プロフィール

浪曲師

東家 一太郎 (あずまや いちたろう)

 

生年月日:1978年10月8日

出身地:東京都 新宿区 百人町

出身校:早稲田大学第一文学部日本文学専修 卒業

 

現代の日本人が忘れがちな義理人情の心を

流麗な名文と巧みな声と節、話芸で伝える浪曲・浪花節。

その浪曲と三味線のあうんの呼吸に魅了され、

 

2007年7月、二代目東家浦太郎門下に入門。

2008年3月、島村会館 東家浦太郎の会で初舞台。

2013年6月 浅草木馬亭にて年季明け披露。

 

浅草木馬亭での浪曲定席 ほか 

自身の勉強会「一太郎雷門会」、「一太郎努力会」、

自主公演「一太郎愛の会」、「いち・かい」などで活動している若手浪曲師。

NHKラジオ「浪曲十八番」、NHKテレビ「浪曲特選」などに出演。

 

古典だけに留まらず、「一太郎の浅草案内」「シートン動物記~オオカミ王ロボ」などの

新しい浪曲を自作。浪曲の魅力を知らない世代にも親しまれる芸を目指して

 

2012年12月 浅草21世紀公演 喜劇「富士に晴れ姿・森の石松」での節劇に出演。

2013年2月 文化庁主催 「第2回集まれ!次世代の表現者たち 選抜公演」に選抜出演。

2014~2016年お江戸両国亭、浅草木馬亭にて

「怪談浪曲うなる狸御殿」公演を主催。

化けもの人形師北葛飾狸狐氏作品と浪曲のコラボ。

など浪曲芸の色々な可能性に挑戦中。

 

相三味線(曲師)は妻、東家美。

夫が浪曲師、妻が曲師という夫婦の浪曲コンビは現在、一組だけです。

息の合った掛け合いで、夫婦で紡ぐ浪花節、

自分たちにしかできない浪曲を二人三脚でつとめて参ります。

 

古典演目

 赤穂義士伝 

『弥作の鎌腹』 『安兵衛道場破り』 『大高源吾 腹切魚の別れ』 『孟子の末裔 武林唯七』     

 

『小田原情相撲』 『野狐三次~木っ端売り、大井川の義侠』 『神田松』 『狸の恩返し』 

『阿漕ヶ浦』『恩讐藤戸渡り』 『一休の婿入り』 

たにしの田三郎』 『怪談浪曲小夜衣草紙』 

『長屋の置き土産』

『暁の歌』 『国定忠治と清水頑鉄』 『少年ねずみ小僧』 『光圀青春暴走曲』 ほか

 

新作演目(すべて自作)

『一太郎の浅草案内』

『オオカミ王ロボ』、『下町のネコキティ』 シートン動物記より 

『江戸の都市伝説 本所七不思議』 『深川怪談七不思議』

『浪花節だよ洞門は』 北鎌倉「緑の洞門」の物語

『旭将軍木曽義仲〜倶利伽羅峠 火牛の計』

『二宮金次郎~少年時代、仕分け人篇』  

『二代東家浦太郎ものがたり』

『一太郎の旭川案内』