第5回「東家一太郎うたって語って桜木町」横浜にぎわい座のげシャーレ のご案内

 

横浜にぎわい座のげシャーレでの

「東家一太郎うたって語って桜木町」第5回目を

令和2年3月29日(日)14時開演で開催頂きます!!

 

今回から少し趣向が変ります!

 

お客様からのご要望の多い東家のお家芸「野狐三次」の連続読みを開始します!

まずは第1作目の「観音堂の捨て子」

にぎわい座での公演までに磨きに磨いて務めます!

 

そしてもう一席は楽聖 ベートーヴェン 生誕250周年を記念して

「ベートーヴェン旅日記」

交響曲第6番「田園」を作曲する模様をパロディで描きます。

ベートーヴェンの人生や音楽は浪曲と響き合う所があると感じています。

その所も芸に生かして務める意気込みです。

 

第5回、是非満席大入りで、楽しく感動的な会にしたいと思っております!

何卒ご来場の程、宜しくお願い申し上げます。

横浜桜木町でお会いできますのを楽しみにしております!!

 

チケットは一太郎が常に持ち歩いております。お会いする機会があるお客様は直接お求め頂けます。

料金は1600円です。

 

チケットをお手元に持っておきたいお客様には郵送も致しますのでお気軽にお申しつけ下さいませ。

 

当日会場受付でのお渡しもできます。

 

 

お申込みお問い合わせは

 

こちらの簡単な一太郎への予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7681b7ba651175

 

または

 

TEL 090-9298-0391

 

FAX 047-494-4891

 

メール a1roukyokushi@gmail.com

 

     (👆 a1の1は数字の1です)

 

一太郎が丁寧に対応させて頂きます。

 

 

◆横浜にぎわい座 3月興行

   第五回 東家一太郎 うたって語って桜木町◆

 

〔日程〕令和2年3月29日(日) 

 

〔開場/開演〕13:3014:00 

 

〔番組〕

 東家一太郎 曲師 東家美

   野狐三次 連続読み 第一話 「観音堂の捨て子」

   ベートーヴェン 生誕250周年 「ベートーヴェン旅日記」     

 

   東家のお家芸「野狐三次」の連続読みを開始します

   ベートーヴェン 生誕250周年を記念して「左甚五郎旅日記」のパロディで、

   ベートーヴェンが「田園」を作曲する模様を描く「ベートーヴェン旅日記」も口演。

 

〔場所/住所〕

    横浜にぎわい座 のげシャーレ(小ホール)/横浜市中区野毛町3-110-1

 JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m

 京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分

 

〔料金〕

    自由席  前売・予約 1,600  当日2,100円 ※未就学児入場不可

  チケットは12月26日より発売中

 

 横浜にぎわい座ホームページ 

   http://nigiwaiza.yafjp.org/perform/archives/19393

 【チケット購入】横浜にぎわい座(チケット専用045-231-2515)

         Pコード : 497-199   Lコード : 38423

 

毎回大入り満席、ご来場頂いております。

 

第1回目の模様はこちら

 

第2回目の模様はこちら

 

第3回目の模様はこちら

 

第4回目の模様はこちら

 

をご覧下さいませ。