
十三代目市川團十郎襲名記念のドラマということで
気合いも入っていらしたと思いますし、
とてもカッコいい織田信長でした。

表情が豊かで、歌舞伎で培われた型が演技に生きていて、
とても勉強になりました。

内容は今の時代には地味でしょうが、
とても見応えがありました。

浪曲の太閤記 桶狭間合戦も
勉強し直して
やってみたくなりました。
もう少し先になると思いますが
二話連続でやりたいです。
0 コメント

雷門会稽古

来週は

 4月14日(水)13時開演で

「けんさん会」第三回

 東家一太郎&美・宝井梅湯・柳家小はぜの会

三越前 お江戸日本橋亭にて開催。


4月16日(金)19時開演で

「東家一太郎雷門会シーズン8」

台東区生涯学習センター4階和室さくら

にて開催予定です。


詳しくはこちらをご覧下さいませ。


今日は

美と馬越ノリ子さんと

雷門会の稽古をしました。


馬越さんとも久しぶりに沢山、話が出来て楽しかったです!


雷門会では

「神田松」と「五稜郭始末記」


けんさん会では

およそ半年ぶりに

「山の名刀」

を務める予定です。


先ほど小池都知事が会見していましたが、

雷門会開催できるといいのですが…。


来週月曜日4/12には

会場の台東区生涯学習センターが予定通り使用できるかどうかが決まりますので

またブログにて報告させて頂きます。


こちらの気持ちとしましては

開演時間を少し早めてでも是非開催したい!

お客様の前で、浪曲を務めさせて頂くことに飢えています(^ ^)


0 コメント

田辺鶴遊先生 習志野市タウン誌KIRAKOの記事に一太郎美のことお書き頂きました

木馬亭4/7に
久しぶりに講談師 田辺鶴遊先生とご一緒でした。
鶴遊先生がコラムを書いていらっしゃる
習志野市のタウン誌 KIRACOに
「一太郎くんとお美(みつ)の事を書いたから」
と冊子を頂きました(o^^o)

昨年末に一緒に歩いた船橋の野馬土手のことを詳しくお書き頂きました。
鶴遊先生の文章、端的で無駄なところがない。さすが講談師、先生と云われるだけあるなぁと感心も得心もしました。
演目に関する勉強量と集中力が半端じゃないです。

そういえば、木馬亭で聴かせて頂いた
「後藤新平伝」にも驚きました。
講談というのはこういう芸なのかと思いました。
私などが聴いても右から左へ消えていくような
後藤新平の逸話の数々を繋げていく
それが心地良く最後まで行くのです。
内容はすっかり忘れてしまったのですが、気持ち良いので、また聴きたくなります。

私の大師匠の
東家楽浦師匠が若い時から講談に夢中になって聴いていた。
その当時は沢山名人の講釈師がいたそうです。
楽浦師匠がどんな講釈師が好きだったのか。
とても気になっています。

その聴いた講釈を
独自のセンスで
浪曲に脚色してしまう
楽浦師匠もまたとんでもない才能です。

諸芸を学べ

工事現場の作業員の方の様子も
芸の足しになると
じっと眺めていたという
楽浦師匠の教えです。



0 コメント

4/7木馬亭御礼

4月7日水曜日
木馬亭浪曲定席に出演させて頂きました。

ご来場下さいましたお客様、誠に有難うございました‼️

東家一太郎&美は
中入り後に
「野狐三次〜大井川の義俠」
を務めました。

美は
中トリの
浜乃一舟師匠の「記念の煙草」
モタレの
玉川こう福師匠の「母恋吹雪」
も、弾きました
合わせて三席!

今日もグッジョブです!

三次大井川は
春の旅の演目。
野狐三次は
連続読みを勉強すればするほど
登場人物に思い入れが入って
舞台に掛かる度に新しい発見があり、
新鮮な気持ちになれます。
美の三味線の音に身を委ねて
春風に乗った心地で
気持ち良く務めさせて頂きました。

浅草寺本堂脇では
八重桜とツツジが見頃でした。

写真の石塔は
宝篋印塔という
経典を納めた仏塔です。

5月の木馬亭定席は
浪曲定席五十周年特別マンスリー
毎日企画公演デーです!

