ブログカテゴリ:2017年2月


28日 2月 2017
ラジオでプロマジシャン志村祥瑚さんの話を聴きました。 マジシャンでありながら慶応義塾大学医学部 精神科研究室で新しい「自分の中の思い込みを外すメンタルトレーニング」というものを開発していらっしゃり、医学とマジックの融合を志していらっしゃるようです。 人は思い込みにより前に進めない、自分の心次第で不可能ということはない...
27日 2月 2017
深夜にNHKのドキュメンタリー 「NEXT未来のために」という番組で 「ある家族の長い旅路」という作品を見ました。 http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/x/2017-02-25/21/20223/2075081/ 戦前に北海道から樺太、今のサハリンに出稼ぎの為渡った家族。ところが戦争がはじまり、終戦後も日本に帰れなくなってしまいます。 日本に残されていた長女の方は両親、兄妹と別れて懸命に生きる。...
26日 2月 2017
浪曲定席木馬亭 平成29年3月公演 東家一太郎は 3月3日金曜 雛祭り🎎 と3月6日月曜に出演致します。 いよいよ春到来、 気持ちを新たに 一席一席丁寧に務めます。 ご来場を心よりお待ち申し上げております。 木馬亭定席について詳しくはこちらをご覧下さいませ。 平成29年3月3日(金) 〔出演者〕 国本はる乃、澤勇人、玉川こう福、浜乃一舟...
25日 2月 2017
今日は一太郎十周年の会のチラシの打ち合わせをして来ました。 チラシをお待ちのお客様、申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さいませ。 ゲスト、会の内容が段々と決まって来ました。 自分にとって節目になるように、大きな仕事と言えるような会にしたいと思っております。 準備万端に公演を楽しんで頂けるように致します。...
24日 2月 2017
ミュージックステーションにシンガーソングライターの小沢健二さんが出てました。 20年ぶりの出演だそうで、思春期に渋谷系ポップスが好きだったので思わずテレビ録画して見ました。テンション上がりました。 ウキウキワクワクする、時折り切ないポップスが大好きです。 特に田島貴男さんのオリジナルラブというバンド⁈のずっとファンです。...
23日 2月 2017
16日にお亡くなりになった作曲家、船村徹先生の告別式が今日あったそうですね。 師匠二代東家浦太郎の浪曲に 「望郷 別れの一本杉」という演目があります。 船村徹先生の親友で、相棒。若くしてお亡くなりになった作詞家の高野公男先生の友情を描いた作品です。 浪曲台本は沼川淳先生の脚色です。...
22日 2月 2017
廣澤虎造 清水次郎長伝 三十石船道中 船の中で弁慶と坂田金時が相撲取ったらどっちが強いかという話を聴いていた森の石松が 「つまらねぇ話をしていやがる…しかし面白い。この話が酒の肴になるからなぁ」という台詞があります。 話の筋とは関係ないですが、こういう台詞が粋でいいですね。 確かに酒の肴になりそう。...
21日 2月 2017
3月12日(日)18:30から鎌倉商工会議所ホールで開催頂きます「浪花節だよ洞門は 東家一太郎洞門の会 浪曲の夕べ」 まであと3週間ほどとなりました。 歴史と自然が一体となる鎌倉の地で北鎌倉駅の「緑の洞門」にまつわる新作人情浪曲と古典浪曲を務めさせて頂きます。...
21日 2月 2017
昔からラジオが好きです。 今日の昼間、文化放送吉田照美さんのラジオを聴いていたらフリーアナウンサーの小島一慶さんがゲストでした。 小島一慶さんはなんと子供の頃、浪曲師になりたかったそうです。長崎のご出身だそうで浪曲・浪花節が盛んだった九州だからかなぁと思いました。 昔ラジオで「浪曲は花形、ゴールデンの時間は全部浪曲」だったそうです。...
19日 2月 2017
先日の雷門会の様子を 浪曲、歌舞伎、お芝居なんでもお詳しい、 みつ梅さんのブログにお書き頂きました。 http://ameblo.jp/mitsuume-0319/entry-12249415606.html 是非ご覧になって下さいませ!(o^^o) 師匠二代東家浦太郎の芸を丁寧に学んで、自分の舞台に出すこと、これを最優先課題で精進して参ります。 また、大師匠東家楽浦の台本の深さ、素晴らしさを最近特に感じています。...

さらに表示する