平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演

東家一太郎 いち・かい 第7弾

「浪曲の明日」 公演ホームページ

※文化庁芸術祭にはじめて参加させて頂きます。

 チケットまだございます。

 HPご覧のお客様に是非いらして頂けましたら幸いでございます。

 渾身の力を込めて、お客様に喜んで頂ける楽しい番組を務めます。

 ご予約頂けましたら幸いでございます。

 

 

浪曲って最高だね

と感じて頂けるまで、一太郎はあきらめません!!

師匠から弟子へ受け継がれてきた宝「浪花節」。

次代に渡すバトンを持って走り抜けます!

「浪曲の明日」への気概を今、ここに。

 

 

浪曲は、とっても身近なエンターテイメント!

東家一太郎、曲師東家美(みつ)、

夫婦浪曲ならではの、あうんの呼吸。

節と三味線で熱くなる浪曲の魅力を

金曜日夜の浅草でたっぷりお届け致します!!

 

 ◆平成30年度(第73回)文化庁芸術祭参加公演

 東家一太郎 いち・かい 第7弾 「浪曲の明日」◆

 

〔日程〕平成30年11月9日(金) 

 

〔開場/開演〕18:00/19:00 (終演予定21:00)

 

〔番組〕

笑いたっぷり浪曲道場~これであなたも浪曲通🎵

「一太郎の浅草案内」

 

シートン動物記より「オオカミ王ロボ」

(今泉吉晴監修)

 

野狐三次より「木ッ端売り」

(野口甫堂脚色)

 

浪曲 東家一太郎 

曲師 東家美、伊丹秀敏

 

司会  猪馬ぽん太

解説  守田梢路

 

〔入場料〕 2000円

チケット発売中 限定130席

 

〔場所/住所〕

浅草木馬亭/台東区浅草2-7-5

つくばエクスプレス「浅草駅」下車徒歩3分

銀座線・都営浅草線・東武線「浅草駅」下車徒歩8分

 

〔ご予約・お問合せ〕

TEL:090-9298-0391

メール:a1roukyokushi@gmail.com 

または

こちら

をクリック頂きますと、簡単なお申込みフォームもございます。

一太郎が丁寧に対応させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

〔演目・ゲストの詳細〕

 

笑いたっぷり浪曲道場~これであなたも浪曲通🎵

「一太郎の浅草案内」

浪曲はどう聞いたらいいんだろう?初めての方もご安心。よく知ってるよ!という方もお楽しみ下さい浪曲道場。

日本で唯一の浪曲の寄席「木馬亭」のある浅草を一太郎が節で観光案内します!

 

シートン動物記より「オオカミ王ロボ」

(今泉吉晴監修)

かつてニューメキシコに実在した「ロボ」という名のオオカミ。家族と群れを守るため、人間と攻防を繰り広げる賢いロボとの出会いを通して

動物学者シートンは、人間と変わらない動物の愛情を発見します。アッと驚く実物大のロボ、物語を友禅染で描いたテーブル掛けを木馬亭で初公開します!!

 

野狐三次より「木ッ端売り」

(野口甫堂脚色)

関東節東家のお家芸「野狐三次」という長い物語の中から、主人公三次の少年時代のお話です。

病気の母の薬代にと、貰った木屑を天秤棒を担いで売り歩く、三次の姿に涙して、優しく見守る長屋の人たち。

名作は時代を超える!めったに見れません!

伊丹秀敏師匠と東家美の三味線で一太郎が唸ります!!

 

 

ゲスト

曲師 伊丹秀敏 

今年芸道75周年。天下の名曲師として名だたる浪曲の大家の三味線を弾き続ける。

七色の声で一世を風靡した伊丹秀子(二代目天中軒雲月)の愛弟子。

浪曲師浜乃一舟としても、師匠譲りの美声、名調子で舞台に花を咲かせる。

後進の育成にも熱心で、東家美ほか多くの弟子を指導している。

 

目からウロコ!分かりやすい浪曲解説 

守田梢路

古典芸能エッセイスト。桜美林大学非常勤講師。日本ペンクラブ会員。

古典芸能を中心にエッセイ、人物インタビューやルポルタージュを発表。

『AERA』の「現代の肖像」では、文楽の人間国宝「吉田簑助」、浪曲の「国本武春」などを発表。

著作は『ザ・前座修業』(NHK出版・共著)など。

 

司会 猪馬ぽん太  

浅草の顔!お笑い浅草21世紀のぽん太さん。この方なくては「いち・かい」は成り立ちません。

東京都生まれ。橋達也氏(社団法人 日本喜劇人協会第9代会長)に師事。

喜劇役者・漫談・司会で、テレビ・映画・ラジオ・舞台など幅広く活躍している。