浅草木馬亭 浪曲定席公演 東家一太郎 出演情報

 

浪曲定席木馬亭 平成30年5月公演

 

〔日程
平成30年5月1日(火)
〔出演者〕
港家小そめ、東家一太郎
玉川こう福、浜乃一舟
仲入り
玉川ぶん福、(講談)神田山吹
三門柳、東家浦太郎
※一太郎は12:30頃からの出演です

 

浪曲定席木馬亭 平成30年5月公演

 

〔日程
平成30年5月4日(金・祝)
〔出演者〕
富士実子、国本はる乃
花渡家ちとせ、天津ひずる
仲入り
東家一太郎、(講談)神田すず
イエス玉川、富士路子
※一太郎は14:05頃からの出演です
4日はゴールデンウィーク特別企画日
遊侠、侠客物ということで
「銚子の五郎蔵」を務めさせて頂きます。
クリックでチラシが拡大表示されます!

5月木馬亭定席では

1日(火)、3日(木)トリの

師匠東家浦太郎の三味線を一太郎が弾かせて頂きます。

師匠からご指名頂きました。稽古に励んで懸命に務めます。

「浅草木馬亭」は日本で唯一の浪曲の定席、

つまり浪曲専門の寄席を長年続けて下さっている歴史ある演芸場です。

木馬亭のホームページは

http://mokubatei.art.coocan.jp/

です。

 

現在、毎月1日~7日まで

お昼12時15分から16時過ぎまで

浪曲の公演をしています。

東家一太郎、美は毎月だいたい1〜2日間、出演しております。

 

〔開場/開演〕11:45/12:15 (終演予定16:05)

〔場所/住所〕浅草木馬亭/台東区浅草2-7-5

 

〔木戸銭〕2,000円(25才以下半額)
 ※正月興行は料金変更あります

 

私、一太郎は木馬亭に通い詰め、浪曲の虜になりました。

師匠浦太郎に弟子入りしてからは

木馬亭で前座修行。大好きな浪曲を定席中は毎日聞けて勉強ができる夢のような日々でした。

いままでも、いまも、そしてこれからも、私にとってかけがえのない場所の一つです。

扉を開ければ浅草の昔懐かしい華やかなりし時代が封印されている

そんな芸の宝の蔵。

新しい時代の浪曲をお客様に心から楽しんでいただけますように頑張ります。

写真は浅草の女王陛下!こと根岸京子 大女将とおじさん(弟さん)です!!

一番最寄りの駅は

つくばエクスプレス浅草駅(TX浅草駅)

徒歩5分です。

 

銀座線・東武線 浅草駅からも徒歩10分ほどです。

 

おおざっぱに説明いたします。

雷門の赤い大提灯をくぐり、仲見世をずーっとまっすぐ行きますと

浅草観音様本堂。

本堂を左に

五重塔を左に見て、まっすぐいくと

「奥山おまいりみち」という浅草六区に出る道があります。

しばらく行くと右手に木馬亭という幟が見えてきます。

 

1階が木馬亭です。(ちなみに2階は大衆演劇の木馬館)