一太郎と美は
5/1 東家浦太郎一門会
5/7 木馬亭 根岸浜吉氏・京子席亭 追悼浪曲大会
に出演致します。

二日間とも木馬亭50周年にとって大事な日。

5/1は
師匠 二代目東家浦太郎が
数年ぶりに復帰の舞台です。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

特に5/1は
お早めにお越し下さいませ(^^)





0 コメント

鎌ヶ谷市郷土博物館

鎌ヶ谷市郷土博物館に
「小金牧ものがたり」展示を見に行って来ました。

鎌ヶ谷市、船橋市内などに今も見られる
江戸時代、幕府の野生の馬の放牧場の跡、野馬土手。

野馬土手や
牧と呼ばれる放牧場
それを管理する牧士や農民について
とても詳しく展示されていました。

勢子と呼ばれる
馬を捕まえる時に追い立てる農民たちが
頭に被っていた笠、
実物もありました。

いつも歩いている
鎌ヶ谷大仏の大仏と芭蕉俳諧の流れをくむ三級亭魚文の句碑が見える
江戸時代文化2年の
木曽路名所図会 釜ケ原。
慣れ親しんだ場所に昔は沢山の馬が居たことが分かりました。

明治時代になるまで、
千葉県に馬はとても身近な存在だったことが
今まで以上に分かり
とても有意義な時間でした。
0 コメント

木馬亭4/5御礼

4/5月曜日
木馬亭浪曲定席に出演致しました。

少し雨の降る日でしたが、
木馬亭にご来場下さいましたお客様、
誠に有難うございました。

東家一太郎
東家美の三味線で
「たにしの田三郎」
を務めさせて頂きました。

4/7水曜日の
木馬亭定席も出演致します。

夜になって、肌寒くなりました。
皆様くれぐれもご自愛下さいませ。
0 コメント

プロフェッショナル 志村けんさん

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀
志村が最後に見た夢 コメディアン 志村けん
録画してあったビデオを見ました。

志村けんさんは
本物のコメディアンであり、役者でいらしたのだなと
番組を見て、改めて思いました。

感心したのは
ダチョウ倶楽部さんのインタビュー、
どうぞどうぞ
というギャグを
舞台でお客さんのウケが悪いからと止めたら
楽屋で見ていた志村さんが
「真剣にやったら絶対ウケるからやってみろ」
「自分が飽きちゃダメ」
と言ったという所です。

だっふんだのギャグなど
マンネリ、ベタを好み
あえてそこに突き進む。
信念があればこそ、すごいことです。

マンネリ、ベタを怖れず、真剣にやるという点、
浪曲にも通じるものを感じました。

また、
「好きなことは一個ありゃぁ充分か、なぁ」
という言葉にも感動しました。

笑い、コントについて語っている
志村けんさんのその表情や語り口から
変わらない信念
一生ブレない心
を感じました。

おそらく、
まだ売れないお若い頃から
亡くなる時まで
その信念、心は同じだったのではないかと思います。

悲劇も喜劇も表現できる
本当に凄い方ですね。

道を極めるロマンに憧れます!




0 コメント

ほろよいハピクルサワー

私、お酒は何でも好きですが、
最近ハマっているのは
ほろよい ハピクルサワー

乳酸菌飲料のサワー。
甘いので
つまみ無しでもほろよいになれるのがイイです!
甘いのでつまみを食べたいとも思いません(^.^)

休肝日を大切に
お酒はたまにしか呑んでいないですヨ

お客様と一緒に呑むお酒が一番楽しいです!

気兼ねなく打ち上げが出来る日が
そのうち必ずやってくることでしょう(o^^o)
0 コメント

第1回画廊浪曲会 2021年5月15日

◆ 第1回 画廊浪曲会 ”妻は夫をいたわりつ、夫は妻を~” ◆

〔日程〕令和3年5月15日(土) 

〔開演〕第1部 13:00/第2部 15:00 

〔番組〕
 浪曲 東家一太郎 曲師 東家美
    第1部 「夕立勘五郎 世直し初暦」、赤穂義士外伝「弥作の鎌腹」
  第2部 「野狐三次 彫り物の由来」、 シートン動物記より「オオカミ王ロボ」

〔入場料〕 
 各部定員20名、要予約
 
〔場所/住所〕
 アートギャラリー884
 /文京区本郷3-4-3 ヒルズ884 お茶の水ビル 1F
 ホームページ https://gallery884.888j.net
 JR中央線御茶ノ水駅御茶ノ水口を出て、徒歩5分。
    丸ノ内線御茶ノ水駅徒歩4分
    丸の内線本郷三丁目駅徒歩6分
    千代田線新御茶ノ水駅徒歩7分

〔ご予約・お問合せ〕 
 TEL /FAX   03-5615-8843
 メール gallery884sano@gmail.com
 
 または、
 TEL  090-9298-0391 
 FAX  047-494-4891 
 メール a1roukyokushi@gmail.com
        (👆 a1の1は数字の1です) 
 東家一太郎までお気軽にどうぞ!!丁寧に対応させていただきます。
0 コメント

徳有隣

四月になりました。
新しい年度、爽やかな気持ちで、身体と心を整えて
浪曲道を進んで参ります。

5月29日土曜日に
北鎌倉の台峯という里山のすぐ近くの自然溢れるお庭のあるお宅で浪曲会をさせて頂くことになりました。
北鎌倉緑の洞門を守る会の皆様のお力、ご縁で会が決定しました。

先日、北鎌倉へのお花見の後、
会場となるお宅へご挨拶に参りました。

ご主人が大事にされている言葉が
額になって飾ってありました。

徳有隣

という言葉です。

論語の里仁(りじん)篇の

徳不孤 とくはこならず
必有隣 かならずとなりあり

から三文字取った言葉だそうです。

徳のある人格者は孤立することなく、必ず共鳴者、理解者、心から協力しようとする同志が現れる

昨今、世はスタンドプレー(観客の拍手喝采を狙ってする、派手なプレー、自分を強く印象づけるための目立つ行為)、アピールにより、より多くの評価を得ようとする風潮にあるが、
禅の世界では、「陰徳」、目に見えない善行を大切にする
とインターネットに書いてあり、
なるほど、とスッと胸に落ちました。

芸人という職業、
お客様から拍手喝采を頂ければもちろん嬉しいですが、
最終目的は、芸を通してお客様の人生にとって何かプラスになったと感じて頂ける事、
芸人は自分を貫く信念がなくてはならない。
それには日々勉強、人生を、世の中を学んで行かなくてはいけません。

とにかく一生懸命!
師匠浦太郎の教えにも通じる所がありました。

写真は
近くの公園にありました
タケノコとシャガの花です。



0 コメント

5月1日木馬亭に師匠浦太郎が戻って来ます!

東家浦太郎の文字が
木馬亭番組に戻って来ました!

日本浪曲協会ホームページに
5月の番組がアップされました。

1970年(昭和45年)5月1日、
木馬亭浪曲定席
50年のストーリーが始まりました。

浪曲定席木馬亭 50周年を記念しまして
令和3年 5月1日(土)~5月7日(金)毎日、企画公演を行います。 

5月1日 (土) は
東家浦太郎 一門会
定席開始の記念日は、東家浦太郎木馬亭舞台復帰を祝う一門会です。

演者    演目    曲師
東家恭太郎 「魚屋本多」 (伊丹明) 
国本はる乃 「真柄のお秀」 (馬越ノリ子) 
東家孝太郎 「長兵衛鈴ヶ森」 (伊丹明) 
トークショー「木馬亭と師・東家楽浦」
10分仲入り
東家一太郎 「野狐三次 彫り物の由来」 (東家美) 
神田紅佳    講談
瑞姫    「関取稲川重五郎江戸日記」(東家美)
東家浦太郎「平次女難」 (伊丹秀敏) 

という番組です。
姉弟子の浪花亭友歌が残念ながら今回出来ず、はる乃さんの出演です。

トークショーでは
木馬亭で浪曲定席をと、席亭に掛け合った
楽浦師匠について、浦太郎が師を語ります。

メインは師匠東家浦太郎と曲師伊丹秀敏師匠の浪曲です!
久々の浦太郎節、是非生でお聴きくださいませ。

当日は是非お早めにいらして下さいませ!

師匠が木馬亭に出れないと
師匠の舞台が見れないと
どうも本調子といきませんでしたが、
ようやく待ちに待った日が来ます。
ワクワク感が押し寄せて来ます。

浦太郎から木馬亭50周年本格的に始まります。

どうぞ毎月宜しくお願い申し上げます。

木馬亭浪曲定席4月も( ^ω^ )
東家一太郎&美は
4月5日12時55分頃の出演
  7日
14時05分頃の出演
です。

木馬亭定席について
詳しくはこちらをご覧下さいませ。



  
   
0 コメント